楽しみな週末

いよいよ発売です。

それにしても…

良い表紙ですね。

例によって私が気になる記事を、

赤字でピックアップしておきます。

Gスピリッツ Vol.23 (タツミムック)
 Gスピリッツ Vol.23 より

■創立40周年記念特集
金曜夜8時の新日本プロレス


金曜夜8時のテレビ中継を観て、人生が変わった(あるいは狂った)人間はどれだけいるのだろうか。
ここ1~2年、時代の流れと逆行するかのように、昭和黄金期の新日本プロレスを扱ったDVDや書籍が続々と刊行されている。
その理由は「昔は良かった」というだけでなく、「今の視点で見ても面白い」からだろう。
そこで本誌も独自の切り口で、あの時代を振り返ってみた。
永遠に色褪せないプロレスがここにある―。

[ワールドプロレスリング同窓会]
金曜夜8時のアントニオ猪木を語ろう!
新間 寿(元・新日本プロレス営業本部長)
櫻井康雄(元・ワールドプロレスリング解説者)
舟橋慶一(元・テレビ朝日アナウンサー)


「金曜夜8時」から消えた猪木の後継者たち
谷津嘉章
前田日明

[爆笑ポリスマン対談]
俺たち仲良し一期生
ドン荒川×藤原喜明

金曜夜8時のブラウン管を彩った常連外国人レスラーを斬る!
藤波辰爾

もうひとつの『ワールドプロレスリング』史
―猪木、馬場、吉原 功とテレビ戦争―
永里高平(元・テレビ朝日スポーツ局次長)


初代タイガーマスク
幻の逸品を一挙公開!

■特別企画
『イノキ・ヨーロッパ・ツアー』の全貌
―猪木のロマンとボックの野望―(後編)

【第3章】ツアーを彩った男たち
―欧州選手名鑑―

【第4章】2つのシュートマッチ
―マスカラス戦とアンドレ戦―

【第5章】伝説のスープレックス
―ウィルフレッド・ディートリッヒとは―


■連載
実録・国際プロレス
【第13回】アニマル浜口(後編)

ミル・マスカラスが「悪魔仮面」と呼ばれた時代
【第6回】NWAとAWAの全面戦争

アリーバ・メヒコ
呪われた白覆面の系譜(後編)
“白い天使”を襲ったルチャ史上最大の悲劇
アンヘル・ブランコ/ドクトル・ワグナー/グラン・マルクス

Dig it!
NWA世界ライトヘビー級の3代目レイス・モデル

原悦男の描く格闘写真美術館
【第23回】闘魂を越えて


more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 那嵯涼介

Uインター異人史 vol.12~カリフラワーアレイクラブ編~(1991~1994)

さて…、

これが本当のオーラスです。

もうガイジン選手については、

書き尽くしました。

…となると、

締めに相応しいのは、

異人というよりも、むしろ偉人と呼ぶべき、

Uインターのビッグマッチに立会人として登場した、

伝説の男達でしょう!!
レジェンド達と記念撮影

試合後の両雄



もちろん最初に登場するのは、

元NWA世界ヘビー級王者

“不滅の鉄人”ルー・テーズ
です!!
立会人テーズ

テーズとUインターの出会いは、

旗揚げ年の暮れでした。

格闘技世界一決定戦(参照:vol.10)開催のニュースを知った、

鉄人自らレフェリーを名乗り出たのです。

more...

tag : ルー・テーズ ビル・ロビンソン ダニー・ホッジ ニック・ボックウィンクル

Uインター異人史 vol.11~K-1/UFC編~(1996)

格闘技世界一決定戦(参照:vol.10)から、

4年の月日が経過し、

プロボクサーを倒す事が、

最強の証明とはならない時代が来ていました。

立ち技最強の代名詞は日本発のK-1

そして総合格闘技では、

ホイス・グレイシーを始めとしたグレイシー一族を一躍有名にした、

アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ

現在のUFCが誕生していました。

Uインターという団体も新日との対抗戦以降、

確実に色を変えていました。



ゴールデン・カップスが全盛期を迎えんとしていた時期、

1996年3.1 日本武道館に登場したのは、

K-2GP'93準優勝者の、

“初代WKA世界ヘビー級王者”チャンプア・ゲッソンリット

チャンプア・ゲッソンリット

実に6年4ヶ月ぶりの、

UWFマット参戦(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.13~ルーツ・オブ・レスリング編~)でした。
安生vsチャンプア1

more...

tag : チャンプア・ゲッソンリット キモ デビッド・ベネトゥー K-1 UFC

Uインター異人史 vol.10~格闘技世界一決定戦編~(1991~1992)

ご好評を頂きました『Uインター異人史』ですが、

Uインターの歴史を語る上で、

やはり忘れられないのが数々の他流試合です。
調印式

この場合、末期(参照:vol.9)に行われた桜庭和志vsレネ・ローゼや、

ドージョー・カマクラの参戦などは対象外です。

あれはUインター公式ルールに則った、

プロレスリングの試合だからです。
極めまくって桜庭圧勝

ですから宮戸優光が、

そこに居るか居ないのか…が、

他流試合の“重さ”の境界線なのです。
まずは宮戸と握手

Uインターが掲げていた『最強の格闘技プロレスリング』

まだ日本にMMAなどというキーワードも、

NHBやバーリ・トゥードという言葉もなかった時代。

“最強”を証明する舞台は異種格闘技戦でした。

そこに異を唱えたUインターは、

他団体で行われている異種格闘技戦ではなく、

その競技のチャンピオン級との対戦しか認めない、

『格闘技世界一決定戦』の復活を宣言しました。
発表記者会見

中でもUインターが主張したのが“世界”という舞台。

先駆者のアントニオ猪木が成しえなかった、

プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンの打倒です。

more...

tag : トレバー・バービック ジェームス・ワーリング マシュー・サード・モハメッド 格闘技世界一決定戦

震災から一年

本当に信じられない出来事(参照:被災地の方々プロレスの可能性プロレスの使命)から、

今日で一年が経過しました。

改めて命を失ってしまった方のご冥福を、

心よりお祈り致します。

そしてかけがえのないご家族やご友人を、

失ってしまいながらも、

日々復興に向けて頑張っていらっしゃる方々には、

今後も出来る限りのご支援をさせて頂きたいと、

思っております。

more...

tag : 東日本大震災 復興

Uインター異人史 vol.9(1996)

1995年の秋。

ジョー・マレンコの来日(参照:vol.8)を最後に、

新日との対抗戦に突入したUインターには、

しばらく新ガイジンの参戦はありませんでした。
再度足4の字

明けて翌年、

Uインター最後の年となった1996年。

久々に初参戦して来たガイジンは、

K-1ファイターのレネ・ローゼでした。
レネ・ローゼ

前年末の田村潔司vsパトリック・スミスから始まった、
パトスミ戦

正道会館との業務提携の流れで、

1996年6.26 名古屋レインボーホールに出場したローゼは、

急成長株の桜庭和志と対戦しました。
かなりの身長差

しかしその光景は、

宮戸優光がいた時代には考えられない、

“背負うもののない他流試合”でした。

more...

tag : レネ・ローゼ 200%マシン 150%マシン 100%マシン ニコ・ゴルドー エロー・“タイガー”・マデューロ ダッチ・ウィンドメール ケース・ディローディ

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード