無謀の雨(1988)

夏の屋外興行と言えば、

最大の敵は雨です。

雨足が強まれば、

大会自体が中止になる事もあります。

しかし時にはこの雨が、

試合のスパイスになる事さえもあります。

雨の野外試合で忘れられないのが、

このシックスメン・タッグマッチ。

1988年7.29 有明コロシアムでの、

藤波辰巳、木村健吾、越中詩郎vs武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也

そうです!! 闘魂三銃士初お披露目の一戦です。
若き橋本の入場

若き蝶野の入場

しんがりは武藤

若手時代に切磋琢磨した三人(参照:前座の意味とリングの痛み)が、

師であるアントニオ猪木の命を受けて臨んだ凱旋試合。

しかし凱旋とは名ばかりで、

試合内容は若き三人が何かに苛立つ様に、

やりたい放題暴れて、

さっさと帰って行った…というものでした。

烈闘生―傷だらけの履歴書 (幻冬舎アウトロー文庫)
 烈闘生―傷だらけの履歴書 より

武藤
「日本に帰って有明コロシアムでワンマッチやった時は『この試合で何を主張しよう』とか、俺自身はあんまり深いことは考えてなかったんだけどね。ただそれまではスペース・ローンウルフにしても世代闘争にしても全て会社の言いなりみたいな感じだったけど、その時は自分の主張を出したいっていう部分はあったんじゃないかな。(略)試合自体はあんまり覚えてないけど、自分のやりたいように暴れたような気がするな」


蝶野
「暴れるだけ暴れたっていう感じだったけど、その手応えっていうか、どれだけ反響があったかっていうのは、自分ではわからなかったね。(略)いろいろたまってたストレスをそのまま試合で出しただけっていう感じだったから」


橋本
「みんなもまたいい加減でね。ムトちゃんなんか海外でバンバン仕事うまくいってたし、日本に定着してやる気なんか全然ないから試合の態度も、あんなにいい加減。それが結果的によかったのかもしれないけどね」


単純に日頃の鬱憤を吐き出しただけ。

しかしこんなに面白い6人タッグはなかったです。

more...

スポンサーサイト

tag : 藤波辰巳 木村健吾 越中詩郎 武藤敬司 橋本真也 蝶野正洋

SWEET.16

暑かった…非常に暑かったです。

そんな暑い休日の今日、

家の中に居ては熱中症になる、と。

涼を求めてと、

子レガドラえもんに会いたいという事で、

新千歳空港へ。
子レガ@新千歳空港

途中、長沼町の農道で、

覆面パトカーに捕まってしまうという、

アクシデントに見舞われながら…というかね、

50キロ制限で“18キロオーバー”ってふざけんなよ、と。

あんた(オマワリ)ら普段ね、

国道で連なって走ってる一台一台が、

68キロでも止めんのか?

見晴らしの良い、危険の伴わない農道で、

普通に70キロで走ってる車を、

止めて切符切るって、

何であんたらの“ノルマ”の犠牲にならなきゃならんの? って。

…まぁ捕まってしまったのはこちらの不注意もあります。

ゴールド免許所持者として(参照:22年目の奇跡)、

もう二度と捕まってやらんからな、ってね(笑)。

…にしても反則金の方が辛いわ。



気を取り直して空港へ。

リニューアルしてから初めて足を踏み入れましたよ。

結局、子レガは1時間以上も、

キッズゾーンで遊びまくって、

有料ゾーンへは入場しませんでした(笑)。

で、ママの目的はこっち。
北海道牛乳カステラ紙袋

more...

tag : 北海道牛乳カステラ 新千歳空港

真夏の朝陽と夕陽(1996)

いつからでしょうね?

夏に野外の音楽イベントが、

各地で展開される様になったのは。

人はそれを“夏フェス”と呼びます。

プロレス界に夏フェスという言葉はありませんけど、

野外興行は力道山時代からあります。

Uインターも3度神宮球場を舞台に行いましたが、

その中で“夏フェス”と呼べるのは、

1996年8.17 神宮球場での、

“神宮花火ジャック”でしょう。

最も印象深いのは垣原賢人vs桜庭和志です。
垣原賢人vs桜庭和志

一年間続いた新日本との対抗戦が、

二人の立場を変えてしまった…、
飄々とサク入場

堂々とカッキー入場

そういうターニングポイントとなった一戦です。

more...

tag : 桜庭和志 垣原賢人

遅咲きの狂い咲き

いささか古い話で恐縮ですが、

今年に入ってから金原弘光が、

これまで通りのMMAと並行して、

積極的にプロレスのリングに登場しているのが、

非常に印象的です。

きっかけは昨年のZERO1参戦(参照:Uインターの2011年春)でした。

Dropkick(ドロップキック) Vol.6 (晋遊舎ムック)
 Dropkick Vol.6

金原
「俺、『プロレスはもうやらない』と思ってたんだけど、高山くんのススメもあってゼロワンに出て良かったのは、プロレスファンの視線を感じたことなんだよね」


ここでプロレスファンの目という、

忘れかけてた感触を思い出した金原は、

自身の20周年興行を、

ルーツであるプロレスリングで行う事に決めました(参照:5ヶ月遅れの同窓会)。
回転体@金原vs鈴木3

そこからはボーダレス状態で、

メジャー、インディ…会場のサイズにこだわらず、

闘い続けています。

真意に耳を傾けてみると…、

more...

tag : 金原弘光 プロレスリング・ノア バチバチ

そしてお別れの日

前回記事のタイトル(参照:お別れの前に)は、

藤波辰爾とのお別れと言う意味もあったのですが、

実は先日12日の夜に、

永く闘病していた母方の祖母、

…私にとっては両祖父母のうち、

最後の一人が天国へ旅立ち、

そのお別れの前の束の間の、

プロレス観戦という意味でのものでした。

more...

tag : 祖母

お別れの前に

夏の日の休日、

地元でプロレス観戦です。

昨年の11.18(参照:雪とグリーンミスト)に続き、

北都プロレスを観て来ました。

何やら今回は女子団体のアイスリボンとの共催興行でしたが、

恒例のゲスト参戦は何と…“炎の飛龍”藤波辰爾!!
2度目の北都プロレス

私のプロレス歴のほぼ原点(参照:私についての説明から)に位置するプロレスラーです。

あの藤波がローカルインディーで観られるなんて…

10年前には想像もしなかった事です。

しかしこれが現実です。

奇しくも金曜夜8時に繰り広げられた、

地方興行の観戦記をどうぞ。
北都プロレス 2012年7.13ポスター

more...

tag : 藤波辰爾 小仲=ペールワン

田村以来の…~後編~

お待たせ致しました。

前編からのつづきです。

良きパパ、高田延彦水道橋博士

この後、高田夫妻行きつけのステーキ店で、

絶品のハンバーグを食してから、

松村邦弘も加わって、

博士宅へ家庭訪問。
博士邸到着

玄関前にはこの光景。
「大好き」

高田
「大好き」


玄関からリビングに向かう階段には、

数々の写真が飾られています。

中でもご長男の武くんが、

師匠との2ショット。
Wたけし

松村
(たけしのモノマネで)たけしと武で“ダブルたけし”だな」


さぁ到着です。
「こんにちわ」

元気に挨拶。

この幼さで礼儀作法が素晴らしい!!

more...

tag : 高田延彦 田村潔司 水道橋博士

田村以来の…~前編~

今や完全にバラエティ番組には、

欠かせない存在となった高田延彦

先日、番宣を目にする機会があって、

ちょっと気になるものを見つけましたので、

とりあえず録画しておきました。

番組の名は『誰だって波瀾爆笑』
誰だって波瀾爆笑

日本テレビ日曜朝の長寿番組です。

この日は『パパ友スペシャル』という事で、

浅草キッド水道橋博士との共演。
高田と博士

二人は今年50歳の同い年です。
同い年

彼らが顔を合わせれば、

ピンと来る方もいらっしゃるでしょう。

そうです宮戸優光の存在です。

両者と縁深い宮戸が登場すれば、

Uインター者にとっては奇跡の3ショットとなる訳で、

先走りで無駄にいろんな番組を録画してしまうのが、

プロレスファンの性というものですね(笑)。

実際、番組内容は高田と博士それぞれの、

半生を振り返ってから、

現在の家庭での良きパパぶりが中心です。
高田家と博士家

しかし無駄どころか番組の中で、

Uインター者の心をくすぐるシーンが出て来ましたので、

ここは思い切って記事にしてみました。

more...

tag : 高田延彦 水道橋博士

宮戸語録 vol.22~興行論~

新日と全日の『40周年合同興行』(参照:CS朝日ニュースターでサマーナイトフィーバーを観た)をはじめ、

プロレス界は夏のビッグマッチラッシュが始まりました。

そんな中での宮戸語録です。
宮戸優光②

“興行”…一言では言い表せないものですが、

宮戸優光の中にも、

揺るぎない興行論が存在しています。

必殺プロレス激本 VOL.6 (双葉社ムック 好奇心ブック 48)
 必殺プロレス激本 VOL.6 より

宮戸
「(Uインター時代)僕はいつも、お客さんの空気を観察してましたよ。だから、客席で見たことがない人、自分でチケット買って見に行ったことがない人は興行をやっちゃあダメですよ。料理の例でいえばタイミングよく料理を出さなきゃダメなんだよ。食べるのが速い人がいるかもしれないし、シラけてるテーブルもあるかもしれない。そのときに決まった間だけで料理を出してたら、お客さんはもっとシラけちゃうじゃないですか」


例の如く料理での例えから始まりましたが、

その奥深い話を、

ぜひご賞味下さい。



Uインターの団体経営においては、

金銭面以外の部分は、

ほとんど宮戸が動かしていたと言っても、

過言ではないでしょう。
まずは宮戸と握手

もちろん大会ごとのプロデュースも。

その原点に存在しているのは、

意外な人物でもあります。

more...

tag : 宮戸優光

CS朝日ニュースターでサマーナイトフィーバーを観た

昨日、スカパー無料デーで、

これは観れないのかなぁ?

と思いながら録画した、

CS朝日ニュースターの生中継、

『カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS 新日本プロレスリング&全日本プロ・レスリング創立40周年記念大会 サマーナイトフィーバー in 両国 「We are Prowrestling Love!」』
サマーナイトフィーバーIN両国

10:00過ぎに帰宅してレコーダーを起動すると…、

「おお! 録れてる!」

途中1.3倍速や早送りしながら、

深夜2:30までかかって全試合見ました。

これって1.4以来です。

ブシロード体制になって初めてです。

more...

tag : オカダ・カズチカ 全日本プロレス

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード