創造的人生の持ち時間

やっと手に入れて、

現在読み入っております。

KAMINOGE vol.22

例の『桜庭和志・プロ20周年、いまプロレスに熱中できているか?』ですが、

やっぱり思ってた通りというか、

桜庭の中でのプロレスって、

一つの型があるんだなぁ…って。

more...

tag : 桜庭和志 高橋義生

Yoji Anjo Is Alive vol.21~ラッパ先生ふたたび~

桜庭和志関連記事が続きましたので、

ここらで一区切りつけましょうか。
桜庭vsマヌーフ煽りV34

桜庭自身が己の格闘家としての“原点”について、

久々にこの人の名を口にしていました。

“ラッパ先生”安生洋二です。
奥深い安生ワールド

Uインター出身者が、のちにMMAで活躍した背景には、

ラッパ先生の力が大きかった(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.12~ラッパ先生の功績~)と言えます。

桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY (B・B MOOK 966)
 桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY より

桜庭
「Uインターに入ったときに練習でぼくをつかまえていたのが安生さんだったんです。ぼくのなかでは原点はそこですね」


入門間もない時期からスパーリングパートナーという名の、

“実験台”として共に汗を流した桜庭にとっては、

特に安生の存在は大きかったのです。

more...

tag : 安生洋二 桜庭和志 山本喧一

泣けるカマンベイベ(2008)

前回記事でご紹介した通り、

“60億分の1の煽りVアーティスト”佐藤大輔が“泣ける煽りV”と語っていた名作があります。

桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY (B・B MOOK 966)
 桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY より

佐藤D氏
「自分で作ってて泣けたのはマヌーフ戦の『職業、桜庭和志』というV」


これ…本当にね、

幼い子を持つ父親なら涙無しには見られません。

2008年6.15 横浜アリーナ

DREAM.4 ミドル級GP2008 2回戦

桜庭和志vsメルヴィン・マヌーフ
の煽りV、
桜庭和志vsメルヴィン・マヌーフ

早速見ましょうか、

その『職業・桜庭和志を。

more...

tag : 桜庭和志 メルヴィン・マヌーフ 佐藤大輔 立木文彦

“60億分の1”の男

前の記事で辛口な事ばかり書いてしまいましたが、

桜庭本、面白い部分も多々あります。
桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY (B・B MOOK 966)

その一つが、

“60億分の1の煽りVアーティスト”佐藤大輔が語る桜庭和志論です。
グレイシーハンター桜庭

桜庭が国民的英雄になった舞台は、

間違いなくPRIDEという場ですが、

それは、ただ高い技術で勝ち続ける事だけが、

その理由ではなかったと思います。

あのフジテレビが優良コンテンツとして、

K-1以上に力を注いだ結果でもあると思います。

映像班、フジテレビ最大の功労者は、

間違いなく佐藤D氏だったのです。

 桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY より

佐藤D氏
「桜庭さんの煽りVは思い出深いものばかりです。後期は純文学もどきみたいになっていきましたよね。最初はヒーローをストレートに煽るという時期があって、悲運のヒーローとしての時期があって、最後はもう純文学ですよ。スター格闘家の誕生から晩年までを、ファンに初めて全部見せきったわけです」


PRIDEと出会った事がきっかけとなり、

最終的に佐藤D氏はフジテレビという大手企業を辞めて、

唯一無二の“煽りVアーティスト”の道を歩んで来ました。
「ボコボコにしてやる」

more...

tag : 桜庭和志 佐藤大輔

桜庭本

先週、書店で購入した桜庭20周年本(参照:偉大なる先達~カクトウログさん9周年)。

BBM社刊行のムックでは猪木50周年本(参照:猪木本)以来となります。

“COMPLETE”、“20TH ANNIVERSARY”と冠がついている以上は、

上下巻に25年ずつ分割された猪木本(参照:読み応えア~リ・ボッマイェ♪媚びない締めくくり22years ago♪飾りじゃないのよロープは、はっは~アントンな週末昭和新日本・黄金のトロイカ)の一冊分…、

いや、確実に猪木の時代よりも資料はあるはずなので、

せめてあの一冊の3分の2くらいの内容と見て購入したのですが…、

やはり現状の週プロ並の作りでした。

カバー写真のチョイス一つとってもねぇ…。
桜庭和志COMPLETE―20TH ANNIVERSARY (B・B MOOK 966)

こういう時につくづく、

「ゴングが残ってたらなぁ」と思っちゃいます。

こういう場合ってやっぱり試合写真だと思うんですよね。
桜庭のフットスタンプ4

ベタでもそれが“ANNIVERSARY”本だと思うんですよ。

内容の方も“COMPLETE”と呼ぶには…、

more...

tag : 桜庭和志

赤い月が語った橙色の太陽の話~後編~

前編からのつづき、

『KAMINOGE vol.21』(参照:ガンツさん、ありがとう。)において、

沈黙を破った田村潔司インタビューにおいて、

Uインターに別れを告げる直前の3試合の真相が語られています。
ジャンピングハイ!!桜庭は冷静にさばく

 元祖・三本勝負要求

 カッコつけてられない試合

 別れは突然に


2008年大晦日のメインエベント前の煽りVの中で、

物議をかもした桜庭和志の“真剣勝負発言”ですが、
田村vs桜庭煽りV⑨

それについて聞き手の堀江ガンツさんが真正面からぶつかっていきます。

そこで田村から出た言葉は意外でした。

KAMINOGE vol.21
 KAMINOGE vol.21 より

― で、その桜庭さんとの3連戦では「1試合目と2試合目はシュートだった」って、2008年大晦日の煽りVで桜庭さん自身も言ってましたけど、なんでシュートでやることになったんですか?

田村「いや…、『シュート』とか『真剣勝負』っていう言い方もおかしいんだよね。次元が低いというか。そんな表現した本人に聞いてみてよ。何を主張したいのかがわからない。そんなことは誌面で話す内容じゃないし、試合が決まって桜庭とのコンタクトは一切ないっていうだけだから。だから、あったとしても…あ、コンタクトあったな」

― あったんですか!


かつて公の場において、

高らかに“真剣勝負発言”した田村(参照:真剣勝負発言)ですが、

桜庭から発せられた同一発言はキッパリ「次元が低い」

さらに当時、明らかに孤立していた田村に対して、

対戦が決まった時点で桜庭の方からコンタクトがあった!?

more...

tag : 田村潔司 桜庭和志

赤い月が語った橙色の太陽の話~前編~

KAMINOGE vol.21の田村潔司インタビュー後編(参照:ガンツさん、ありがとう。)において、

世間的に最注目のコメントは、

桜庭和志についての事だったと思います。

早くもあの試合から5年になろうとしています。
田村判定勝ち

 家~his home~

 会場にいない事を悔やんだ瞬間

 田村は田村、桜庭は桜庭、UはU~前編~

 田村は田村、桜庭は桜庭、UはU~後編~


田村は現在の桜庭が置かれている状況を、

次の様に察しています。

KAMINOGE vol.21
 KAMINOGE vol.21 より

田村
「桜庭はあれだけPRIDE と格闘技界に貢献したのに、別に吉田・小川みたいなギャラを貰ってたわけじゃないから。そこがちょっとかわいそうだよね。桜庭はあれだけがんばったんだから、もう一生生活に困らないぐらいの額は貰ってていいと思うんだけど。まあ、それもすべてタイミングだからね。いまサクがどういう状況かわからないけどさ、新日本とかに出てるわけじゃん? それは自分で出たいから出たのかどうかわからないけど。こどもも3人だかいるし、やっぱり試合をしなきゃいけない部分はあると思うんだよ」


“家”であるはずのジャパニーズMMAのメジャーマットが消滅し、

止むを得ず生活の為に新日本を選んだのでは? という見方です。

日本に“総合格闘技”という文化を定着させた、

第一人者である桜庭の末路としては、

あまりにもかわいそうじゃないのか? と。

私はむしろ桜庭自身の生活よりも、

今や“家族的存在”である柴田勝頼の為に、

一肌脱いだ…というのが見解です。



話を元に戻して、

田村がPRIDEを戦場に選んでから、

6年10ヶ月に亘る桜庭とのいきさつを振り返っています。

more...

tag : 田村潔司 桜庭和志 PRIDE Dynamite!!

人間性と指導力

2020年の東京オリンピック開催が決定しましたね。

ロビー活動とかプレゼンテーションとか、

スポーツの祭典とは程遠い様な、

大人の事情は置いておいて、

喜ばしい事じゃないでしょうか。

そんな日に武藤敬司が嵐の船出。

 スポーツナビ格闘技 より
武藤新団体「WRESTLE-1」旗揚げ戦東京・東京ドームシティホール

前代未聞の“X”だらけのカード発表だった訳ですが、

大会は成功に終わった様子です。

幾多の“X”の中には桜庭和志の存在もありました。
W-1にて船木vs桜庭実現

そして今回の記事は、

そんな中で湧き出てきた“あの問題”です。

more...

tag : 山本小鉄 宮戸優光 佐々木健介 西川潤

夏の終わりに

めっきり涼しくなっちゃいましたね。

夏の終わり…、

私自身が今の季節にこれを聴くと、

いくつになっても胸がときめくという、

曲をチョイスしてみました。

例によってジャンルはバラッバラですけど(笑)。

more...

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード