ネイルデスマッチとは何か?(1978)

“日本初”のネイルデスマッチ

1978年2.8 日本武道館
での、

アントニオ猪木vs上田馬之助(参照:本物同士のデスマッチ)が実現した背景には、

両者を取り巻く様々な事情がありました。
何とか態勢を整えると、

上田は前年1月より新日本プロレスに参戦し、

トップヒールであったタイガー・ジェット・シンのパートナーとして、

猪木のみならず坂口征二ストロング小林らを血の海に沈めて来ましたが、

猪木とのシングルマッチが一枚看板としてメインを張るにはインパクトが弱く、

フリーランスとして生き抜く術を必死に模索していました。

当時のドル箱企画、格闘技世界一決定戦との対比もあって、

シンの格下に位置する上田への期待値が低かったのです。
上田のセコンドには盟友シン

営業部長として最前線にいた大塚直樹が当時を語っています。

Gスピリッツ Vol.36
 Gスピリッツ Vol.36 より

大塚氏
「ルスカ戦の2年後の日本武道館(78年2月8日)なんかは前売りが伸びなくて、1週間前に札幌中島体育センターからのテレビ中継で猪木さんと上田馬之助さんの究極のデスマッチ…ネイルデスマッチを急遽宣伝したら、試合当日は1400万円の収益があったんですよ。当時、興行のコースは僕が切っていたんですが、札幌の2日前、社長の猪木さんに“何で武道館の切符は売れてないんだ?”と聞かれたので、“ファンは決着がつかないと思ってますから”と答えたんです。それで“じゃあ、どうすればファンは納得して来てくれるんだ!?”という話になって…」


日本武道館という当時最大規模の会場で興行を打つにあたって、

猪木vs上田でどうやって集客するか?…悩み抜いた末の決断だった訳です。

more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 上田馬之助 ネイルデスマッチ 釘板デスマッチ 大塚直樹 櫻井康雄

♪やっぱり俺は札幌ラーメンがいいや

トンコツ並びにちゃんぽんが、

私には合わない事を思い知った翌日、

『銀波露』へ行って来ました。
銀波露塩1

このシリーズに於いて最多紹介数を誇るお店です。

季節ごとのメニュー、今は“新時代個性派 味噌つけ麺”との事。
銀波露塩2

ゴーダチーズ? どうなんでしょう???

今日は遅い昼食となったので、

あっさり目に行こうかな、と。
しょうゆ10

“塩らぁめん”です。
銀波露塩3

more...

tag : 銀波露 塩らぁめん

麺ドー・ナガサキ

約10か月ぶりに、

江別文京台『キネドール大麻店』へ。
キネドール再1

秋ということもありますので、

ちょっとしたチャレンジ・スピリットを発動しまして、

前回(参照:コラコラ麺答)の“牛トロ麺”と共に2トップに君臨する、

“キネドール特製長崎ちゃんぽん”を注文。
キネドール再2

はい、来ました。
キネドール再3

more...

tag : キネドール大麻店 キネドール特製長崎ちゃんぽん

レガ家のシルバーウィーク

シルバーウィークとやらの最終日、

我が家は青空の下、

『ノースサファリサッポロ』にて動物たちと戯れてきました。
子レガinノースサファリ1

more...

tag : ノースサファリサッポロ 親バカ

本物同士のデスマッチ(1978)

現在では物珍しくなくなった異種格闘技戦。

その本家であるアントニオ猪木は、
猪木は白の闘魂ガウン

現代のプロレス界において一つのカテゴリとなった、

アイテム系デスマッチの始祖でもあります。

日本プロレス史で大きな事件として残る“猪木日プロ追放事件”。

その首謀者と噂された上田馬之助との因縁の一戦は、

まさに日本におけるデスマッチのターニングポイントではないでしょうか。
上田のセコンドには盟友シン

1978年2.8 日本武道館

ネイルデスマッチ(別名・釘板デスマッチ)
敷き詰められた釘板

アントニオ猪木vs上田馬之助

アントニオ猪木vs上田馬之助

異様な雰囲気の中、“武道の聖地”で行われた死闘を振り返りましょう。

more...

tag : アントニオ猪木 上田馬之助 ネイルデスマッチ 釘板デスマッチ

BSフジでIGF特番を観た

昨夜BSフジで放送された『闘魂IGF ファイティング』を録画して、

今日、観終えました。

内容は4.11 両国国技館でのIGF WORLD GP一回戦、

5.5 大阪府立体育会館でのGENOME-1 2015 大阪、

6.27 愛知県体育館でのGENOME-1 2015 名古屋、

8.29 両国国技館でのIGF WORLD GP準決勝の4大会。

久々に観た鈴木秀樹は相変わらずふてぶてしかった。
IGF20150829-1

こういう試合、私は好きです。

組長の迫力も含めて凄いですよね。

また、それよりも凄かったのは、

more...

tag : 藤田和之 鈴木秀樹 澤田敦士 鈴川真一

起きて半畳、寝て一畳

初秋らしい青空の下、

JR江別駅に隣接する『みらいビル』にある『味来横丁』内、
半畳1

『半畳』に行って来ました。
半畳2

少し早い時間に入りましたので、

店内は空いていましたが、

そもそも味来横丁、この店しか入っていないの?…。

半紙に手書きのメニュー表。
半畳3

現在、“仮営業”との事です。
半畳4

総じて安価…“塩”の500円は魅力ですが、

“あたり醤油”を注文しました。
半畳5

more...

tag : 半畳 あたり醤油

OPとED

この記事のタイトル…決して下ネタじゃございません。

先月、みのるさんから頂戴したCD(参照:夏の終わりに驚嘆のハーモニー~前編~~後編~)の数々、

その一曲一曲が様々な年代に会場で鳴り響いた、

オリジナルであった事に驚嘆した訳ですが、
みのるさんからのプレゼント2

特に驚きの声を発せずにいられなかった一枚。

それが6枚目の『ワールドプロレスリング OP & ED & BGM集』のクオリティでした。
みのるさんからのプレゼント9

この一枚を掘り下げる事で記事が一つ出来ちゃうんですよ。

これ画像だとひたすら同じ曲のリプレイに感じられるかと思いますが、

実は違うんですよーー!!

早速、行ってみましょうか!!

more...

tag : 入場テーマ曲

BSスカパーで『PRIDE ヘリテージ~高田引退試合~』を観た

BSスカパーの『PRIDEヘリテージ』、

遂にPRIDE.23高田延彦引退試合(参照:UWFインターの最終話Uインター上がって来いや!!)まで来ました。
PRIDEヘリテージ#1~12

例によって2時間の中に、

232425と詰め込んでの番組構成だったのですが、

今回の肝は当然、23の高田延彦vs田村潔司における、

本人による回想インタビューでした。
過去が変わった瞬間

more...

tag : 高田延彦 田村潔司 桜庭和志 UWFインターナショナル

大河・オブ・ザ・タッグマッチ(1987)~後編~

中編からの続き、これがラストです。

長州力ジャンボ鶴田をガッチリとサソリ固めに捕えると、
ガッチリとサソリ固め、

すぐさま谷津嘉章がダイビングエルボードロップ投下。
そこにダイビングエルボー投下

動きを止める事なく、

次々と展開を図るのがジャパンのスタイルでした。

代わった谷津はスクープサーモンから、
谷津のスクープサーモンから、

珍しい延髄斬り。
珍しい延髄斬り

完全に王者組が主導権を掴んだかに見えましたが、

どっこい鶴龍も踏んばります。

天龍源一郎がフルネルソンで流れを食い止めて、
天龍のフルネルソン

鶴田に代わったところで、

長州のリキラリアートが飛び出しますが、

これを鶴田は両手でブロック。
リキラリアートだ!

そろそろ鶴田の時間帯に入ってきました。

more...

tag : ジャンボ鶴田 天龍源一郎 長州力 谷津嘉章 インターナショナル・タッグ

カッキーエイドを無料放送で観れた

これは縁がないかなぁ…と思っていたら、

今日のスカパー開放デーで8.18 後楽園ホール

『MOVING ON カッキーエイド』
が観れちゃいました!!

例によって箇条書きで印象を書いてから寝ます。

more...

tag : 垣原賢人 中野巽耀 金原弘光 高山善廣 桜庭和志 上山龍紀 松井大二郎

大河・オブ・ザ・タッグマッチ(1987)~中編~

前編から続きます。

全日マットにおいて本来“外様”である、

長州力谷津嘉章らジャパンプロレスですが、

人気面に関しては全日所属選手を上回っていました。

その長州、谷津が全日のトップチームを意味する、

インターナショナル・タッグ王座を保持したまま丸一年経過。

満を持してジャンボ鶴田天龍源一郎はリベンジに臨みました。

舞台は1987年1.24 横浜文化体育館です。
長州、谷津vs鶴田、天龍

その攻防は遂に長州が理想とした、

“ハイスパート・レスリング”の完成形と呼べるものでした。

天龍革命~四天王プロレスと続く、

全日の試合スタイルの原点とも言えると思います。

特にスタートから燃えていたのが天龍。

長州にも、
長州に延髄、

谷津にもガンガン行きます。
谷津にラリアート

そして胸を突き出して受けるだけではない、

相手の技をかわして次の展開を作るという、

このカードが生み出した進化が見られます。

more...

tag : ジャンボ鶴田 天龍源一郎 長州力 谷津嘉章 インターナショナル・タッグ

大河・オブ・ザ・タッグマッチ(1986)~前編~

“風雲昇り龍”天龍源一郎の引退試合(参照:想像上の生き物、引退。)が2ヵ月後まで迫ってきました。

元々、新日ファンの私にとっての天龍の最初のイメージは、

「技は全部猪木のモノマネ! しかも猪木の様なキレも無い!」という感じでした。

それが覆されたのは、もしかしたらこのカードだった気がします。

インターナショナル・タッグ選手権試合

ジャンボ鶴田、天龍源一郎vs長州力、谷津嘉章

鶴田、天龍vs長州、谷津

この丸一年間にも及ぶチャンピオンシップ4戦は、

全日対ジャパンプロの対抗戦におけるベストバウトでした。

まず初戦、ジャンボ鶴田、天龍組が王者チームとして、
鶴龍、意に介せず

長州力谷津嘉章組を迎え撃った1986年1.28 東京体育館から振り返りましょう。
ジャパンプロ最強コンビ

試合前、長州はマイクを手にすると、

鶴龍コンビに向かって挑発です。

more...

tag : ジャンボ鶴田 天龍源一郎 長州力 谷津嘉章 インターナショナル・タッグ

味噌であったまる。

昨日の事ですが、

昼間っから札幌は大雨。

仕事で豊平の方へ行きまして、

とにかく寒い…そんな時は麺です。

土砂降りの中、『欅 美園店』へ。
欅1

ここは古くから“味噌ラーメン専門店”がウリですが、

ススキノにある有名店とは、なぜか無関係。
欅2

ところが“醤油”も“塩”もあるんですなぁ。
欅3

でも注文はもちろん“味噌ラーメン”です。
欅4

more...

tag : 欅美園店 味噌ラーメン

火曜の午後、再会する


8月、頑張った自分へのご褒美に、

今日は美味しい麺を、と。

4か月ぶりに『麺や けせらせら』へ(参照:金曜8時、名店に出会う)。
再けせらせら1

前回、心に決めてから、

こんなに長い時間が経ってしまいました。

もちろん今日はこれですよ。
再けせらせら2

“つけ麺(塩)”の“冷たい麺”です。
再けせらせら3

more...

tag : 麺やけせらせら つけ麺(塩)

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード