宮戸語録 vol.18~K-1論~

現在、IGFのリングにおいて、

一躍主役の座に踊り出んとしているのが、

ジェロム・レ・バンナらのK-1ファイター達。
バンナの意気込み

彼らは不本意な形でホームリングを離れて、

猪木のもとへ集結した訳ですが、

プロレスリングのルールにおいて、

K-1でのいでたちそのままで闘う姿に、

現場部長である宮戸優光は何を思うのでしょう。
宮戸優光②

宮戸が現場に復帰する遥か以前に、

正道会館・石井和義館長の指揮の下で、

当時全盛期を誇っていたK-1の世界を、

語っていたインタビューがあります。

そもそもK-1という格闘競技と、

石井館長という人物に対して、

宮戸はどういう印象を持っていたのでしょう。

必殺プロレス激本 VOL.5 (双葉社ムック 好奇心ブック 44)
 必殺プロレス激本 VOL.5 より

宮戸
「たとえば、K-1ってあるじゃないですか。K-1とタイ式のルールを比べたら、K-1のほうがゆるいんですよ。組みがないし、ヒジもない。だけど、少なくとも今は、K-1のほうが人気がありますよね。だから必ずしも、ルールを究極に持っていったほうが人気が出るのかというと、そうではないわけですよね。もし、究極でいくなら、タイ式みたいなものを持ってきたほうがいいはずなんですから」

「それで、さらに言うと、そのK-1よりも、手だけでやる国際式のほうが、もっと世界的に認知されてる。その辺のルール設定は難しいし、石井さんはそれなりの考えをもってやられたということなんでしょうね」


これはプロレスや他の格闘技と比較したコメントなのですが、

当時脚光を浴びつつあった、

PRIDE、バーリ・トゥードへの警笛なんですね。

more...

スポンサーサイト

tag : 宮戸優光 石井和義 K-1

休日のUインター発掘作業

スパさんのコメントがあまりにも気になり、

よくわからないながら(笑)、

金原のツイッターを覗いてみました。

 金原弘光 @kane8ra より 

よし20周年記念興行は一夜限りのUWFインター復活だ。まずは帝王に相談。ただ、皆、個性が強いんだよなぁ!

とりあえず、帝王とビリーは参戦決定。帝王とビリーは一つ返事でOKしてくれたよ。うれしいね(^o^)v

帝王とは高山善廣ビリーとはビリースコットです。

安生さんは泉選手とスパーリングをやってるし、コンディションもよさそうだし、出てくれると思うんだけど、どうだろう?

ショック、安生さんに断られてしまった(-_-)安生さは出てくれると思ったのに(>_<)とりあえず安生さんは保留! 次は桜庭にきいてみよう!

宮戸さんと交渉中!ローリングソバットがまたみたい♪

どうやらローリングソバットを見るのは難しいようだ。ものもらいになってしまった(>_<)

田村さんに会ってきたよ~♪


どうですか? この積極性!!

今まで何度か鈴木健が宣言していましたが、

デンジャラス何某とか訳のわからない名前が出てる限りは、

絶対に実現しないだろうと思っていたのですが、

今回はかなり実現の可能性あるんじゃないですか?

でも今のところ、高山とB・スコットだけじゃ、

ちょっと厳しいですよね。



また、いろいろと関連サイトを見ていたら、

新しいMOOKの発売を知りました。

more...

tag : 金原弘光

中邑真輔度

5.3福岡の敗戦(参照:悪いけど、折れない。)以来、

メキシコ遠征や帰国後の奇抜なマスクという、

動きはあったものの、

私のアンテナには来ず、

「どうしちゃったの?」的な印象があった、

中邑真輔ですが、

恒例のG1前公開練習において、

久々に…本当に久し振りに、

「来たな」という行動&コメントがありましたので、

朝からUP致しましょう。
ボマイェin雀荘

more...

tag : 中邑真輔 桜井章一 G1クライマックス ガリガリ君

G1前の…

新日本プロレス夏恒例の、

G1前の北海道東北サーキットが終了しました。
7月新日ポスター

今年は観戦をパス(参照:夏をあきらめて)しましたので、

いろいろと書く事はなかったんですが、

無事に終わった様ですので、

個人的に思っている事だけ書きます。

more...

王道×王道=帝王道

またもジャイアント馬場さん記事がご好評でしたので、
ジャイアント逆十字壱

最後にもう一丁いきましょう。

UWFインター出身者において、

その後、プロレスの世界でトップに立った男。

それは、“帝王”高山善廣という答えに異論はないでしょう。
高山の表情

高山は宮戸からの“王道教育”を受けてきながら(参照:王道違い)、

Uインター解散後に全日マットで、

馬場さんの“王道教育”をも身につけた、

非常に稀有な存在です。

高山が語る馬場さんの思い出で、

このシリーズ締めましょう。

more...

tag : ジャイアント馬場 高山善廣

王道違い

前回記事(参照:高田の馬場論)に、

多くのご訪問者とコメントを頂き、

ありがとうございます。

当ブログで全日プロやジャイアント馬場さんを扱う機会は少ないのですが、

このまま勢いに乗ってUWFインターとの接点を探していきましょう。

前回も書いた様に、

高田延彦が歴史的敗戦を喫した(参照:顔を見る、感情を見る。第一歩)当時、

その結果に対して冷たく言い放った馬場さん。
全日ゴールデン復帰

それは独特のプロレス哲学から出る、

馬場さん流の勝負論でした。

 スコラ 98・2/12号 より

馬場
(高田vsヒクソンの結果について)知りませんよ。プロレスラーは誰にも負けない、これがプロレスラーですよ。ね? そんなねえ、例えばボクサーに負けるとか、そんなことは絶対にありません。それだけの信念を持って練習して、普段やってるんです。だから、金が儲かればいいというだけのことじゃね。レスラーのプライドは金で売ってもらっちゃ困ります。これはね、彼が負けたことの負け惜しみでも何でもない。そう言われること、ましてレスラーが他の選手に負けるなんて有るべからずことです」


これも形を変えたUインターの理念、

『プロレスラーは最強であらねばならない』という意味だったのでしょうか?

more...

tag : ジャイアント馬場 宮戸優光 田村潔司 高山善廣 桜庭和志 ルー・テーズ

高田の馬場論

ジャイアント馬場のプロレス哲学を表した名言の中で、
馬場さんには感情表現を教わる

忘れられないのが一つあります。

曰く、「シューティングを超えたものがプロレスだ」

この場合のシューティングというのは、

もちろん競技としての修斗ではなく、

発言した当時に“シューティングプロレス”を謳っていた、

UWFスタイルの事です。

強さを最重要視した猪木流のプロレスと一戦を画した、

馬場流プロレスを否定した関係者も居ましたが(参照:櫻井さんの馬場論)、

現役のプロレスラーとして…ある意味、猪木以上に、

業界の大先輩を真っ向否定したのは、

高田延彦だけだと思います。
ゲストは高田

more...

tag : 高田延彦 ジャイアント馬場

燃えろ夏!

寒い…急に寒い。

連休に入ってから、

北海道は急激に冷夏になってしまいました。

新日が北海道巡業の真っ只中ですが、

私の気持ちは来月に飛んでいます。

G1最終戦の8.14両国と、

『ALL TOGETHER』8.27武道館は、
オール・トゥギャザー

PPV観戦致します。

特に8.27の方ですが、

 新日公式 より
あなたの購入したPPVがチャリティーになります!「ALL TOGETHER」をスカパー!でPPV完全生中継!!

番組購入金額から消費税等を差し引いた収益を担当の新日本プロレスを通じて日本赤十字社に寄付します。


これ素晴らしい事ですね。

大会を観る事によって、

チャリティに参加している訳ですから。

復興への応援はまだまだこれからです。



さて、これからサッカーワールドカップ女子決勝ですね。

そして今日は新日真駒内大会。

more...

tag : ALLTOGETHER

雨上がりの猪木アリ状態

巷では明日から3連休。

北海道でも、

今日は新千歳空港のリニューアルオープンや、

札幌ドームでの日ハムvs西武における北海道祭り

その16日は3000発の花火大会に、

さらに翌17日は真駒内で初の花火大会(12000発!!)。

そしてトリを飾るのが新日7.18真駒内大会と、

実に盛りだくさんの三日間です。

そんな俗世間とはかけ離れた私(笑)は、

今日が休日でして、

昨日までの暑さと打って変わった、

北風の冷たい昼下がり、

例の如く子レガと近所の散策です。

早速何かを見つけた様子です。
「おっ?」

んがー! 水溜りかぁ!
水溜り発見

あんまり汚すとママに怒られるぜ…

more...

tag : 親バカ

SWEET.9

今更ですが、

7月ですね。

暑い。

連日本当に、

暑いです。

しかし、節電地域の厳しさに比べれば、

北海道の暑さなんて、

子供だましみたいなもんなんでしょうね。

暑い日は、

せめてお腹の中だけでもクールダウン。

…ということで、

日本の夏には彼がいます!!

ご存知ガリガリ君です。
ガリガリ君1

more...

tag : 中邑真輔 ガリガリ君

流星とロケット(1986)

今年の夏、

また一人の偉大なレスラーがリングを去っていきます。

その名は、

“流星仮面”マスクド・スーパースター
闘いのど根性ガエル

以前記事にした様に(参照:天の川は流星仮面の調べ)、

夏…七夕が来ると、

流星仮面を思い出す私にとって、

このタイミングでの引退は感慨深いものがありますが、

私なんか以上に胸にこみ上げる部分が大きいのは、

文字通り“マスクドの日本の息子”流星仮面二世さんでしょう。

熱い想いは最近もUPされています。

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
運命の流星仮面~第一話~

運命の流星仮面~第二話~

運命の流星仮面~第三話~


私にとって2002年11.24が、

決して忘れる事の出来ない日(参照:UWFインターの最終話Uインター上がって来いや!!)である様に、

流星さんにとっては、

2011年7.17が永遠のメモリアルデーとなる事でしょう。
さらば流星仮面

実はマスクド・スーパースターで、

もう一つだけ忘れられない試合があります。

それは単なる地方のテレビマッチなのですが、

画面を見ていて思わず「おおっ!」と叫んだ思い出の試合、

1986年4.25 熊本市体育館

藤波辰巳vsマスクド・スーパースター
です。
藤波辰巳vsマスクド・スーパースター

more...

tag : 藤波辰巳 マスクド・スーパースター 引退

Y“U”MEとGENJITS“U”(2008)

夢を見る事に決めた7月。

私にとっての最大の夢は、

やっぱり…UWFの復活です(参照:konnna Y“U”ME wo,mita.)。

この場合の復活と言うのは、

いろいろな意味を持っていまして、

単なる一夜限りの同窓会や、

Uに想いを馳せたファイターの集結、

そういう場でも良いんでしょうけど、

本当に心から望むのは、

団体としてのUWFの復活です。

さらに言うとU…インター的世界なんですけど。

逆に“もしも新生UWFが続いていたなら…”。

団体のツートップとして君臨していたであろう二人、

船木田村
新生Uの船木

新生Uの田村

二人の闘いが実現した2008年4.29 さいたまスーパーアリーナは、

Uの遺産がほとんど残っていないDREAM.2のリング。
前田コメント1

ミドル級GP1回戦の場でした。

more...

tag : 田村潔司 船木誠勝 新生UWF

夏をあきらめて

いよいよ近づいて来ました、

恒例の新日本プロレス、夏の札幌大会。

昨年は本当に久し振りの帰郷(参照:月寒大会雑感…7年ぶりの“帰郷”)で、

燃えに燃えましたが、
会場到着

今年は何と、

月寒以上のキャパを誇る真駒内アイスアリーナという事(参照:真駒内!?)で、

勢いに乗ってる新日も勝負賭けて来たなぁ…と。

さらに先日、全対戦カードも発表されて、

 新日公式 より
07/18(月) 15:00 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 対戦カード

メインの調印式の様子も追ってみて、

決めました。

more...

宮戸語録 vol.17~イッテンヨン事変論~

本日7.3は、

破壊王・橋本真也の生誕記念日です。
橋本のマイク

そして早いもので、

もうじき七回忌をも迎えます。

今春には息子の橋本大地がデビューを果たし、

メモリアルイヤーとなりつつあります。

改めて思い返すと、

破壊王のターニングポイントとなった小川直也との“あの試合”が目に浮かんで来ます(参照:イッテンヨン事変~前編~~後編~~検証編~)。
遂に小川と長州が対峙

あの試合を語る際、

当事者も関係者もマスコミもファンも、

“感情論”が主になってくる訳ですが、

唯一人…と言ってもいいでしょうか、

客観的に第三者目線で感想を述べた人物がいました。

ご存知、宮戸優光です。
宮戸味徳1

宮戸が語った“イッテンヨン事変”…行ってみましょう。

more...

tag : 宮戸優光 橋本真也 小川直也

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード