ここにも6年半…遂に田村復帰!

6月の最後に飛び込んできたニュース。

既に様々な方からコメントを頂戴しておりますが、

遂に田村潔司復帰です!!
睨み返す

その舞台はありそうでなさそうだった、

『巌流島』という新興MMA(?)団体でした。

そもそもこの巌流島には、

ルール制定会議(参照:今の姿を観た訳だけど~前編~~後編~)の段階から関わっていた田村ですが、

選手というより、あくまでも第三者として、

提言する立場としての参加だと私は思っていました。
格闘技復興委員会47

しかし…そうではなく選手として、

実に6年半ぶりの試合の場として、

この『巌流島』を選んだのです。

果たしてこの復帰戦は、

田村にとってガチ相撲的(参照:ガチとファンタジーの狭間で)スタンスとしてなのか?
田村!!

あるいは桜庭和志戦(参照:田村は田村、桜庭は桜庭、UはU~前編~~後編~)以来の実戦という重いものとしてなのか?
再び桜庭ガード、田村が何か語りかけると…

ここは勝手に妄想させてもらいましょう。

more...

スポンサーサイト

tag : 田村潔司 巌流島

四半世紀の熱々

今日は休日、あいにくの雨でした。

そんな日は、

43歳、最初の“食す麺”です。
仙龍1

『らい久』(参照:いつまでも変わらぬ味を)同様、

四半世紀に亘って知る店、

『仙龍』へ。
仙龍2

今年に入ってから気が付けば、

券売機が導入されましたが、
仙龍3

今日の麺はラーメンじゃありません。

ここの目玉の一つである、

“チャーメン”…いわゆる“あんかけ焼きそば”です。
仙龍4

more...

tag : 仙龍 チャーメン

父子獅子の交差点(1983)

今月、流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)との“運命の初遭遇”以来、

期せずして我々の間に前田日明ブームが到来しています。

前田モノマネ、キャプチュードの種類、ダンバインとぶ…他諸々、

ここでは“スパークリング・フラッシュ”時代に生涯唯一行われた、

師・アントニオ猪木(参照:父子獅子)とのシングルマッチを振り返りましょうか。

1983年5.27 高松市民文化センター

第1回IWGP公式リーグ戦

アントニオ猪木vs前田明

アントニオ猪木vs前田明

気合十分のヨーロッパ代表、前田に対し、
逸る前田と、

アジア代表、猪木は冷静沈着に深々と立礼。
冷静な猪木

弟子相手によく見せる一連のスカシ戦術です。

ゴングが鳴ればロックアップから、

バックを取る猪木に前田はアームロックで返す。
ロックアップからバックを取る猪木に前田のアームロック

再び組み合うと、

前田の巻投げで猪木は頭からマットへ、
前田のアームホイップ

ここから前田の足攻めが始まりますが、
ダイナミックな前田の足殺し

レッグシザースに来たところで猪木が逆十字の切り返し、
猪木は逆十字の切り返し

比較的静かな立ち上がりから、

均衡を破ったのは猪木の左からの張り手でした。
この一発から、

当時の気持ちを語った前田氏のインタビューがあります。

G-SPIRITS23
 G-SPIRITS Vol.23 より

前田
「“いいや、もう辞めよう”という気持ちが固まってる頃で、猪木さんはそれを見透かしてバチーンとやったんですね。“何やってんだ!?”って。後になって、山本さんから“猪木さんはお前を後継ぎにするつもりでいたから、あの頃はヤキモキしてたんだよ”って聞きましたけど、その頃は自分じゃわからないし、プロレスに魅力を感じなくなって」


そう、この唯一の師弟対決は、

最後まですれ違い続けた二人が、

たった一度、二人だけで向かい合った交差点だったのです。

more...

tag : アントニオ猪木 前田明 IWGP

今日、買って来た物

今日はお買い物をしてきたのだ。

まず、これなのだ。
2015年7.20G1開幕戦きたえーるチケット

今年も行く事にしました。

『G1クライマックス25』開幕戦、

7.20 北海きたえーる


昨年はいきなり中邑vs柴田でテンション上がった(参照:G1が津軽海峡を越えた日~G1きたえーる編~)んですが、

今年はどういうカード来るんでしょうね?

とりあえず棚橋vs飯伏はあるでしょうけど、

ブロック分けもまだわからないので、

これ、7.5大阪城が終わってからでしょうかね。

私が購入したいつものプレイガイド、

買ったのは“1FスタンドB”なんですけどね、

ほぼ売れてました。

アリーナは確か完売でしたよね?

これ…座席増やしてたら去年より入るんでしょうね。



もう一つは楽しみにしていたこれですね。
G-SPIRITS36表紙

『G-SPIRITS Vol.36』です。

more...

tag : 新日本プロレス2000~ 新日本プロレス70'S アントニオ猪木 ザ・モンスターマン ザ・ランバージャック 格闘技世界一決定戦

エディとリー

毎月末になると、

何冊ものプロレス本が発売されます。

数年前までは数か月に一回の事でしたが、

今や毎月この感じが来ます。

プロレスファンにとっては出費がかさむ一方で、

自分の好きな一冊に出会える幸せな時間でもあります。

2冊ばかり、気になってますよ。

まずは、いつもの『KAMINOGE』です。

KAMINOGE vol.43
 KAMINOGE vol.43 より

宮戸優光×鈴木秀樹
2代目人間風車、W-1王者となって古巣・スネークピットに凱旋!
ビル・ロビンソンの弟子たちが語る“本来のレスリング”とは何か?

「キャッチ・アズ・キャッチ・キャンも知らなければ、猪木さんのこともよくわかっていない世代のファンに、『レスリングとは何か?』というものを投げかけてほしい」(宮戸)

「かつてビル・ロビンソンというプロレスラーがいて、凄い人だったんだよっていうのを気づいてもらうためにも、やり続けようかと思ってます」(鈴木)


注目は断然この師弟対談です。

このタイミングですからね…IGFにまた出るんでしょ?

船木の退団といい、W-1大丈夫なんでしょうかね。

その他にも、

more...

tag : ザ・モンスターマン ザ・ランバージャック 阿修羅・原 安生洋二 宮戸優光 鈴木秀樹

あのぅ~、いろんな意味でね、聴いて欲しいです

いやあ~面白すぎる!!

前田日明高田延彦、深夜の再会劇!!
笑顔の二人

しかも高田は4人いた!?

※クリックすると音声が出ます。

 真夜中のハーリー&レイス より
6/16 ゲスト:高地広明(THE STARBEMS)

「あのぅ~、いろんな意味でね…」(笑)

「高田な、お前結婚式呼べよ、お前」(笑)

「ちょっと、ここノーコメントで(爽やかに)」(笑)

「武藤に負けて、怪我をしてしまい、(略)申し訳なく思ってます…うるせーよ!! お前ら!!」(笑)

「自分は言えるのは“豚もおだてりゃ木に登る”くらいでね、Uの選手も豚と一緒で…」(笑)

「2試合甘くないっす」(笑)

more...

tag : 前田日明 高田延彦

追悼・American Dream

流星仮面二世さんからのメールで知り、唖然としました。

今度は“アメリカンドリーム”ダスティ・ローデスがお亡くなりになられましたか…。

 Yahoo!ニュース より
マードックさんの相棒ダスティ・ローデスさん死去

WWEは11日(日本時間12日)、往年の名プロレスラーで「アメリカンドリーム」の異名を持つダスティ・ローデスさん(米国)が、米フロリダ州オーランドで亡くなったと発表した。
69歳だった。ローデスさんは10日(同11日)の早朝、自宅で転倒し、近くの病院に搬送されたが、11日(同12日)午前中に帰らぬ人となった。

死因は不明。ローデスさんは、68年にデビューし、故ディック・マードックさんとのテキサス・アウトローズのタッグコンビで大ブレーク。75年に全日本、79年に新日本に来日参戦し、ジャイアント馬場、アントニオ猪木とも戦った。WWE殿堂入りし、現在は、同団体の育成部門NXTのコーチを務めていた。


“死因は不明”…ですか。

ローデスの初来日は国際だったそうですね、

抜粋記事にもある様にディック・マードックとの名コンビ、

“テキサス・ジ・アウトローズ”として。

こういう部分でも国際は早かったんですね。
ジ・アウトローズ1

そして1975年、マードックと共に全日本へ初参戦、

あの『オープン選手権』ですね!!
オープン選手権のローデス1

敗れはしましたが、

開幕戦でハーリー・レイスと対戦する大役を果たしました。
オープン選手権のローデス2

ローデスの代名詞といえば、

この“毒針殺法”バイオニック・エルボーです。
オープン選手権のローデス3

全体重を乗せた、

決め技のバイオニック・エルボー・ドロップは強烈でした。
オープン選手権のローデス5

このオープン選手権での映像は、

スパさんから頂いたDVD(参照:来た!)に収録されていたんですけど、

参加選手の顔ぶれだけあって、

公式戦は基本レスリング寄りの試合運びが目立つ中、

ローデス一人だけは「我が道を行く」、

アメリカンスタイルそのものなんですよ。

これむしろ特筆すべきじゃないですかね。



しかし私の記憶の中のローデスは、

新日本プロレス時代なんですよ。

more...

tag : 訃報 ダスティ・ローデス アントニオ猪木 古舘伊知郎 全日本プロレス

世界に一つだけの縁~雨の金曜サミットという名の後編~

お待っとさんでした~!!

今度こそ前編からの続編ですよ~。

流星仮面二世さんとの運命の初対面から一夜明け、
流星さんのはチキン

前夜の興奮で大幅に朝寝坊した、

6.5も外は雨。

最初、乗る予定の電車に遅れ、

高速バスで12時前の出発となりました。

バスの中では寝て行こうと思ってましたが、

結局「今日はこれ話そ! あの事聞こ!」と気が逸り、

とても眠るどころじゃありません!!



…さて札幌に着きましたが、

この日もすんなりと対面するのは憚られ(笑)、

何度も電話で位置関係を確認しての再会。

まるで90年代トレンディドラマの恋人同士ですよ(笑)。

I WAS GAY!!

この日のランチはジンギスカンです。
サッポロビール園

流星さんのホテル付近には『キリンビアホール』があるのですが、

昭和プロレスファンならば、ここは『サッポロビール園』へ。

目指すはこの写真のオマージュ、
新日ガイジンinサッポロビール園@1986

大樽の前での記念写真です!!

が!! 係の方に聞くと…どうやらこれってもう無いらしく…、

1986年の写真ですからね、

しゃあないっちゃあ、しゃあない。

結局ホールのロビーにあるロゴの前で撮る事に。

その時に流星さんはマスクを2枚差し出してきました。
どっちにしようか…

「どっちにします?」と。

more...

tag : 1972サミット

浮気ノススメ

さあ!! 今度こそ後編!!

…の前にもう一丁ラーメン行かせて下さい(本当ごめんなさい)。

前日の後悔を取り戻すべく、

行き慣れた『銀波露』へ。
銀波露Ⅲ1

といってもこのラーメン記事始めてからは、

めっきり行く回数も減り、

実に4か月ぶり(参照:麺を食べ続けて何が悪い厳選の天然の素材)。

せっかくVIPカードあるんだし、

たまには大盛り行かせてもらおうか。
銀波露Ⅲ2

で、今日は“味噌らぁめん”で。
銀波露Ⅲ3

前にも書きましたが、

ここでは、私ほぼ醤油オンリーなんですよ。

こういう記事を書いてる以上は浮気も有りでしょう。
銀波露Ⅲ4

さあ、食べますよ。

more...

tag : 銀波露 味噌ラーメン

K点越えず

さあ!! 後編!!

…の前にラーメンです(ごめんなさい)。

『おおくら山 イオン江別店』へ。
おおくら山8

札幌、千歳にもあるチェーン店なのですが、

ここは“とんこつ”と“とりがら”選択可能な、

まさにぃ、スープの二丁拳銃ぅ。
おおくら山1

濃さや麺のかたさも指定可能で、

どちらも「普通に」と告げて、
おおくら山2

今回、“とんこつ醤油”をオーダーしたのですが、
おおくら山3

more...

tag : おおくら山イオン江別店 とんこつ醤油

世界に一つだけの縁~6年半越しの運命という名の前編~

既報通り(参照:『サミット2015夏』開催告知)、

6.4の夜、私は積年の悲願であった、

流星仮面二世さんとの初対面を果たしました!!

この“奇跡の30時間”を時系列を追って振り返ってみたいと思います。



数日前から続く緊張性の下痢(笑)と胸を高鳴らせて、

雨の中、車を空港に走らせ、

到着予定の8時半、空港内に入ると、

え? もう着いてるじゃん!!
もう到着してる!!

しかし広い空港内での初対面、

何度も電話をかけ直して場所を確認しつつ、

やっとの思いで互いに発見!!

こ…この方が、流星仮面二世さん…ゴツイ(笑)…。

まず挨拶もそこそこにラストオーダー時間迫る、

『ラマイ 千歳店』へ。

今回、せっかくの北海道ですから、

ここは麺よりもスープカレーでしょう、という事でここに。

私はポークの辛さ2で、
俺のはポーク

辛党の流星さんはチキンの辛さ9!!…漢ですな。
流星さんのはチキン

まずね…何ちゅうかね…、

このスパイスの向こうに流星さんがいるんだよなぁ~、と。

というか、このTシャツのチョイスが、またね!!(笑)

曰く「猪木引退試合以来袖を通した」との事です。

私が着てたUインターラグトップも大概でしたが(笑)。

カレーを食べながら話していると、

本当に不思議なんですけど、

初めてお会いした感が全くないんですよ!!

ここでの内容を思い出せる限り書くと、

 ブログの画像は夜に撮れ

 初期モモコクラブと乙女塾 

 80年代アイドル論

 猪木話 PART1

 80年代後期の高校レスリング界事情

 世界初の長州モノマネは中1の流星さん

 ドレミファドン新日大会と島田奈美…他


さあ、腹ごしらえも終えて、

車を札幌へと走らせます。

more...

tag : 1972サミット

天の川に掛けた人間橋(1981)

突然ですけど今日の記事はこの試合です。

1981年8.6 蔵前国技館

賞金3万ドル&覆面剥ぎマッチ

アントニオ猪木vsマスクド・スーパースター

アントニオ猪木vsマスクド・スーパースター

以前書いた様に(参照:天の川は流星仮面の調べ)、

この試合の放送日が北海道では七夕にあたる日でして、

当時の記事では小4と書いたんですけど、

私9歳、小3ですね。

おやつ袋もらってダッシュで家路につき、

じいちゃんと一緒にテレビを食い入る様に観た一戦です。

この春にNWFヘビーを返上したアントニオ猪木は3万ドルの賞金を、
入場時の顔…いいですね

対するマスクド・スーパースターは自らのマスクを賭けて臨みました。
流星仮面

ゴング直前の猪木の咆哮を合図に、
「アッシャ!!」

試合開始です。

more...

tag : アントニオ猪木 マスクド・スーパースター 七夕

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード