プロレスとは素晴らしいスポーツ

昨夜行われたドラディションの大会において、

ドラゴン二世・藤波怜於南くんのエキシビジョンマッチが敢行されました。

 スポーツナビ格闘技 より
宮戸汗だくのレフェリング
DRADITION「新たなる波動~BATTLE NEW VIBRATION 2013」
2013年5月29日 後楽園ホール


レスリングの師にあたる宮戸優光がレフェリングを裁き、

対戦相手も同門の蓮見隆太選手が務めました。

身内同士の言わば「お披露目」ではありますが、

規定時間の5分間+延長3分間。

レスリングの原点を文字通り披露する展開となった様です。

この逆片エビ固め…父と同じ型ですね(参照:哀しい気分で稲妻)。
ドラゴン式ハーフボストン!!

現時点で藤波ジュニアが描くプロレス像とは…、

怜於南
「僕の同世代の友達がたくさん来てくれて、初めてプロレスに触れる人たちがいっぱいいて、もっと自分たちと同年代の人たちに純粋にプロレスを楽しんでほしくて、僕のエキシビションマッチで、何て素敵なスポーツなんだと、同年代の人たちが気付いてくれればと思います」


彼もまたプロレスを“元に戻す”担い手なのかも知れませんね。
エキシビジョン終了

この日はもう一つ劇的な顔合わせが観られました。

more...

スポンサーサイト

tag : 藤波辰爾 初代タイガーマスク 船木誠勝 宮戸優光 藤波怜於南

6月のレガ的番組表

昨夜のアメトーーク『今、プロレスが熱い芸人』(参照:笑った。)、

ご覧になられた方はいかがでしたでしょうか?

やや詰め込みすぎ感はありましたが、

私は大いに笑わせて戴きました。

つくづくプロレスって幅広くって奥深いなぁ、と思いました。

さらにここからプロレス関連のテレビ番組は続きます。

私、紫レガが興味あるプログラムを、

備忘録代わりにUpしておきます。

more...

tag : 藤波辰爾 宮戸優光 金原弘光 桜庭和志 藤波怜於南 U-SPIRITS ドラディション

笑った。

いやぁ~笑った笑った。

はい、アメトーーク『今、プロレスが熱い芸人』の事です。
アメトーーク!OP

いつもより短くね? と思う位に濃かった気がします。

まず、掴みにレインメーカーってのは大正解でしたね。

英孝ちゃんも言ってた様に、

知らない人でもオカダに“華”を感じたでしょう。

それにしてもシーンメーカーって…(笑)。

ノアの映像が全く無かったというのも時代を感じます。

そして、思わぬところで…GET WILDにブレイクの兆しですね。

なんで10.9の長州の映像? と思ったら、

「サイパン行ったな」って(笑)。

今回は感動系抜きでしたが、本当笑いました。

実際には今夜の内容って、

more...

tag : アメトーーク

宮戸語録 vol.25~ドラゴンストップの彼方に~

要チェックプログラムのアメトーーク『今、プロレスが熱い芸人』(参照:アメトーーク…イヤァオ!!)。

放送まであと3日です。

これまでのプロレス芸人の中で確実に笑いを取っていたのが、

マッチョ・ドラゴンや飛龍革命(参照:続・俺達の飛龍革命続・俺達の飛龍革命~モイスチャーミルク編~)に代表される藤波辰爾ネタでした。
「待て待て」

今回は盛り上がりを見せる現在のマット界が主体ですので、

恐らく見送られるであろう話題…2000年代初頭の“暗黒期”。

あの時代にドラゴンが異彩を放った飛龍殺法を、

ここではプレイバックしてみましょう。

2001年1.4 東京ドームにおいて、

持ち前の滑舌の悪さから、多くの謎だけを残した、

ドラゴン・ストップです。
遺恨凄惨…のはずが、

1.4事変に端を発した数々の因縁から、

激しい打撃戦となった長州力vs橋本真也でしたが、
山ちゃん「藤波さんっ!」

お互い鍛えている場所を真正面から打ち合う展開を、

突然の社長権限で制止に入ったドラゴン。
ドラゴン動く

その理由とは!?

more...

tag : 宮戸優光 藤波辰爾

アメトーーク…イヤァオ!!

いやはや驚きました。

昨日は恐らくこれまでで、

最高記録の訪問者数となりました。

その数“3089”!!

その理由はいつもお世話になっている、

カクトウログさん桜庭和志インタビューの記事(参照:桜庭が語ったヌルヌル事件の真相~前編~~後編~)を、

ご紹介頂けたからです。

SAKAiさん、いつもありがとうございます。

そして…カクトウログさんの記事にもある通り、

来週のアメトーーク(参照:祝10周年、おめでとうございまーーす。)で久々にプロレスが扱われます!!

 カクトウログ より
アメトーーク「今、プロレスが熱い芸人」は23日放映~ケンコバ、勝俣、博多大吉、豊本ら総出演!

その名も、『今、プロレスが熱い芸人』

「イヤァオ!!」
「イヤァオ!!」

例によって好きな選手のコスプレで登場する芸人さん達。
中邑、曙、飯伏、ディーノ

ユウキロックさんのは誰だ?
オカダ(笑)、征矢、???、棚橋

それより何より、

バッファロー吾郎Aのレインメーカーって!!
シーンメーカー(笑)

いつも通り、かなり無理のあるキャラ設定…さすがです。

more...

tag : アメトーーク

桜庭が語ったヌルヌル事件の真相~後編~

昨日は多数の方にご来訪頂き、ありがとうございました。

お待たせしました、前編からのつづきです。
「すっごいすべるよ!!」

ノーダメージのまま試合をストップされてしまった桜庭和志が、

レフェリー陣の不可解な対応に業を煮やしているところに、

FEGのトップ2がやって来ました。

しかし二人の表情には桜庭に対する労いの欠片もありません。

もちろん桜庭の怒りを理解する気さえもなかったのです。

KAMINOGE [かみのげ] vol.16
 KAMINOGE vol.16 より

桜庭「あとから控え室に谷川(貞治)さんと柳沢(忠之)さんも来たのかな? なんか困ったような顔をしてましたね。それでこっちは怒り頂点でもないけど、とにかく興奮してるから、ぐだぐだぐだぐだ、シャワーも浴びずに『おかしいよな、これ!?』ってずっと話してて。(略)そこにイベントが終わってあと片付けしてる、サブレフェリーだかジャッジなのかわからないですけど、レフェリーの格好してる若い子が1人いたんですよ。それで、もう最っ後の最後に、帰り際にその子に『お疲れ様でした。最後にひとつ聞いていいですか? ボクの手の匂いはどういう匂いがしますか? 甘い匂いがしないですか?』って聞いたんですよ。で、その子がボクの手の匂いを嗅いで『これは誰にも言わないでください。甘い匂いがします』って言ったんですよ」

― 匂うと。その「誰にも言わないでください」っていうのは、なんでですかね?

桜庭「わかんない。(略)で、試合の契約で『異議等があれば文書で申し立てしてください』みたいのがあったんで『俺、絶対にそれやる』って言って会場を出ました」


帰り際、文字通り最っ後の最後に、

桜庭はたった一人だけ身内以外の理解者を見つけました。

そこで異議申し立ての決心をした事で、

この事件が闇に葬られる事を免れたのです。
…!!

more...

tag : 桜庭和志 秋山成勲 青木真也 ヌルヌル

桜庭が語ったヌルヌル事件の真相~前編~

そろそろいいかな?

桜庭和志が5年以上の沈黙を破って、

あの事件の事を語ってから(参照:サク、“万引きおばさん”を語る)1ヵ月以上が経過。

ほとんどのマスコミやファンブログは全くと言って良い程、

この話題には触れていません。

これ…の行為がもう時効だという事なのでしょうか。

だったら私が書きますよ。

あの日本の総合格闘技界史上に残る汚点(参照:屈辱の日)の事を。
案の定ローシングル入った

そもそもなぜ今頃になって桜庭は、

重い口を開く事になったのか。

それは詳しい事情を知らないファンが、

いまだに桜庭に対するイメージとして、

“ヌルヌル”と捉えているからからなのです。

KAMINOGE [かみのげ] vol.16
 KAMINOGE vol.16 より

桜庭「…もうやめましょうよ」

― ニコノゲをですか?

桜庭「違う…ヌルヌルですよ」

― ヌルヌル?…あー!

桜庭「なんなんですか、あれは? (略)マジで『もうやめてくれよ』って感じで。っていうか、ボクがヌルヌルなわけじゃないんですよ!(笑)」

― 知ってます! ヌルヌルさせられたほうですね。で、今日はその話にいっちゃいますか?

桜庭「もういいかげんにしてほしいので、今日は話す」


まず、ヌルヌルさせられた本人なのに、

なぜヌルヌルさせた人間と同一線上に見られなきゃいけないんだ!!…的な部分。

今、あの試合を振り返っても、

桜庭にはタックルの手応えがしっかり残っています。
これは…

桜庭「一発目のタックルは、感触として『まあ取れたかな』って感じで、低空で足首に入ったやつは『あれ?』って感じ。あと何発目かの、もの凄く深く入ったタックルがあって『これ完璧取れた! 完璧取れたわ!』っていうのがスルッて抜けたから『あれ~?』って。それでコレ(タイムのサイン)出したんですよ。『タイムタイム!』つって。1回、2回は『あれ?』ってなったけど、ホントにその、3回目か4回目かの深くいったタックルは『これ、おかしいだろ!』って」


いくつもの歴戦の中で何度も決めて来たローシングルに関して、

桜庭には絶対的な自信があった訳です。

more...

tag : 桜庭和志 秋山成勲 ヌルヌル

小橋建太とは何か?

いよいよ明日…いや今日ですか、

“鉄人”小橋建太の引退試合が行われます。
マシンガンチョップに、

当ブログにおいて小橋を記事にしたのは、

後にも先にも一回だけです。

 希望と活力のプロレス

そのくらい縁遠い小橋について、

引退するからといって急に、

「残念だ」とか「まだやれた」とかは、

あまりにアレですし、

「この試合が忘れられない」というのも胡散臭いでしょう。

じゃそもそも小橋って何なんだろ? と考えると、

私には高山善廣のこの言葉が最もしっくり来ます。

身のほど知らず。
 身のほど知らず。 より

高山
小橋選手というのは、どこからどう見てもベビーフェースにしか見えない人である。存在そのものがスーパー・ベビーフェースで、ファンからの人気も絶大なものがあった。かたや、俺は見た感じからヒールである。まさしく両極端の2人。俺と対立すべく存在していたのが小橋選手だったと言ってもいいだろう。
(略)小橋選手と作りあげることができるだろうと思ったのは、だれにでもわかりやすいプロレスだ。


確かに小橋の場合、対角線上に立つ相手は誰もがヒールでした。

そう、小橋建太とは「史上最高のスーパー・ベビーフェース」なのです。
小橋登場

more...

tag : 小橋建太 高山善廣

プロレスラーのバーリトゥード(1999)

ちょっと唐突ですが、

久々に高田延彦PRIDE時代の試合を振り返りましょうか。

以前、高田が闘って来たVTの中で、

アンチ・プロレスファンが言う“三つの疑惑試合”のうち、
高田も重い一発を返す

2試合(参照:“辛”剣勝負かませ犬の重要性)を私なりの見解で書きまして、
返す力の尽きたコールマンはマットを叩く

その締め括りに、

『またの機会には、そのアレク戦も振り返ってみましょうか』と結んだのですが、

あれから早くも4年経ってしまいました!!

かれこれ、もう5年弱もブログやってるんだなぁ…。

そんな訳で1999年9.12 横浜アリーナ

PRIDE.7
での高田延彦vsアレクサンダー大塚
高田延彦vsアレクサンダー大塚

PRIDEルールにおけるプロレスラー同士の試合をレガ目線で振り返りましょう。

more...

tag : 高田延彦 アレクサンダー大塚

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード