Dear TAMURA~原色の手紙・第一章~

2012年の10月が終わろうとしています。

17年前のリベンジを誓った今月(参照:Uインターの2012年秋…リベンジ!!)。

サミットにおいて私は完敗を喫し(参照:1972東京サミット黙示録~恋と市屋苑~いつの日か夢の街へ)、

GRABAKAとの対抗戦に臨んだ旧Uインター勢も、

全員が勝利を遂げられませんでした。

 GBR より
UインターvsGRABAKA1
【グラバカ】素手の決闘は壮絶決着!桜木が菊田を血まみれ秒殺KO

▼セミファイナル 83.9kg以下契約 5分3R
△佐々木有生(GRABAKA)(ドロー)△金原弘光(UKR)

▼第6試合 83.9kg以下 5分2R
○KEI山宮(GRABAKA/パンクラス ウェルター級3位)(判定3-0)●山本喧一(パワーオブドリーム)

▼第2試合 83.9kg以下契約 5分2R
○石川英司(GRABAKA)(判定3-0)●松井大二郎(フリー)


現状のGRABAKAのトップ勢を相手に、
UインターvsGRABAKA2

この結果を善戦と見るのか?
UインターvsGRABAKA3

屈辱と見るのか? はアレですが、
UインターvsGRABAKA4

試合内容そのものは素晴らしかった様です。

にしても山宮のコスチューム…彼は本当にヲタですね。

そして、この記事で書きたい事は実はメインなのですが、

more...

スポンサーサイト

tag : 田村潔司 菊田早苗 金原弘光 山本喧一 松井大二郎 GRABAKA

いつの日か夢の街で

サミットから10日が経ち、

すっかり日常の風景に戻っております。

もう一度だけ関連記事を書かせて下さい。

これで最後にしますので。

まず、サミットの話題をいくつか思い出しましたので、

書き残しておきます。
いざ市屋苑へ!!

more...

tag : グレーテスト1972

初家族旅行

もう既に一週間以上経過してしまいましたが、

紫レガ家3人になって初の家族旅行の顛末を、

駆け足で振り返ってみたいと思います。

プロレスとは全く関係のない内容ですので、

興味のない方は例によってスルー願います。
10年ぶりの東京

more...

tag : 親バカ 家族旅行

1972東京サミット黙示録~恋と市屋苑~(大幅追記あり)

うっすらとお知らせ(?)してきた通り、

先日10.17~20の3泊4日に亘り、

レガ一家は東京へ行って参りました。

まぁ子レガがいるからには、

一筋縄にはいかない珍道中となった訳ですが、

今回の私の最大の目的はこれです。
サミット開幕~!!

そう、過去2度参加してきたグレーテスト1972サミット(参照:1972札幌サミット議事録1972薄野サミット血風録)開催です!!

今回の参加者は、

過去2度のサミットの総決算とも呼べる、

お二方。

たかさん(from 自遊人)と、

GA9さん(from GA9のお勧めホームシアター)の、

最強コンビです。

more...

tag : グレーテスト1972

逆ブログ以前、みてきたもの

今回の記事は10.19サミット用の資料という事で、

ご容赦願います。

more...

tag : 私事メモ グレーテスト1972

17年も前の話

今、映像で振り返っても、

あの日の興奮は甦ってきます。

95 NEW JAPAN vs UWF インター【速報&ドキュメント】


当日の深夜、『トゥナイト2』での速報。

試合結果は明かされていませんが、

最後にトライアンフがかかってる時点でね(笑)。

あとは、インタビューを受ける新日ファンの、

ロン毛率が非常に高い。

それにしても、

勝負論がど真ん中にデーンとあって、

東京ドームが上から下まで、

びっしり埋まっていて、

…いい時代だったなぁ。

more...

tag : UWFインターナショナル 武藤敬司 高田延彦

『G1 3D』ふたたび

「ただいまぁ~!!」

…という事で、

私も一年ぶりに行って来ました。

『ワールドプロレスリング G1 CLIMAX 3D』
ワープロ G1 3D 2012

たかさんから遅れる事、5日。

 自遊人 より
ワールドプロレスリング第5弾 G1 CLIMAX 3D 2012 29日板橋 & 30日港北

当然、舞台挨拶などない地方都市の、

ワーナーマイカルにて1年ぶりの“G1観戦”(参照:行って来ました『G1-3D』)と相成りました。

more...

tag : オカダ・カズチカ G1クライマックス 3D

もういちど見たい桜庭の技

気がつけば桜庭和志の新日での第2戦、

10.8両国国技館での、

真壁刀義、井上亘vs桜庭和志、柴田勝頼が直前になりました。

初戦(参照:ビートかずしのオールナイト・シンニッポン)は秒殺的な結果となり、
桜庭メンチをきる

桜庭の技術の一端しか見えないまま終わりましたが、

今回の相手はそういう訳には行かないでしょう。

そこで今回久々の技トーークでは、

私自身が新日マットにおいて桜庭に期待する技。

多彩なテクニックの中から「もういちど見たい」技術を、

いくつかクローズアップしてみたいと思います。

以前やったUの技術論(参照:徹底比較・田村vs桜庭)と比較して読んで頂けたら幸いです。



まず“桜庭とプロレス”と言えば、

最初に思い浮かぶのがサソリ固めです。
桜庭のサソリ固め1

more...

tag : 桜庭和志

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード