格闘競技の王者~後編~(1976)

前編からの続きです。

なかなか思い通りに行かない展開に、

苛立ちが見えてきたウィリエム・ルスカ
ルスカは抗議

アントニオ猪木は不用意な両足タックルに入りますが、

がっちり捕まえて巴投げの要領で、

簡単に返されてしまいます。
猪木のタックルは巴投げの要領で返すルスカ

さらに巻き込み払い腰を狙ったところで、
巻き込み払い腰に行くルスカに、

猪木は左足をフックしてコブラツイスト!!
コブラツイスト炸裂

やや高い体勢ながら絞り上げますが、

ルスカは大腰で返して袈裟固め。
大腰返して袈裟固めへ、

猪木もすぐにヘッドシザースで返して、

腕ひしぎ逆十字に入ります。
ヘッドシザースで返して逆十字へ

しかしルスカの足がロープへ。

ブレイク後、猪木はルスカの襟を取って、

潜りながら引き込みます。
猪木の潜りから、

さながらブラジリアン柔術の使い手の如く。

more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 ウィリエム・ルスカ 格闘技世界一決定戦

格闘競技の王者~前編~(1976)

先日の逆十字論争(?)がきっかけで原点を振り返りました。

ブログ開設当時に書いたあの記事(参照:そっちの土俵、こっちの土俵)から、

もう早6年弱が経過したんですね。

あれからプロレスと総合の関係は変わりましたが…。
チーズを食え!

納豆が一番!!

あの記事を書いた当時は偉そうに、

「試合内容はここで改めて書くよりも…」的な事を書いていますが、

やっぱり振り返らんといかんでしょうね。

1976年2.6 日本武道館

格闘技世界一決定戦

アントニオ猪木vsウィリエム・ルスカ

アントニオ猪木vsウィリエム・ルスカ

ミュンヘン五輪柔道93キロ超級、無差別級の2階級で金メダルを獲得した、

“オランダの赤鬼”ウィリエム・ルスカと、
コーナーで足捌きの確認をするルスカ

NWF世界ヘビー級王者、

“燃える闘魂”アントニオ猪木の、
シン戦の傷跡が痛々しい猪木

まさにプロレス対柔道の、

世界王者同士による他流試合。

一週間前の死闘(参照:血で血を洗う信頼感・੫~狂虎の危機センサー~)の傷も癒えぬまま、

試合開始のゴングは鳴り響きました。
大きく構えるルスカ

more...

tag : アントニオ猪木 ウィリエム・ルスカ 格闘技世界一決定戦

プロレスの黒帯

KAMINOGE最新号出ますね。

もう既に早売りで手にした方も、

多数いらっしゃるかと思いますが、

例によって気になる部分をピックアップしておきます。

KAMINOGE vol.29
 KAMINOGE vol.29 より

猪木イズムとは“劣等感”と見つけたり。
おそらく永遠にこの人のことが大好きです。
「ロックスター」アントニオ猪木

[INTERVIEW]
アントニオ猪木×藤原喜明
この美しき師弟愛に拍手を!
「英雄と用心棒、その愛の詩」
「ボクも前田もそうですし、猪木さんもそうだった。つまり猪木イズムとは“劣等感”だったんですね」(藤原)
「まあ、俺は田中角栄さんにはなれないけどね。“レットウ改造論”っていうね。ダ~ハッハッハ!」(猪木)

前田日明
前号巻頭で反響を呼んだ「前田が語るUWF」、その続編。
UWFスタイルとは何か? 垂らし続ける蜘蛛の糸とは何か?
「のちになんで総合でメシが食えるようになったか? 俺があの昭和の過激な新日本プロレスのファンたちに総合を鑑賞できる能力をつけてやったからやんけ」

桜庭和志[MMA黒帯]×中邑真輔[プロレス黒帯]
[黒帯スペシャル対談]
英雄・桜庭よ、苦しめ。そして生きよ。
5・3福岡で電撃タッグ結成&グレイシーと激突!
プロレスをさまよう桜庭がついに覚醒か!? それともやはり中邑の独壇場か!?
「桜庭さんのプロレスからはなんにも見えてこない。いったいどうしたいのかがわかんないんです」(中邑)
「確かにいまのボクはそのまんまですよ。自分がプロレスで何をやりたいのか、まだ凄く迷ってる」(桜庭)


興味をそそる記事が並んでいますね。

more...

tag : アントニオ猪木 藤原喜明 前田日明 桜庭和志 中邑真輔

UDEJUJI? GYAKUJUJI!

このタイトルでブログやっている以上は、

この話題に触れなきゃ嘘でしょう(笑)。
アントン逆十字弐

 カクトウログ より
プロレス技として注目された「腕ひしぎ逆十字固め」の技名は「腕ひしぎ十字固め」が正しいという話

全くの後追いでこのニュースを知ったのですが、

プロレスごっこから風俗に発展して、

それが商売として成立する(いや合法的には成立しなかったんですが)。

日本という国の平和さを象徴する事件ですな。

本題はそっちじゃなく、

カクトウログさんも取り上げていらっしゃる、

“JK”ならぬ“GK”金沢克彦の提言の部分です。

more...

tag : 腕ひしぎ逆十字

寒中レスリング(1993)

若き日の田村潔司は、

グラップリング技術を高める目的で、

打撃を封印していた時代があります。

レガースを外してリングに上がり続けた1年半。

その締め括りとなったのが、

1993年12.5 神宮球場

田村潔司vsデニス・カズラスキー

田村潔司vsデニス・カズラスキー

高田VSベイダーのプロレスリング世界ヘビー級選手権試合(参照:真冬の奇跡~前編~~後編~)が行われた、

歴史的大会の第8試合でした。

五輪メダリストのデニス・カズラスキー(参照:Uインター異人史 vol.5)を相手にレスリングで渡り合い、

まさに集大成的な内容となりました。

先にタックルを仕掛けたのは田村の方です。
田村からタックルを仕掛ける

切られても積極的に再トライ、

懐深く入って行き、
深く入るが、

バックを取ったと思いきや、
デニスが巻き込んで、

巻き込んで上になったのはデニスの方。
切り返す

さすがメダリストの捌きです。

more...

tag : 田村潔司 デニス・カズラスキー

インディの源流

数々の秘蔵名勝負が詰め込まれた、

スパさんのDVD(参照:来た! 、 蔵前最後の名勝負~前編~~中編~~後編~Separate Ways 、 Yoji Anjo Is Alive vol.22~G⁻cups×TOKIO前編~~後編~)の中で、

最も異彩を放つ“迷勝負”がこれです。

1982年9.11 後楽園ホール

大仁田厚vsウルトラセブン

昭和の秘蔵迷勝負・大仁田厚vsウルトラセブン

この時代の全日…私はほぼノーチェックでしたが、

“黄金の虎”初代タイガーマスク全盛期の裏で、

ジュニアのこんな攻防が繰り広げられていたとは、

知る由もありませんでした。
クリーンな握手からスタート

ゴングと同時に高杉セブンはドロップキックから、

追撃のフライングクロスチョップ。
いきなりクロスアタック、

早くも場外へ転落した大仁田に対して、

セブンはロープへ走ると、
ロープに走ってフェイントから、

トペのフェイントから、

そのままロープを掴んでの、
プランチャ敢行

プランチャ‼
飛んだ!

ジュニアらしいスピーディな立ち上がりの両者ですが、

少しずつ少しずつズンドコテイストが出現してきます。

more...

tag : 大仁田厚 ウルトラセブン

入園

お陰様をもちまして、

我が愛息の子レガが、

昨日、地元幼稚園の入園式を終えました。
入園式出陣

ワタクシゴト(参照:ワタクシゴト)から早4年7ヵ月。

時折Upする成長過程を、

皆様に温かく見守って頂き、

本当にありがたく思います。

more...

tag : 親バカ

前田氏が語った、和田さんも語った、キムケンは歌唱批評

そろそろ記事にしても宜しいでしょうか。

『KAMINOGE』先月号(vol.28)も内容充実の一冊でした。

よく見ると表紙の前田日明
前田氏が語ったUWF

葉巻じゃなくてパイプになっていました。

どんどん貫禄が増していきますねぇ。

今回のテーマが『UWF30周年』という事で、

ユニバーサルからの一連の流れを振り返って…というよりも、

前田氏自身の半生を語る内容となっておりますが、

その流れの中、本当に久しぶりに高田延彦の名を出した部分がありました。
視線をそらさない前田

KAMINOGE vol.28―世の中とプロレスするひろば 「UWF30周年」前田日明
 KAMINOGE vol.28 より

前田
(略)アイツらはそれぞれに分散(リングス・藤原組・Uインター)してやったけど、あのまま俺に乗っかってUWFを続けてたら普通に給料も3倍になってたし。だって、スポンサーで『初期投資で6億ぐらい出して、それから順次、のべで30億ぐらい出す』って企業があったんだからね。で、WOWOWの放映権料もついて、武道館とかアリーナクラスで4000万、ちっちゃいところだと3000万出すって。それを勘定するだけでもね、普通に考えたら給料3倍じゃん。そういう流れだったから、それでもうチンケなことできないなと思って、(UWFに)オランダから選手を呼んだりしてさ。で、『みんな練習してるから大丈夫だろう』と思ったら、ついていけない連中が出てきて」

「でもそれはそれでね、宮戸(優光)はレフェリーにしてやったりしようとか、俺は俺でいろんな道を考えたんだよ。だって、(クリス・)ドールマンだ、やれサンボだっていって、いま考えたら誰もついていけないよ。無理。高田でも無理」


…へ?

ちょっと待って下さいよ。

more...

tag : 前田日明 木村健悟 柴田勝頼 和田良覚

東京タワーと桜

更新が数日滞ってしまいました。

実はこの年度替わり、

増税前の駆け込み購入客や、

決算に棚卸しとやや忙しく、

さらに4.2から2日間、

東京出張へ行って参りました。
東京1

出張へ行くのは早い段階で決まっていたのですが、

実にタイトな日程の為、

サミットはおろか一人になれる時間すらなく、

今回はグレーテスト1972の方々にも、

お声を掛ける訳にはいきませんでした。

宿泊先はメーカーさんのご厚意で、

これまでに経験した事のない、

ハイグレードなホテルでして、
東京2

窓から見下ろす桜に思わず、

1時間弱の散策へ。

more...

tag : 東京 東京タワー

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード