怖い田村、届かぬ想い(2006)

どうやら今年の大晦日、

田村潔司の出陣はない模様です。

ささやかな想いは届きませんでした(参照:Dear TAMURA~原色の手紙・第一章~~第二章~)。

…ならば、

大晦日の思い出に浸って、

今年最後の記事にしましょうか。

6年前…この時、

田村と私はWEB上で“言葉”を交わしていました。

 田村潔司フルヌードブログ より
質問受付

「第一回チキチキフルヌードブログ 質問回答「そのご」

紫レガ
今年はUインター解散(田村さんが福岡でインターのジャージ投げて)から10年。インターの戦士達にも色んな事がありました。
桜庭電撃移籍、高山復帰、カッキー引退…。
トリを飾るのは田村さんの試合です。
来年から再び大勝負が出来ます様に、"怖い"田村さんの姿を見せてください!!お願いします!!
3年前の冨宅戦みたいなのを希望いたします。
頑張って下さい!!元気玉送ります!!


田村
●有難うございます。
昔から観て頂き有難うございます。
これからも応援宜しくお願い致します。


ちなみに、この文中の「お願いします!!」は、

「僕と真剣勝負して下さい!! お願いしますっ!!」“お願いします!!”です。



文中にもある通り、

Uインター解散から丸10年のこの年、

Uインター出身者にはそれぞれのドラマがありました。

そしてPRIDEにとっても、

“フジテレビ・ショック”という大事件があった年の締め括り。

2006年12.31 さいたまスーパーアリーナ
大晦日恒例の高田のフンドシ太鼓

PRIDE男祭り2006-FUMETSU-
でのオープニングマッチ、
オープニングマッチ

田村潔司vsミノワマンです。
田村潔司vsミノワマン

more...

スポンサーサイト

tag : 田村潔司 ミノワマン

SWEET.17X'mas

今さらですけどね、

もう一週間が経過しておりますが、

今年のクリスマスケーキはこれでした。
仮面ライダー・ウィザードケーキ

もう子レガの為だけですよ(笑)。
子レガ大喜び

味は美味しかったです。

ロバパン製でした。

まぁ子レガにとっちゃ、

ケーキ自体より“これ”でして。
イチゴに囲まれて…、

クリスマスプレゼントも、

『ウィザードライバー』をはじめ、

ウィザード関連が占めました。

連日、♪シャバドゥビタッチ変身~しております。
芸が細かい…のか?

more...

tag : ロバパン さっぽろろまん亭

【輝け!!レガ大賞2012】

何とか間に合ったか!?

今年も恒例のアレです。

【レガ大賞】の発表です。

今年のレコード大賞はAKB48に、

アメトーーク大賞は博多華丸・大吉に決まった、

今日のうちにやっておきましょう。

今回は10年目の記念大会なのですが、

例によって主観のみによる選出です。

流し読み程度にお付き合い願います。

昨年とこれまでの受賞者は、

【輝け!!レガ大賞2011】をご参照下さい。

それでは早速行きましょう!!

more...

tag : グレーテスト1972 オカダ・カズチカ 桜庭和志

つぶやいて寝よ

中邑真輔vs桜庭和志が、

本当に“世紀の一戦”だと言うのなら、

個人の思いだけで、

安っぽいものにはしないで下さい。

more...

tag : 中邑真輔 桜庭和志 PRIDE

格闘妄想☆梵婆家

本来なら超ビッグイベントなのですが、

果たして格闘技ファンには届いているのか?

果たしてプロレスファンにも届いているのか?

いまいちよくわからないのが、

12.31 両国国技館での、

『INOKI BOM-BA-YE 2012』です。
INOKI BOM-BA-YE 2012 ポスター

小川直也vs藤田和之という、

プロレス界の切り札的カードが実現するにもかかわらず、

マスコミもファンブログの煽りも、

なかなか盛り上がりを見せません。

この試合の立会人とも言うべき、

アントニオ猪木でさえも、

Dropkick(ドロップキック) Vol.8 (晋遊舎ムック)
 Dropkick Vol.8 より

猪木
「“旬”じゃなくなっちゃった」


…という感じでして。

しかしながら、ここ10数年間プロレスを観て来た方であれば、

心躍らない訳がないマッチアップな訳で。

とにかくこの試合が発表されるまでの、

一連の流れはプロレス本来のドキドキワクワク感が満載でした。
小川と藤田、遂に対峙

IGFファンブログの頂点に位置する、

123daさんのブログでおさらいしてみましょう。

more...

tag : 藤田和之 小川直也 IGF

元気玉発言とは何か?(1997)

前回分(参照:腕ひしぎ逆十字という名のエール)からの続編です。

ヴォルク・ハンから、

念願の初勝利を上げた田村潔司の口から飛び出したのは、
雄叫びを上げる

意外な人物へのエールでした。

控室での試合後会見の席で、

突然、田村が切り出します。

田村
「…違う事しゃべっていいですか?」

田村の元気玉発言1

more...

tag : 田村潔司 ヴォルク・ハン 高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE

腕ひしぎ逆十字という名のエール~後編~(1997)

さぁ!! 前編からのつづきです。

ヴォルク・ハンの猛攻は止まりません。

田村潔司の右腕を極めたまま、

強引にスープレックスで叩きつけて行きます。
腕を極めながらのスープレックス、

そのまま腕十字を取りに行くと、
そのまま十字へ、

田村はすぐにクロック・ヘッドシザースの切り返し。
田村珍しいクロック・ヘッドシザースから、

…ってこれ珍しいですね。

そこから一気に足を取って、

膝十字固め。
膝十字へ、

ハンは例の如くクルクルと回転しながら、

脱出を図ります。
ハンは動いて動いて、

ロックが緩んだところで、

すぐに腕を取りに行きますが、
脱出して腕を狙いに行くが、

田村はもう一度、膝十字に取って、

思わずハンはエスケープ。
もう一度膝十字でエスケープ奪取、

この攻防を取られたハンの、

精神的ダメージは大きいです。
ハンはショック

more...

tag : 田村潔司 ヴォルク・ハン 高田延彦

腕ひしぎ逆十字という名のエール~前編~(1997)

ヴォルク・ハンの引退記事(参照:甦れ!!“空想の世界”伝説)で、
「今日も勝つよ」

田村潔司との3戦について触れておきながら、
「勝っても負けても良い試合が出来れば」

画像は2試合のみという部分に、

違和感を感じたリングス信者の方はいらっしゃったでしょうか?

…そもそもリングス信者は【逆ブログ】なんか見てないか(笑)。

それで今回の記事は、

残りの一試合、1997年9.26 札幌中島体育センター

ヴォルク・ハンvs田村潔司
を振り返ります。
ヴォルク・ハンvs田村潔司

私にとっては忘れる事の出来ない試合。

会場での興奮はもちろんの事、

週末にWOWOWの中継が放送された時の、

エンディングでの田村のコメント…。

前にも書きました(参照:Dear TAMURA~原色の手紙・第二章~)が、

これは高田延彦vsヒクソン・グレイシー(参照:顔を見る、感情を見る。第一歩ルールとジャッジと戦意)の“スピンオフ作品”なんですよね。
札幌中島大会メインです

more...

tag : 田村潔司 ヴォルク・ハン

Trigger ~昭和編~

病に臥してすっかり出遅れてしまった、

1.4ドーム、中邑真輔vs桜庭和志の話題(参照:あくまで自然体、貫くかクネクネ)ですが、

そんな時でもこれを見りゃ、

全くのノー問題なのです。

ご存知、グレーテスト1972のエース、

たかさん“渾身の三部作”です。

 自遊人 より
Trigger ~1~

Trigger ~2~

Trigger ~3~


Trigger…引き金ですか。

これまた古いファンの琴線を、

揺さぶりまくる謎掛けですよね。

桜庭ってこれまでには、

こんなのする事ってないですから、

とんでもないブレーンが存在するのか?

あるいはこれって余程の事か?

私は“あの事件”を思い出しましたね。

1981年9.23 田園コロシアム
「こんばんわ…」

そうです、「こんばんわ事件」です。
「えー、我々は…」

失笑を買ったラッシャー木村のマイクに対し、

あからさまに不機嫌な顔のアントニオ猪木
ムスッ…

そりゃそうです。

これからメイン、自分の試合が始まる前の、

本来緊張感溢れるひと時なのですから。
チラリ

more...

tag : アントニオ猪木 ラッシャー木村 桜庭和志 中邑真輔

甦れ!!“空想の世界”伝説(1991~1997)

ごめんなさい!!
礼っ!!

本当にごめんなさい!!
礼っ!!

今月1日にママが高熱を出してダウン。

3日夜には回復したのですが、

その後、6日夜から今度は、

私が38.4度の熱と頭痛に腹痛、

さらに吐き気と下痢でダウン。

「もしかして、これって噂の???」とか思いながらも、

仕事も大事な納品が続き、休めず…。

帰宅と同時に薬飲んで、布団に入る毎日。

とてもPCを開く余裕がありませんでした。

何とか昨晩辺りから復帰の兆しですので、

久し振りにUpさせて頂きます。



一年早いもので、

もう師走に入っております。

近付いてきたのは、

ヴォルク・ハンの引退試合ですね。
“コマンドマスター”ヴォルク・ハン

ちょっと古い記事ですが、

 スポーツナビ より
ヴォルク・ハン引退試合、三冠王者・船木が相手=リングス
前田日明「UWFの“夢の余韻”を見てみたい」

リングスが12月に開催する「RINGS/THE OUTSIDER ~ヴォルク・ハン引退記念興行~」(12月16日、神奈川・横浜文化体育館)に関する記者会見を行い、同大会で引退試合に臨むハンの相手が、全日本プロレスの現三冠ヘビー級王者・船木誠勝になることを発表した。この一戦は15分一本勝負によるロープエスケープありの旧リングスルールで行われる。


まさかまさかの夢のマッチメイクですよね。

more...

tag : ヴォルク・ハン 前田日明 ディック・フライ アンドレィ・コピィロフ 田村潔司 船木誠勝

極限のうどんの味(1995)

田村潔司の現役生活の中で我々ファンは、

いくつもの修羅場を観てきましたが、

最も選手生命を左右するターニングポイントとなったのは、

誰が何と言おうとこの試合以外ないでしょう。

1995年12.9 名古屋レインボーホール

K-1ヘラクレス
でのアルティメット戦、

田村潔司vsパトリック・スミスです。
田村潔司vsパトリック・スミス

この試合の背景には様々なものがありますが、

簡単に言うならば、

会社の方針(参照:歴史は10月に作られる~平成編~ 、 封じられた“伝家の宝刀”~前編~~後編~)に従わなかった田村が、

干されて飼い殺されかけた中、

四面楚歌の中で決断し、

一か八かの一発勝負に出た…という事で、

 赤いパンツの頑固者―Uの魂 より

田村
そのときの僕はといえば、試合に出ていなかったので3ヶ月間もノーギャラだった。正直なところノドから手が出るほどお金は欲しかったし、立場的にも追い詰められていた。(略)K-1での対戦相手はパトリック・スミス。アルティメットルールで闘った。そのとき僕は「K-1でも何でも出てやる」みたいなことをマスコミ向けにいっていたけど、本心はアルティメット
(現UFC)にもK-1ルールにも興味はなかった。


まさに背に腹は変えられない状態での出陣でした。

しかも相手は当時の格闘技界において、

ジェラルド・ゴルドーと双璧の喧嘩屋、

“狂犬”パトリック・スミスです。
狂犬パトスミ…この眼

さらにルールは正真正銘のバーリ・トゥード。

“素手による顔面パンチあり”のアルティメット戦です。

一世一代の大勝負に、

田村がセコンドにお願いしたのは、

打撃コーチのゴーン・ユタチャイさんと、
ゴーンさんのミットを蹴ってウォーミングアップ

元スタンディングバウトのエース・大江慎

さらに宮戸優光という三人でした。
セコンドには宮戸と大江

この時点で既にUインター所属ではなくなっていた三人が、

お揃いのUインタージャージを着て、

田村のバックアップに回った事が、

Uインター内での田村の孤独感を最も表しています。

もう一つすがったのは“小太刀”です。
小太刀に祈りリングイン

リングに上がった田村は静かに眼を閉じて、

天命に身を任せました。
ゴング直前の田村の表情

more...

tag : 田村潔司 パトリック・スミス UWFインターナショナル

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード