Uインターの2011年春

今月は久し振りに、

Uインターを本腰入れて、

振り返ってみました。

いかがでしたでしょうか?
ロゴ

気がつけば近況的にも、

Uインターの選手がちらほらと見受けられます。

more...

スポンサーサイト

tag : 高田延彦 金原弘光 高山善廣 山本喧一

Yoji Anjo Is Alive vol.19~十年間、そして十年後・其の伍~(2004)

其の四からの続き、

いよいよ最終章です。

ヒクソン道場破りの返り討ち(参照:其の参)から、

ちょうど十年後。

ハッスルで高田延彦と再会した事から、

再び安生洋二の“運命”は動き出します。

その年の大晦日、『PRIDE男祭り2004 -SADAME-』において、

グレイシーとの試合が決定しました。

高田と共に臨んだ記者会見で、

安生は涙ながらに決意表明しました。

安生
「ヒクソンへの道場破りは自分の中で大きな傷として残っている。高田延彦の防波堤になれなかった事は人生の大きな汚点。その場で死んでしまおうとも考えた。敗れた事で高田さんがヒクソンと試合をする事になった。その時から、面と向かって高田さんの前に立てなくなった。(道場破りから)10年という区切りの年にグレイシー戦のオファーをもらい、くすぶっていたものを吐き出せるなら、再び面と向かって高田延彦という男と向かい合う事が出来るのなら、“SADAME”の戦いで自分の格闘技人生をぶつけてみたい。リング上で恥をかくつもりはない」

涙の決意表明

世界最高峰のリング、PRIDEの、

その年の総決算である『男祭り』に出場出来るのは、

通常ではナンバーシリーズや武士道で実績を残した選手のみです。

時には例外もありますが、

それはルーロン・ガードナーの様な他競技の世界王者で、

金子賢以外は本当に選ばれた一握りのファイターだけなのです。

なのに、ここで安生にチャンスが巡って来たのは、

“PRIDEの起源”はあの道場破りにこそある…という、

安生に対するDSEのリスペクトに他ならないでしょう。
10年の涙…いや20年の涙

しかし、そのDSEがチョイスした対戦相手は、

よりによって“一族最狂”と呼ばれていた、

今は亡き、ハイアン・グレイシーという、

ヒクソンとは真逆に位置するグレイシーでした。
相手はグレイシー最狂の男

2004年12.31 さいたまスーパーアリーナ

安生洋二vsハイアン・グレイシー

安生洋二vsハイアン・グレイシー

いつになく高いテンションで安生は入場して来ました。
いつにないハイテンションの入場

放送席には高田の姿。
高田が放送席から見守る

十年越しの安生vsグレイシーの舞台は整いました。

more...

tag : 安生洋二 ハイアン・グレイシー 高田延彦 泉浩

Kolega Is A・so・bu!

小春日和の休日。

ママが美容院に行ったので、

子レガと父子水入らず(?)で、

近所を徘徊しました。

ボール遊びが大好きな子レガ、
子レガ@2011春1

今日はサッカーボールを蹴って、

来たるべくレガース着用の日に向けて、

礎を築きます。

more...

tag : 親バカ

Yoji Anjo Is Alive vol.18~十年間、そして十年後・其の四~(1995~2004)

其の参の続きです。

「プロレスを十年間真面目にやってきた」安生洋二の道場破りは、

返り討ちという結果に終わってしまいました。

日本のプロレス界に衝撃が走る中、

安生はロスを離れると当初から予定されていたイギリスへ飛び、

イスラエル遠征(参照:幻の映像…遂に目撃!!~其の弐~~其の参~)と同時進行で企画されていた、

英国遠征の打ち合わせの仕事を済ませてから帰国します。

その後、謝罪会見を開き、

大バッシングの中で年を跨ぎ、

1995年1.16 日本武道館のリングで改めてファンへの報告と謝罪を敢行しました。

鈴木
「ファンの皆様には期待を裏切る形となってしまいました事を深くお詫び申し上げます。当初、安生も『“廃業”という形で責任を取りたい』と申しておりましたが、その後、安生の考えとして『今回の責任を取ると言う事は、辞めて取れる事ではない! グレイシーともう一度闘い、それを倒すことが本当の責任を取る事ではないか?』…」

安生謝罪1

『ただ、次のもしもの事があったなら、“廃業”する覚悟であるから、もう一度だけチャンスが欲しい』と申し出を受け、我々もこの引退を賭けた安生の決意をバックアップする事となりました」
安生謝罪2

安生
「えー…大きな事を言って、負けてしまいました。皆様、申し訳ございませんでした。えー、一度は辞める事により責任を取ろうと思いましたが、本当の意味で責任を取るというのは、もう一度ヒクソンと闘い、勝つ事だと思います。…先日、ヒクソンと直接会い、前向きな返答をもらいました。…もう一度だけ僕にチャンスを下さい!! 皆様、よろしくお願いします!!」

安生謝罪3

怒号渦巻く武道館。

だがこれが、再び安生がグレイシーとリングで対峙する、

十年後へのプロローグだったのです。

more...

tag : 安生洋二 ヒクソン・グレイシー マンソン・ギブソン デイブ・ベネトゥー タンク・アボット UFC

JJ黙示録…

ちょっと待った!!

これ面白い。

 SMASH公式 より
JJ黙示録1
AKIRA、宿敵・飯塚との因縁『JJ黙示録』について激白!

AKIRA
「こういうところで口を開くと、つい悪口ばっかりになっちゃうんですよね。昨日ちょうど居酒屋の便所の壁を見たら、“人の悪口を言うな”と書いていたので、それは反省しようかと思っているのですが。なんでアイツがハゲ頭で鉄の手袋をつけてそういうことをやり出したのか」

「よく“真面目な男がなんで?”と言われてますけど、アイツは真面目でもなんでもないんですよ。どっちかと言うと、チャラい、勝手な男だったんですよ。デビュー当時のパンフレットに、“運動神経抜群で、バスケットボールとサーフィンをこなす”って書いてあるんですけど、サーフィンと言ったら当時のチャラい男の代名詞。それにサーフィンをやってる姿なんか誰も見たことがない」

「そのときに政権を握っているブッカーにうまく取り付いて、会社やマスコミから“真面目な飯塚くん”と言われるようになっただけ。使いっ走りをやっているにも関わらず、プロレスラーとしては日の目を見ることはなかった。そのいらだちから元の自分の姿を見せてやれとヤケクソになった。アイツがハゲ頭で鉄の手袋をつけたのには、そこがカギになってるのでは」

「世界に対してもう1ランク自分を上げるためにSMASHを踏み台にしようとしている、それがアイツの考えとしては真っ当なのでは。だけど、それを許すことはできない。アイツを叩き潰さなければいけない」

「気心知れた仲と言われますけど、ありえないですね。俺とアイツでは絶対に違いますからね。この違いをあの野郎に明確にわからせてやる」

「なぜアイツは俺の言うことをまったく無視するのか。そして、なぜ俺の存在を否定するのかについて探りたい」


確かに当時の闘魂スペシャルで、

飯塚孝之(参照:飯塚という男)のプロフィールに、

“バスケとサーフィン”は書いてました(笑)。
IWGPタッグ王者

more...

tag : AKIRA 飯塚高史

Yoji Anjo Is Alive vol.17~十年間、そして十年後・其の参~(1994)

其の弐からの続きです。

三者の思惑に大きなすれ違いを残しながらも、
恒例の取締役トリオによる会見

いよいよ安生洋二は、

本当に単身でロスに飛び立ちました。

前回記事に記した通り、

止むを得ない事情で日本に残った宮戸優光は、

それでも安生には最大限の忠告をしました。

プロレス激本 No.4 (双葉社スーパームック)
 プロレス激本 No.4 より

宮戸
「とりあえず2週間くらいかけて向こうの様子を見ながら、という事ですよね。時差ボケとかもある訳だし、最初の1週間は体調を整えたりしながら様子を見ようと。それで、向こうで仕事をしてもらってた笹崎伸二に付き添ってもらったんです。あとマスコミも同行しました。なぜかというと、お国柄として戦闘体勢で行くこちらが撃たれてしまう事があるわけじゃないですか。でもマスコミの見ている前では、そういう事は出来ない訳だから、まあそういったことの監視役ですよね」


ところが、

ここでも意識の違いから来る凡ミスで、

Uインターの運命を左右する“道場破り”は、

無残なまでの返り討ちに向かっていってしまったのです。
安生、道場破り5

more...

tag : 安生洋二 ヒクソン・グレイシー 宮戸優光

Yoji Anjo Is Alive vol.16~十年間、そして十年後・其の弐~(1994)

其の壱からの続きです。

ヒクソン・グレイシーとの交渉が一向に進展しない中、

何と12.16の第4回アルティメット大会に、

Uインター常連外人のダン・スバーンの名がエントリーされます。

これについては11月1日にUインター事務所で会見を開いた際、

安生洋二「Uインターの代表としてではなく、あくまでも個人的な参戦。ウチとしては頑張って来いとは言いませんし、引き留めるつもりはありません。ウチと今回の件は別ものと考えて下さい」とコメントしました。

あくまでもUインターが望むのは“グレイシー一族最強”である、

“ヒクソン・グレイシー潰し”である、と。

そして急転直下。

その4日後に、USA修斗の中村頼永氏、柳沢宏味氏名義で、

ヒクソンからの条件付対戦受諾書のFAXが、

各マスコミに届いたのです。

しかも不思議な事に交渉に当たっている当事者の、

Uインターには何の通達もなし。

これに対してUインターは改めて11月10日に会見を開き(参照:宮戸と佐山、シュートな関係)、

宮戸
「(ヒクソンの代理人に)中村なる人物を問いただしたところ、そういう人物は知らないと。またそういう人間に代理人を頼んだこともないと。(この受諾書は)怪文書まがい」


との見解を発表します。

さらに団体の総意として、

沈黙を破り安生が名乗りを上げました。
声明文1

安生曰く「(ヒクソンには)僕で十分勝てる。200%勝てる様な相手だと思っています。わざわざ上位陣を送る様な対戦相手とは思っていません」

その勢いのままに1994年11.30 日本武道館

年内最後の大会のリング上で、

安生が“ヒットマン”として紹介されます。
ヒットマン安生2

more...

tag : 安生洋二 宮戸優光 鈴木健

Yoji Anjo Is Alive vol.15~十年間、そして十年後・其の壱~(1994)

それは突然の事でした。

しかしながら、

UWFインターナショナルという団体にとっては、

必然の事でもありました。

いずれにしても、

この出来事によって、

プロレス界は完全にグレイシー柔術と関わってしまい、

Uインターは崩壊への道程を歩む事となりました。

この出来事がなければ、

PRIDEの誕生もなく、
安生との抱擁(実は単に松ヤニ塗ってただけ)

日本にMMAが根付く事もなかったでしょう。

その出来事とは…

17年前の安生洋二“ヒクソン道場破り返り討ち”です。
安生シリアスモード

more...

tag : 安生洋二 宮戸優光 鈴木健 ヒクソン・グレイシー

宿命のライバルなんかいらない(1993)

中邑真輔棚橋弘至

二人の関係をプロレスファンは“ライバル”と形容します。

しかしいつまでも二人が、

その関係のままでいる以上、

二人にとって発展はない…というのが、

揺るぎない私の持論です(参照:中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 2~さぁ、いよいよDONTAKUです。)。

力道山も猪木も馬場さんも前田も、

時代を作ったレスラーに、

生涯通してのライバルなど存在しませんでした。

次から次へと新たな敵を見つけていくのが、

団体のエースという存在なのです。

以前にも書きましたが、

宮戸優光の言葉を引用します。

U.W.F.最強の真実 (BLOODY FIGHTING BOOKS)
 U.W.F.最強の真実 より

宮戸
高田vs山崎なんていうカードは、新生UWFで何回もやっていて、別に目新しいカードでもなかったし、「高田さんが山崎さんあたりをライバルにしていては絶対にダメなんだ」と思っていた。高田さんにはもっともっと上の世界という舞台に躍り出てもらいたいという気持ちがそこにあった。


新日の若手時代から、

ユニバーサルプロレス、
ユニバーサル時代の名勝負数え歌

新日ジュニア戦線、

新生UWF、

そしてUインターと何度も対戦してきた高田延彦山崎一夫

多くのプロレスファンが“ライバル”として観ていた二人ですが、

Uインター絶頂期に行われた試合を振り返ると、

一つの真実が見えてきます。

時は1993年4.10 大阪府立体育会館

高田延彦vs山崎一夫
です。
高田延彦vs山崎一夫

more...

tag : 高田延彦 山崎一夫 宮戸優光

宮戸語録 vol.15~Uインター旗揚げ20周年記念~

今年はUWFの三派分裂からちょうど20年。

まもなくUWFインターナショナル旗揚げ記念日を迎えます。
Uインター旗揚げオープニング

新生UWFが三つに分かれた中で、

私がなぜUインターと言う団体を選んだのか。

それはもちろんT・バービックとの格闘技世界一決定戦(参照:本当の意味での真剣勝負プロレスとプロボクシングとルール最強ノ男、覚醒スル。)で爆発した、

高田延彦の魅力に他ならないのですが、

それ以前に団体の方向性、

藤原組RINGSと違って、

必要以上にこだわった“プロレス最強”の理念にあります。

それは“Uインターの頭脳”宮戸優光が描いた理想郷の形でした。
宮戸優光①

20年の月日を経た今、

その理念を振り返って見ましょう。

more...

tag : 宮戸優光 高田延彦 安生洋二

悪いけど、折れない。

『レスリングどんたく』でのIWGP戦、

中邑真輔は敗れました。

試合内容に関しては、

間違いなく好勝負。

しかし名勝負と呼べたかどうかは、

それぞれの胸のうちによるでしょう。

私の中では好勝負止まりでした。

 新日公式 より
レスリングどんたく 2011 | 05/03(火) 15:00 福岡・福岡国際センター

中邑
「何度も同じこと、言わしてもらおうか。いいんだろ、また立ち上がれば。悪いけど、折れないんでね。折れないんで、俺の心は。こんなクネクネしてるんでね。近いようで遠い、近いようで遠いIWGP。前向いてれば、いつも傍までやって来る。だがそれを抱く事は、今の俺には出来ないみたいだね。また帰ってくるよ、タイトルマッチ」


強がりからの言葉なのか?

本当に図太く言い放ったのか?

疑問ではありますが、

本当に心の底から言ってるのなら、

中邑にとってのIWGPって何なんだろうな? と思います。

more...

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 IWGP

さぁ、いよいよDONTAKUです。

無視してた訳じゃあないのですが、

『レスリングどんたく2011』

いよいよ本日、開催です。

 新日公式 より
中邑、棚橋と視線合わさず! 5.3『レスリングどんたく』前日、IWGP選手権ヒリヒリ調印式!!
DONTAKU調印式


調印式と囲み会見、

互いに意識しまくりの内容です。

more...

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 IWGP

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード