地獄の墓掘り人、その“殺し”の数々。

“地獄の墓掘り人”ローラン・ボックの試合を、
ボックが判定勝利

改めて見直してみると、

その破壊力にはいちいち驚くばかりです。

エルボースマッシュの一発一発にも、
ボックの重いエルボースマッシュ

相手の首が飛んで行ってしまう様な、

迫力がありますし、

自身も得意と言っている、

ヘッドバットでは対戦者の頭が、
ボックも得意のヘッドバットから、

割れてしまうんじゃないかと、

心配してしまいます。

アントニオ猪木戦(参照:欧州“殺し”紀行~vier~~finale~)以外の、

来日時の試合はどうだったのでしょう。

そうだ!! 今こそ、

スパさんから頂いたDVD(参照:サンタクロースがやって来た)で検証してみましょう!!
ボックの人間風車1

more...

スポンサーサイト

tag : ローラン・ボック ゲーリー・オブライト

猪木のボック論

ご好評頂きました欧州“殺し”紀行の、

総決算としまして、

アントニオ猪木が自ら振り返った、

1978年欧州世界選手権シリーズの真相を掘り返してみましょう。

ローラン・ボック側からは、

Gスピリッツ Vol.21 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.21那嵯涼介さんの珠玉のインタビューで、

今回、充分過ぎる位に引き出されています。

それでは猪木が語ったボック論とは…、

今から17年前に発売されたキラー猪木 Vol.11の、

後半部に収録されたロングインタビューで、
猪木のボック論1

当時は“活字プロレス”の第一人者であった、

ターザン山本が引き出しています。

more...

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック ターザン山本

Uインターの2011年秋…サプライズ!!

約5ヶ月ぶりに(参照:Uインターの2011年春)、

Uインター勢の近況を記しておきましょう。
ロゴ

ここへ来て、

Uインター出身者の名が、

各所で見られる様になって来ました。

more...

tag : 高田延彦 宮戸優光 金原弘光 山本喧一 菊田早苗 鈴木健 GRABAKA

ピースがほぼ埋まった

仕事の合間を見てコーチャンフォー美しが丘店へ。

首都圏に遅れる事2日、

Dropkick(ドロップキック) vol.2【またかよ! 元kamiproスタッフが再集結!!】 (晋遊舎ムック)
Dropkick vol.2を買って来ました。

Uインタ-、中邑、ガチ相撲…猪木。

vol.1(参照:休日のUインター発掘作業)につづいて、

私好みの記事が溢れています。

特に注目部分を赤字で記しますと、

【幻想と真剣勝負してください!】田村潔司の生き方に勝ってみろ!
新日本プロレス同窓会 天山広吉×西村修×池田大輔×ザ・グレート・サスケ×金原弘光

◆【幻想総決算】『藤田和之』「ミルコとの39秒とヒョードルとの出会い。もし“もう一度”があるなら、やらせてもらいたい」
格闘技黄金時代を駆け抜けた沈黙の野獣が全てを語った!
◆G1覇者と伝説の雀鬼の師弟対談をツモアガリ!『中邑真輔×桜井章一』
◆Uインターとキャンドルアーティストがまさかの合体!!『金原弘光×キャンドル・ジュン』

◆【幻想格闘技バラエティ】『ガチ相撲』田村潔司 菊田早苗 大槻ケンヂ
◆アントニオ猪木/タイガー・ジェット・シン/天龍源一郎
ほか


まず、真っ先に田村潔司インタビューを読みました。
田村!!

巻末の方のカラーで、

ガチ相撲特集の中に埋もれていますが、

これ…久々に田村の本心が見えていますね。

more...

tag : 田村潔司 桜庭和志 Dynamite!!

SWEET.11

欧州“殺し”紀行を書き終えて、

心地よい疲労感に覆われています。

やっぱり疲れを取るには“甘い物”ですね。

そんな折、

実家の母からの電話。

「お土産買って来たから、取りに寄って」

「土産? どっか行って来たの?」

「あ、京都行って来た」

「え!? いつ?」

「昨日の夜、帰って来た」

という事で(笑)行ってみると、

私の大好きな生八つ橋!!
八つ橋1

しかも箱を開けると、

見慣れた三角形じゃなく、

包みは長方形。
八つ橋2

何か高級感あるなぁ~、

と期待しつつ開いてみると、

more...

tag : 井筒八ッ橋本舗 サザエ食品

季節の中で

今日は休日、

こちらは気持ちのいい秋晴れでした。

昼食をラーメンさんぱちで済ませると、

いわみざわ公園に、

子レガと二人で降ろしてもらって、
公園にて1

ママは買い物へ。

more...

tag : 親バカ

殿様と侍~ベルギーで塩辛を~

1976年のパキスタン遠征(参照:アノキ・ペールワン~前編~~後編~)、
猪木の側にはいつも藤原

1978年の欧州世界選手権シリーズ(参照:欧州“殺し”紀行~eins~~zwei~~drei~~vier~~finale~)、
藤原を帯同した猪木

そして一連の格闘技世界一決定戦と、

常にアントニオ猪木の側には、

“影武者”藤原喜明の姿がありました。

それは単なる師弟関係を超えて、

命を預けたパートナーという信頼関係だったと思います。

アントニオ猪木50Years (上巻) (B・B MOOK 664 スポーツシリーズ NO. 536)
 アントニオ猪木50Years(上巻) より

藤原
『危ないところへ行く時は藤原だ』っていうのがあったみたいだからね」


猪木がそこまで寄せる信頼感と、

藤原が全うした“弾除け”の役割。

藤原自身のインタビューから、

読み取ってみましょう。

more...

tag : アントニオ猪木 藤原喜明

“きっかけ”の決意

渾身の連載記事、

欧州“殺し”紀行を書き終えて、

寝不足気味の今宵。

PCを開くと…、

「おおーっと!!」

昨日付の訪問者数カウンターが、

【3958!!】

これ…恐らくブログ開設以来の新記録です。

ひとえにいつもご来訪頂く常連の皆さんと、

T.SAKAiさんのブログでの、

ご紹介記事からご訪問頂いた皆様のお陰です。

 カクトウログ より
カクトウログ2
アントニオ猪木vsローラン・ボック 欧州“殺し”紀行~腕ひしぎ逆ブログさんの検証が完結

「本当にありがとうございました!!」

more...

欧州“殺し”紀行~finale~(1978)

vierからのつづき、

今連載記事の締め括りです。

7R開始と同時に、

ローラン・ボックは両足タックルで飛び込んで、
ボックはタックルから、

アントニオ猪木からテイクダウンを奪うと、

腰に全体重を乗せたボストンクラブ。
体重の乗ったボストンクラブに猪木はすぐエスケープ、

これには猪木もすぐにエスケープしますが、

何度となく投げられてきた事も相まって、

腰に大きなダメージを受けます。
腰にダメージ

ここに来てスタミナも切れ始めたボックが、

一気に勝負に出て来ました。

more...

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック 新間寿

欧州“殺し”紀行~vier~(1978)

dreiからのつづきです。

今回の連載記事のハイライトとも言える、

“シュツットガルトの惨劇”

1978年11.26 西ドイツ・シュツットガルト・ギルスベルク・ホールでの、

欧州世界選手権シリーズ決勝戦
藤原を帯同した猪木

“WWUヘビー級王者”ローラン・ボックvs“NWFヘビー級王者”アントニオ猪木
です。
ボックは自然体

当時6歳だった私はこの試合が、

ワールドプロレスリングで放映されたのを、

観た記憶がありません。

しかし当時、祖父(参照:爺ちゃん子)に買ってもらった、

『月刊プロレス』でこの試合記事を読んだ思い出は残っています。

血だらけのボックの顔面と、

ガッチリ入った猪木のスリーパーホールドの写真が印象強く、

とても猪木が負けた試合だとは、

思ってもいませんでした。

…それはさて置いて、

試合を振り返りましょう。

more...

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック

欧州“殺し”紀行~drei~(1978)

zweiからのつづきです。

突如行われた格闘技戦を、

勝利で切り抜けたアントニオ猪木
勝利のダー!

その後も連日、西ドイツでの過酷なサーキットは続きます。

11.10 ハンブルク・スポーツホール

11.11 ハノーバー・メッセホールと、

当時、3年連続ハノーバー・トーナメントを制覇していた、

ジャック・デ・ラサルテーズと連戦して1勝1分。

11.12 ベルリン・ドイッチェランドホールでは、

早くもローラン・ボックと再戦し両者リングアウトのドロー。

11.13 カッセル・エセスホールで、

ラサルテーズと再戦しピンフォール勝ち。

そして前半戦の山場、

11.16 キール・コンサートマネージメントで、

“東京五輪レスリング金メダリスト”ウィルフレッド・デートリッヒ戦を迎えます。

more...

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック ウィルフレッド・デートリッヒ アントン・ヘーシンク 藤原喜明

Y“U”ME no, ketsumatsu.

いやぁ…来ちゃいましたよ!!

しかし…燃えましたね!!

連休明けの平日に、

東京ドームが5万人埋まるなんて、
東京ドーム

今のご時勢じゃ奇跡でしょう!!

興奮冷めやらぬまま、

私は今、水道橋のネットカフェから、

記事を書き上げております。
長蛇の列

明日、帰途に着くのですが、

大会の興奮が冷めぬ今夜、

日付が変わらぬうちに、

ハイテンションで書き殴りたいと思います!!

【UWF STARTING OVER 2011 in TOKYO DOME】(参照:konnna Y“U”ME wo,mita.)観戦記!!

行ってみましょう!!

more...

tag : 田村潔司 ヒクソン・グレイシー 高田延彦 船木誠勝 安生洋二 鈴木みのる 桜庭和志 高山善廣

Ko“U”rakuen de,aimashyou.

ちょっとひと休み。

金原弘光がプロデュースする大会、

11.16 後楽園ホール『金原弘光デビュー20周年記念興行“U-SPIRITS”』
金原20周年ポスター

しばらくチェックを疎かにしていたら、

かなりカードが決まって来ていますね!!

公式サイトも出来た様子です。

 "U-SPIRITS"公式

とにかく豪華な面々です!!

何より中野!!

一夜限定のカッキー!!

ビリーまでも!!

あとは鈴木のカードと、

主役である金原ですね。

これ、凄い大会になりそうです。

私、行けないんですが…(半泣)。

しかし!! その前に、

more...

tag : 金原弘光

欧州“殺し”紀行~zwei~(1978)

einsからのつづきです。

過密スケジュールの中で、

西ドイツに到着したアントニオ猪木に待っていたのは、

信じられない位のビッグネームとの連戦でした。

その初戦、11.7(※以下全て現地時間) 西ドイツ・ラーベンスブルク・オーバーショワルツェン・スタジアムの相手は、

2年前に格闘技世界一決定戦で激闘を繰り広げた(参照:そっちの土俵、こっちの土俵)、

“ミュンヘン五輪柔道93kg超級&無差別級金メダリスト”ウィリエム・ルスカです。

既に2度の格闘技戦を初め、

攻略し尽してる相手ですが、

長旅による体調不良の影響もあって、

「早めに仕掛けた」猪木は、

5R、一本背負いからバックドロップでピンフォール勝ち。

しかし初っ端から思わぬ重傷を負ってしまいます。

アントニオ猪木50Years (上巻) (B・B MOOK 664 スポーツシリーズ NO. 536)
 アントニオ猪木50Years(上巻) より

新間
「食事もしないでギリギリで会場に入っていくのばっかり。それはいいんだけど第1戦からとんでもないことになった。猪木が受け身の取れない投げられ方をして、右肩を亜脱臼しちゃった。ヨーロッパには整骨医なんていないから大変なことになった。それで電気マッサージみたいな器具で毎晩マッサージ。猪木は疲れて寝ちゃってね」


その理由は、

ヨーロッパ特有のリングの構造にありました。

more...

tag : アントニオ猪木 カール・ミルデンバーガー ローラン・ボック 藤原喜明 新間寿 格闘技世界一決定戦

欧州“殺し”紀行~eins~(1978)

読書の秋という事なのか、

この時季になると、

例年様々なプロレス本が発売されます。

その中で今秋、

断トツでプロレスマニアの話題をさらったのが、

Gスピリッツ Vol.21 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.21でした。

さらに言えば、その中の、

■巻頭スペシャル
独占キャッチ!衝撃の2万字インタビュー
ローラン・ボック
30年の空白を経て、“地獄の墓掘人”が蘇る


いろいろな意味で衝撃を与えられました。

30年近くに亘って消息を絶ち、

流れる噂は悲惨なものばかりだったボック。

その現在は意外な姿であり、

インタビューはマニア心を充分満足させる内容でした。

ライターの那嵯涼介さんには、

心から感謝と感服を申し上げます。

さて、この“地獄の墓掘人”ローラン・ボックといえば、
ボックだ!!

我らがアントニオ猪木の歴史に、

深い爪痕を残す『KILLER INOKI EUROPE TOUR(欧州世界選手権シリーズ)』

改めて調べてみると、

凄まじいものが見えて来ました。

more...

tag : アントニオ猪木 ローラン・ボック 新間寿

行って来ました『G1-3D』

明日が休日でして、

仕事帰りに映画館へ。

と言っても観て来たのは、

『ワールドプロレスリング G1クライマックス3D 2011』
ワープロ3D2011

トラさんのブログ記事に、

多大な影響を受け(笑)。

即チケットを購入。
ワープロ3Dチケット

映画館…実に8年ぶりに入りました。

『踊る大走査線 THE MOVIE 2』以来です(笑)。

この映画がどんな“作品”なのかは、

こちらを参照下さい。

 新日公式 より
ワーナー・マイカル・シネマズ全国30館&TOHOシネマズ六本木ヒルズで「G1クライマックス3D」を上映中!

3Dメガネを購入して、
3Dメガネ購入

いざ館内へ!!

more...

tag : 中邑真輔 G1クライマックス 3D

緊張感の夏(2011)

今年のプロレスを観てきた中で、

現時点でのベストバウトを挙げるなら、

文句なしで…段違いでこの試合です。

2011年8.14 両国国技館

G1 CLIMAX XXI Bブロック公式戦

中邑真輔vs鈴木みのる

視察戦

80年代最後にストロングスタイルの種を持って、

Uへ行き、パンクラスを創造し、ゴッチイズムを宿して、

プロレスリングに帰って来た鈴木みのる
♪教えてよ人はなぜ…

中邑真輔は独自のアイデンティティ…、

2000年代のストロングスタイルで、

鈴木の侵略を迎え入れました。
入場からニヤリ

more...

tag : 中邑真輔 鈴木みのる G1クライマックス

破壊王子よ、スーパースターたれ!!

昨日、スカパーの無料放送で、

サムライTVを見てましたら、

いつの間にか『S-ARENA』が、

『バトル☆メン』に変わっていて、

その中でZERO1の、

昼の10.2 靖国神社奉納プロレスで行われた、

天山広吉vs橋本大地がダイジェスト放送されました。

 スポナビ格闘技 より
天山の檄
橋本大地が破壊王の元付き人・天山に完敗 (1/2)

いくつか思う事がありましたので、

メモ書き程度に記しておきます。

more...

tag : 橋本大地 天山広吉 高山善廣 鈴木みのる

SWEET.10

昨日、嫁のバースデイでした。

最近、何かにつけシャトレーゼばかりでしたので、

今回は「せっかく休みだし、ちょっと有名店のを買って来よう」という事で…、

いや実際にはGスピリッツ Vol.21を、
Gスピリッツ Vol.21 (タツミムック)

買いに行きたかったというのもあるんですが(笑)、

行って来たのは、

“グレーテスト1972の聖地”(笑)こと新札幌(参照:1972札幌サミット議事録道の上より、早々。)。

サンピアザ地下1F『SWEETS PLAZA』内にある、
ママ! 見切れてるよ!

洋菓子のきのとや新札幌店です。

more...

tag : きのとや

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード