サムライTVでノア後楽園大会生中継を観た

先程までサムライTVで生中継された、

プロレスリング・ノアの3.28 後楽園ホール大会を観ていました。
noah@samuraitv

…と言っても休憩明けのセミとメインだけなんですけど。

これで今月はスターダム(参照:もらい事故?)、新日とZERO1(参照:後楽園ホール二景)、安生引退大会(参照:2015年春のUインター…をサムライTVで観た!!)に、

そして今日のノア…と後楽園ホール興行を5つ観てきた訳ですが、

客席の雰囲気としては、

鈴木軍効果なのかわからないですけど、

悪くはなかったんじゃないかと思いました。

今、プ女子という言葉が独り歩きしていますけど、

元々、旗揚げ当時からノアの会場こそ、

女子で埋まっていましたからね。



で、試合の印象ですが、

more...

スポンサーサイト

tag : 丸藤正道 高山善廣 鈴木みのる マイバッハ谷口 小峠篤司

これは壮大な大河ドラマかも?

昼休み、書店に立ち寄りました。
Gスピリッツ35~1

いろいろな本が発売されていた中、

今月はKAMINOGEをお休みして、

Gスピリッツ Vol.35を購入しました。
Gスピリッツ Vol.35 (タツミムック)

目的は一つだけ。

安生洋二インタビューです。
Gスピリッツ35~3

more...

tag : 安生洋二

春風に稲妻っ!

今日の昼食は出先にて、

清田区真栄の『麺部屋 綱取物語』へ。
綱取物語1

入口のドアを開くと、すぐに券売機が。
綱取物語10

やや面喰らいましたが、

タッチパネルを押して…今日は“醤油”にしておきます。
綱取物語8

このシステム、一見さんにはちょっとメニューを選びにくいかな?

店内にもメニュー表はありません。

少し待つと、出てきましたよ。
綱取物語3

more...

tag : 麺部屋綱物語 醤油

2015年春のUインター…をサムライTVで観た!!

先程、観終えました。

サムライTVにおいて、

2015年3.19 後楽園ホール

『Y.A is DEAD』 安生洋二引退試合大会
を。

あの空間…確かに新日とも、DDTとも、

ZERO1とも、スターダムとも違う後楽園の風景でした。

本当にブラウン管を通して観ていた黄金期の感じがしました。

観終わったばかりで細かい部分の記憶は置いといて、

テレビ観戦記を書いておきましょう。
2015-3-19安生洋二引退興行

more...

tag : 安生洋二 中野巽耀 佐野巧真 高山善廣 山本健一 上山龍紀 松井大二郎 中村大介 船木誠勝 鈴木みのる

新旧世代麺争

晴れた先週末、遅い昼食を摂る為、

みたび『ラーメン拳』へ(参照:ポーク&チキン)。
再拳7

100円引きのカードもあるので、

今回はトッピングもONして、
再拳2

“豚醤油ラーメン”です。
再拳3

これは“鶏醤油ラーメン”と対極のコッテリですね。

more...

tag : ラーメン拳 豚醤油ラーメン かどや食堂 正油ラーメン

お楽しみは…これからだっ!!

徐々に徐々に、

確実に確実に、

春はやって来ています。

そして今月のお楽しみも間近であります(参照:安生三昧)。

先日行われた『安生洋二引退試合大会 Y.A is DEAD』の放送が、

いよいよ明々後日の放送となりました。
安生引退特番@サムライTV

ブログのコメント欄でお世話になってる方々も、

当日、生観戦された方が多数いらっしゃいます。

興行自体の評価も概ね高いですから…本当に楽しみです。

既に番組スタッフの方は編集に入られてると思いますが、

ちょっと番組への要望を書かせて頂くならば、

more...

tag : UWFインターナショナル 安生洋二

Yoji Anjo Is Alive vol.29【青空の下のハードヒット(1996)~後編~】

前編からの続きです。

狙いすました高田延彦の腕ひしぎ逆十字で、 

この試合初めてエスケープした安生洋二
安生最初のエスケープ

これを合図に後半戦、二人は、

よりハードヒットな攻防を展開していきます。

スタンドからの再開早々、

安生の強烈な左ミドルで高田は体を浮き上がらせ、
強烈な安生のミドルに、

腹部を押さえながらダウンを喫しました。
高田ダウン

何とか起き上がると、

安生は膝蹴りの連打から膝十字固めへ。
安生の膝十字を、

高田はうつ伏せの体勢から、

空いてる方の右足で蹴りつけての脱出、
高田は蹴りを落として脱出を図る

しかし安生はその蹴り足も捕まえて、

グランドクロス200へ持っていきます。
グランドクロス200は掛かりが浅い

お互いにフェイバリットホールドを繰り出してきましたね。

more...

tag : 高田延彦 安生洋二

渡る世間は鬼ばかりではない

高田vs安生の合間なんですけどね、

ラーメンですよ、は~い(笑)。

だって食べたくなっちゃったんだから、

しょうがないじゃないか!
えなり

…という事でチェーン展開してる『幸楽苑』です。
幸楽苑1

後楽園じゃないですよ。

国道沿いにある厚別店へ。
幸楽苑8

ほぼファミレスなんですけど、

リーズナブルですので、たまに寄ります。
幸楽苑2

この店は古くないのですが、

本体はどうやら老舗の様です。
幸楽苑3

ピリッといきたいなぁ、と。

“担担麺”です。
幸楽苑4

more...

tag : 幸楽苑 担担麺 えなりかずき

Yoji Anjo Is Alive vol.28【青空の下のハードヒット(1996)~前編~】

さあ、いよいよ安生洋二現役最後のYAIAですよ。

もう、これしかないでしょう。

安生にとっての最重要人物、

高田延彦とのシングルバウトです。

1996年8.17 神宮球場 “神宮花火ジャック”
神宮花火ジャック

高田延彦vs安生洋二

高田延彦vs安生洋二

新生UWF時代の2度に亘る対戦とは別次元、
高田vs安生(新生U初戦)

高田vs安生(新生U2戦目)

まさにUインター頂上対決です。

真冬の夜の神宮も無茶でしたが、

この真夏の真昼の神宮も大変なものでした。

そもそもこの大会は、

夜に行われる神宮外苑花火の協賛大会だったんですよね。

炎天下の下で握手から試合は始まりました。
握手で試合開始

more...

tag : 高田延彦 安生洋二

他愛もないつぶやき

先程まで、サムライTVで『U-SPIRITS again』の再放送を観てました。
U-SPIRITS againロゴ

言わずもがな明々後日に控ている、

『Y.A is DEAD』の事前煽り番組の要素が強い再放送でしたが、

実に2年ぶりにじっくり観て(参照:UWF、一つ終わり再び始まるU-SMILE againUの残り火breakthrough)、

いろいろな思いが巡ってきましたね。
最高のエンディング


more...

tag : 金原弘光 近藤有己

宮戸語録 vol.30~相棒Ⅲ~

体調を崩してた間にも時計の針は進んでいました。

安生洋二引退興行まで、あと1週間切っています。

この興行の裏テーマは言わずもがな“Uインター”ですね。

Uインターという団体が面白かったのは、

この安生と宮戸優光の存在があったからなんですよね。
取締役コンビ

彼らは現場においてもフロントにおいても、

全身全霊でUインターを支えていました。

かつての記事(参照:相棒相棒Ⅱ)の続編…完結編として、

宮戸語録で読み返してみましょうか。



新生UWF解散からUインター旗揚げの流れ。

キーマンだったのはこの二人というのが公然の事実ですよね。

それは前田日明に対するより、

むしろ団体の方向性に対する不満が高じての結果でした。

「高田延彦」のカタチ―高田延彦22年間とは?1981‐2002
 「高田延彦」のカタチ より

宮戸
「新生でもなんかねぇ、『こんなやり方でいいのか! プロレス界にとって、UWFがこんなやり方でいいのか!』っていう不満があったんですよね。安生さんとも、この男は忘れてると思うんだけど、よく話したわけ。
(略)やってることはなんにも残ってない、と。ただなんとか『UWF MIND』とかさあ。なんかそんなイベント名で、イベントで終わっちゃってるわけですよ。結局、『プロレスラーは凄いな、強いな』とかね。そういうことがなんにも残ってないわけ。だから『これでいいのか』と。で、高田さんもそんな中でくすぶっちゃってた感じだったし。だから『これはなんとかしたいなあ』って、いつも安生さんと言ってたの」


社会現象となった団体の中にいて、

若き二人は合宿所の同室でいつも理想を語り合っていたのです。
安生のコールが、

more...

tag : 宮戸優光 安生洋二

健康一番

先日からの体調不良、熱はほぼ下がったのですが、

咳と痰と鼻水が治まりません。

今日は休みを取って耳鼻科へ。

堀北真希似のナースによる検査のあと、

ドクターの診療の結果…アレルギー性の鼻炎が宣告されました。

3袋もの処方箋を受け取って、

とりあえずラーメン店へ(笑)。
来々軒1

『来々軒』…母校の近くで、

高校時代、トレセン帰りによく寄った店です。

当時からここちょっとコスパが高め。
来々軒2

定番“みそラーメン”です。
来々軒3

more...

tag : 来々軒 みそラーメン アレルギー性鼻炎

Yoji Anjo Is Alive vol.27~ミスター200%vs理不尽大王~(1996)

安生洋二の現役生活の中で、

決して忘れる訳には行かないのが、

“理不尽大王”冬木弘道の存在です。

唐突に始まった二人の闘いですが、

これがまた日本プロレス界にかつてない抗争でした。

まず1996年1.4 東京ドームで開戦したのですが、

戦前から凄まじい舌戦を繰り広げていました。

冬木→安生
「変質者みたいな格好」

「頭だけで50キロ」

「タラコのお化けみたいな唇」

安生→冬木
「安いソープランドのネェちゃんに似てる」

「臭そうなデブ。デブの臭い汗は嫌いだから、脇毛も剃って8×4でシュッシュして来い」


これを受けて決戦当日、

忠告通り、脇毛をキレイにシェイブしてきた冬木は、

安生の挑発に応える形で、

セコンドの邪道外道に8×4させます。
ゴールデンカップス誕生10

さらに場外戦の中で乱入した外道が、

安生の顔面にガムテープを巻き付けて“唇封じ”
ゴールデンカップス誕生7

最後は地団駄ラリアートで完敗を喫してしまいましたが、
ゴールデンカップス誕生11

これに怒ったのが高山善廣
ゴールデンカップス誕生12

冬木軍を蹴散らすと、

山本健一も同調して、

遂にゴールデンカップスが誕生したのです。
ゴールデンカップス誕生13

そこから抗争と舌戦は一気に激化していきます。

more...

tag : 安生洋二 高山善廣 山本健一 冬木弘道 邪道 外道 WAR

後楽園ホール二景

体調が悪化して本日は昼で早退。

帰宅後、横になりながら昨日録ったサムライTVの、

ZERO1 FOURTEEN』2015.3.1 後楽園ホールを観ました。

序盤は早送りかなぁと思っていましたが、

ほぼ飛ばさず最後まで観きりました。

印象に残った場面を拾っておくと、

more...

tag : 新日本プロレス2000~ ZERO1 鈴木秀樹 船木誠勝 桜庭和志

やさしい塩、むしろ汐

今年は春が早いぞ。

ポカポカ陽気の中、北広島への営業帰り、

『ラーメンのよしみ』へ。
よしみ1

派手さを打ち出さない、

しっくりくる店構えにIN。
よしみ2

メニュー表の中でトップに来てるのは“味噌”ですが、
よしみ3

ちょっと体調がすぐれないので、

今日は塩に。

“当店特製”と記された“和風塩ラーメン”注文です。
よしみ4

more...

tag : ラーメンのよしみ 和風塩ラーメン

Yoji Anjo Is Alive vol.26~ゴールデンカップスの原点~(1995)

3.19 後楽園ホールで一夜限定の復活を果たすゴールデンカップス

安生洋二高山善廣山本健一の三人による、

そのユニットは今思えば一つの“革命”だった気がします。

それはUWFという枠のみならず、

日本のプロレス界に大きな影響を与えた大革命だったと思う訳です。
吼える安生

対抗戦の中、ホームリングで迎え撃った、
ゴールデンカップス誕生直前

蝶野正洋天山広吉の狼群団。
狼群団

1995年11.25 両国国技館

安生洋二、高山善廣vs蝶野正洋、天山広吉
は、
安生、高山vs蝶野、天山

まさにその革命アニバーサリーでした。

ゴング前にマイクを持った天山が挑発に出ると、

何とマイクコードを引っ張っての強制終了(笑)。
マイクアピール強制終了

安生は牛のポーズで挑発返し。
牛ポーズで挑発

この茶化すプロレスはそれまでの日本にはないスタイルでした。

怒りのままに突進した天山と高山の乱打戦からスタートです。
若い二人の乱打戦からスタート

more...

tag : 安生洋二 高山善廣 蝶野正洋 天山広吉 新日本プロレス'90 冬木弘道 WAR

もらい事故?

先日、記事にした通り、

3月はサムライTVを購入しました。

それで月末から既に視聴している訳ですが、

例の試合…女子プロですね。

たった今、観ました。

両選手の予備知識も何もないので、

的外れな事を書くかも知れませんが、

思った通りの事を書きます。

more...

tag : 世Ⅳ虎 安川惡斗 スターダム

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード