天才・かんじの狂気が出るプロレス!!~後編~(1987)

前編からの続きです。

結局、アントニオ猪木自らが「受けてやる」と宣言した為、

リング上の騒乱はひとまず決着を見ました。

猪木はリングを降りると、

花道を引き下がりながらTシャツを脱ぎます。
TPGin新日本37

TPGの総帥であるビートたけしも軍団に護衛されて、

無言でリングを降ります。
TPGin新日本38

どんどん進んでいく展開に、

置き去りの館内は騒然…爆発寸前です。

リングに残ったのは藤波辰巳木村健吾に、

マサ斎藤と、やるせない表情の長州力です。
TPGin新日本39

甲冑に不慣れなビッグバン・ベイダーもぎこちなくリングを降り、
TPGin新日本40

まだ納得の行かない長州はリングを降りかけますが、

マサさんも必死の説得。
TPGin新日本41

ここでドラゴンがマイク。

藤波
「長州!! 来いおら!! #$&%@*¥最後だから!!」

TPGin新日本42

例によって肝心な部分が聞き取れませんが、

この一言で状況が理解した館内は、

さらに騒然となります。

しぶしぶ吹っ切れた長州が叫び、
TPGin新日本43

選手紹介が始まると同時に、

“やめろコール”発生!!

危険な空気が充満する中で、

遂に藤波、キムケンvsマサ、長州が始まりました。
TPGin新日本44

more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 藤波辰巳 長州力 木村健吾 ビッグバン・ベイダー ビートたけし たけし軍団 TPG

天才・かんじの狂気が出るプロレス!!~前編~(1987)

2011年、今年最後の記事はこれでいきましょう。

アントニオ猪木ビートたけし

ショウビズ界の二つの巨星が同じリングに立ち、

直後にリングには無数のゴミが飛び交ったという日。

1987年12.27 両国国技館での、

TPG(たけしプロレス軍団)の新日プロ登場による、

暴動事件の一部始終です。
TPGin新日本1

発端は文字通り“たけしの挑戦状”。
TPGin新日本2

いかにもプロレス的な文面ですが、

その署名に“北野武”の文字が入っただけで、

何か異次元的なものになります。
TPGin新日本3

唐突なたけしのプロレス登場は、
TPGin新日本4

当然、東京スポーツの一面を飾りました。
TPGin新日本5

more...

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 藤波辰巳 長州力 木村健吾 ビートたけし たけし軍団 TPG

【輝け!!レガ大賞2011】

今年も残り僅か、

今年のうちにやっておく事は、

皆さんはもうお済みでしょうか?

当ブログの年末恒例行事である、

【レガ大賞】の発表です。

9年目の今年も、

例によって私自身の、

主観のみによる選出ですので、

流し読み程度にお付き合い願います。

昨年とこれまでの受賞者は、

昨年の【輝け!!レガ大賞2010】をご参照下さい。

それでは早速行きましょうか!!

more...

tag : たかさん 中邑真輔 鈴木みのる 那嵯涼介 永田裕志 KENSO 橋本大地

SWEET.13 X'mas

メリークリスマス!!

今年は必要以上の雪に、

ギブアップ直前の私ですが、

昨夜、実家にて、

クリスマスイブイブを過ごして来ました。

近隣に住んではいるのですが、

久々に会う姉と姪っ子たち。

子レガを中心に笑い転げていました。

で、最後に出て来たケーキが、

姪が勤めているサーティーワン・アイスクリームの、

アイスクリームケーキでした。
初体験のアイスケーキ1

私、初体験でした。

more...

tag : サーティーワンアイスクリーム B'z

追悼・まだら狼

昨年もこの時期に、

追悼記事のまとめ(参照:2010年、歳の瀬に…)を記したのですが、

今年も残り僅かとなって、

大きな訃報が飛び込んで来ました。

 スポナビ より
さらば“まだら狼”…上田馬之助さん死去

さらば、まだら狼!故・ジャイアント馬場さんやアントニオ猪木の好敵手として活躍した日本を代表する悪役プロレスラー、上田馬之助さんが21日午前10時7分、大分県臼杵市内の病院で呼吸不全のため死去した。71歳だった。


遂にと言うか、

昭和の名レスラーも残った方が、

本当に少なくなって来てしまいましたね。
上田馬之助の入場

奇しくも今年1月のインタビュー(参照:“筋書きにはない”ドラマ)が、

文字通りの“遺言”になってしまった訳です。

kamipro 155 (2011)―紙のプロレス (エンターブレインムック)
 kamipro 155 より
上田馬之助 金狼の遺言

上田
「あれは新日本の連中がだらしなかったんだよ。みんな
(※前田日明の)蹴りで縮こまっててよ、ビビッてるのがお客にわかっちゃってた。あれで新日本の『強い』というイメージがなくなっちゃったんだよ。あんなのは向かっていけばいいんだ。同じレスラーなんだから、怖いことなんて何もない」


上田といえば、

稀代のヒールであると同時に、

私ら世代にとってはやはり、

この試合の印象が非常に強いです。

more...

tag : 上田馬之助 アントニオ猪木 前田日明 訃報

龍雄から巽耀

いよいよ明日…もう今日か、

欧州“殺し”紀行の全貌が明らかにされます!!

そうです…遂に那嵯涼介さん渾身取材による、

Gスピリッツ Vol.22 (タツミムック)
 Gスピリッツ Vol.22 の発売です!!

私は例によって2日遅れの購入となりますが、

ぜひ皆さん手に取って、

検証頂けたなら幸いです。

さてその前に、

先に手にした一冊を熟読中です。

Dropkick Vol.3 (晋遊舎ムック)
 Dropkick Vol.3

11.16 後楽園ホール『U-SPIRITS』(参照:天国からのゲスト)に、

出場した選手らのインタビューがそれぞれ印象深いのですが、

特に琴線に触れたのは、

やはりこの“漢”
中野だぁ!!

中野龍雄、その人です!!

more...

tag : 中野龍雄 中野巽耀 U-SPIRITS

負けるもんか

まだ12月ですよね?

…いや、降雪量が尋常じゃないんですよ。

今日は休日で、

朝夕2度の除雪…それも各40センチ近くの積雪。

…あ、今ちょうど報ステにその状況が出てます。

それにしても、

今年は何もかもが尋常じゃない年なんですね。

心してかからんと、

痛い目に遭いそうです。

今年もまだ半月残ってます。

ここは一つ、

暗中模索、五里霧中から、

一気に単刀直入、快刀乱麻へと、

打開して行きたいところです。

濃い内容の記事は少々お待ち下さい。

tag :

年末の“超”注目ムック~其の弐~

遂に情報解禁!!

 那嵯涼介の“This is Catch-as-Catch-Can” より
Gスピリッツ次号は12月21日発売!!

■特別企画
アントニオ猪木
78年欧州ツアーの全貌


ブロガーという性格上、

多くを書く訳には行きませんが、

私にとってはメモリアル的な一冊です。

プロレスリングを、

アントニオ猪木を、

追求している同志なら、

絶対に手にして頂きたい!!

そして、またここで語り合おうじゃないですか!!

Gスピリッツ Vol.22 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.22

発売は21日。

来週の水曜日です。

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック 那嵯涼介 Gスピリッツ

師走恒例の胸騒ぎ

年末恒例の東京スポーツ制定『プロレス大賞』が発表されました。

詳細はお世話になってるカクトウログさんをご参照下さい。

棚橋弘至、史上7人目の複数回MVP受賞。永田裕志の受賞は9年ぶり/2011年度プロレス大賞

東スポ一面で棚橋弘至が愛川ゆず季をお姫様だっこ/2011年度プロレス大賞MVP受賞で

普段、東スポ率の非常に低い私も、

当然購入して読みました。
棚橋MVP

ちょっと気になった部分だけ、

書かせて下さい。

more...

tag : 棚橋弘至 プロレス大賞 東京スポーツ

年末の注目ムック~其の壱~

気がつけば、

DropKickの発売日が、

今日だったそうで…。

ということは、

こちらでは17日ですね。

例の如く注目記事をピックアップしてみると、

Dropkick Vol.3 (晋遊舎ムック)
 Dropkick Vol.3 より

more...

tag : DropKick 宮戸優光

24年ぶりの船木優治、13年ぶりの東京ドームへ。

来年も2012年1.4 東京ドームでの、

新日本プロレス『レッスルキングダムVI in 東京ドーム』から一年が始まります。

今回の注目ポイントはいくつもありますが、

中でも待望だった船木誠勝の参戦が、
待望の船木in新日本

古くからのファンにとって、

一番の目玉になると思います。

プロレスの世界に帰って来てから、

早いもので2年と4ヶ月(参照:闘いを持ってきてくれた船木)。

先日開かれた、

記者会見でのコメントに注目してみましょうか。

more...

tag : 船木誠勝 ALLTOGETHER コロシアム2000

WINTER AGAIN

12月入ったばかりだっちゅうのに、

我が街では、もうこの積雪です。
良い天気だ

朝起きて雪が積もってると、

非常に憂鬱なのですが、

休日となれば別です。

特に晴れ渡ってしまえば、

そりゃもう遊ぶしかない訳です!!

more...

tag : 親バカ

みなさんのおかげです

この歳になるとつくづく、

自分ひとりでは生きていけないんだなぁ…と、

そう思う事が多々あります。

ブログの運営にしたって、

日本中の様々なプロレスファンの方々が、

読んで下さったり、

コメントを書いて下さる事で、

新たな記事への意欲につながる訳です。

10月に死力を尽くした(笑)、

欧州“殺し”紀行シリーズがきっかけで、

いろんな“ご縁”に恵まれました。

more...

tag : アントニオ猪木 那嵯涼介

サムライTVで改めてIGFの猪木祭を観た

本日、スカパー開放デーにつき、

19時から放送されたIGF『INOKI BOM-BA-YE2011』
INOKI BOM-BA-YE2011

12.2両国国技館を観ました。

つい一昨日に席を除けまくりながら、

PCで視聴したんですが(参照:ニコニコ動画でIGFの猪木祭を観た)、

途切れ途切れだった為、

改めて今日、

腰を据えて(?)観る事が出来ました。

気になった部分だけ抜粋すると、

more...

tag : アントニオ猪木 中邑真輔 ジョシュ・バーネット ジェロム・レ・バンナ ミノワマン 柴田勝頼 鈴木秀樹 鈴川真一 長島☆自演乙☆雄一郎

カー・オブ・ザ・ドラゴン~後編~

前編からの続きです。

かおり夫人との新婚当時、

もっぱらドライブデートの行き先は、
かおり夫人との結婚から…

藤波「お城を見に行ってましたね」

おぎやはぎ「城?」
ドライブは城巡り(笑)

この話の流れになってくると、

もちろん…

藤波「一回自分で城を建ててみたいと思ってね。僕、見積もり取ったの」
来ましたこの話題…

来たーーーーーー(笑)。

これも鉄板ですね(参照:俺が天下を取る2010)。

矢作「それちなみにおいくらだったんですか?」

藤波「えーーーー…100億かな?」
鉄板です(笑)

一同大爆笑

藤波「ちょうどサービス期間中で、120億だったのが20億サービス期間中だから(安くなった)」

一同大爆笑
大幅プライスダウン(笑)

小木「負けたなぁ(笑)」

藤波「でも…女房に反対された(寂しげに)」

車の話に戻りましょう(笑)。

more...

tag : 藤波辰爾 おぎやはぎ

カー・オブ・ザ・ドラゴン~前編~

今年も残すところ1ヵ月弱。

いろいろな事があった1年でしたが、

さすがに兎年は足が速いです。

そして来年は辰年。

プロレス界の龍(辰)と言えば、

ご存知“炎の飛龍”藤波辰爾です。
藤波自らロープ上げ

少し前の話ですが、何気にBSをザッピングしてたら、

藤波とおぎやはぎが車を語るという、

不思議な番組がありましたので、

Upしておきます。

more...

tag : 藤波辰爾 おぎやはぎ

ニコニコ動画でIGFの猪木祭を観た

IGF『INOKI BOM-BA-YE2011』
INOKI BOM-BA-YE2011

12.2両国国技館を、

ニコニコ動画の生中継で視聴…

というよりもPCで流し観ですけどね。

プレミアム会員ではないので、

途中途中で席を除けながら…、

きちんと観れたのは、

more...

tag : アントニオ猪木 藤波辰爾 ウルティモ・ドラゴン 鈴川真一 鈴木秀樹 定アキラ

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード