中邑の特訓に思う

北海道に住んでいる私にとって、

一日遅れで発売される東京スポーツの早刷り情報としても、

利用させて頂いてる123daさんの記事を見て購入して来ました。

 見たくない奴は見に来るな! より
中邑がG1制覇に向け猪木、木戸ら昭和レスラーがやってきた過酷なトレーニングを敢行!

中邑選手は午後2時頃の最も日差しが照りつける時間に、道場の窓をすべて閉め、大型扇風機を止めるとトレーニングを開始したそうです。
みるみるうちに道場内の気温が上がり、呼吸をするのも難しい状態。熱中症、酸欠状態になりかねないと書かれています。


今月、多くの記事を書いてきた中邑真輔の、

G1前の特訓風景なんですが、
中邑特訓@東スポ

新日道場の原点に立ち返っての、

蒸風呂地獄!!

記事には前田、新間氏のコメントにもありますが、

今や伝説とも言えるこの練習風景(参照:旧・畠山みどり邸)には、

様々なエピソードがあります。
新日道場訓

more...

tag : 中邑真輔 山本小鉄 新日本プロレス70’S

何度も何度も恐縮ですが…

休日につき、

かなり読み進めることが出来たんですが、

いやぁ…本当、面白い!!

猪木本です。
猪木50周年本下巻

結局、みんな猪木について語ってるんですが、

突き詰めていくと、

プロレスを語ってるんですよね。

…という事は、

やっぱり『プロレス=猪木』なんですね。

more...

tag : アントニオ猪木 蝶野正洋 天龍源一郎 小川直也

11ヶ月経過!! イレブン・マンス・パースト!!

今日は休日。

涼しい風が吹いております。

そんな中、

子レガも今日で11ヶ月を迎えました。

もう既にハイハイと掴まり立ちは極めているのですが(参照:9ヶ月からのレガース)、

とにかくいたずらが凄まじいです(笑)。

more...

tag : 親バカ

読み応えア~リ・ボッマイェ♪

猪木本…かなり良いですな(参照:猪木本)。

猪木50周年本下巻
 アントニオ猪木50years 下巻 永久保存版 1986年~―燃える闘魂50年

特にインタビューなんですが、

私の場合、

聞き手によって興味が変わって来るんですけど。

今回で言えば、

天龍×小佐野さん

長州×GK


…はもちろんですが、

前田×波々泊部氏

これ素晴らしい。

more...

tag : アントニオ猪木

発言を深読みして何が悪い!!

月寒での敗戦(参照:月寒大会雑感…7年ぶりの“帰郷”)を経て、

昨日、中邑真輔はプロレスリング・ノアのマットに立ちました。

注目の天才・丸藤正道との初遭遇です。

中邑vs丸藤初遭遇
 新日公式 より
中邑がタッグ戦で丸藤と初遭遇!! 永田は秋山と7年ぶりの対決!!/7月24日プロレスリング・ノア大阪大会試合結果

プロレスリング・ノア創立10周年記念 第2弾『NEW NAVIGATION'10 in Osaka』
7.24大阪府立体育館

第6試合 60分1本勝負
スペシャルタッグマッチ
○中邑真輔、外道(18分23秒・ボマイェ→片エビ固め)丸藤正道、●青木篤志


詳しい試合内容については、

こちらをご参照下さい。

 カクトウログ より
<速報終了>ノア10周年第2弾・大阪府立大会~中邑・永田ら新日本プロレス勢参戦 17時開始


三沢亡き後とは言え、

あの緑のマットでも星を落とさずに帰って来るというのが、

中邑の真骨頂ですよね。

さて…、

この後は、今年20回目のメモリアル大会となるG1クライマックス

問題はその後、

丸腰の中邑はどこへ向かっていくのでしょうか。

先シリーズの公式パンフのインタビューに、

興味深い発言がいくつかあります。

more...

tag : 中邑真輔 丸藤正道 プロレスリング・ノア

猪木本

久し振りに「読みたいっ!!」という書籍が、

発売されました。

猪木50周年本下巻
 
リンクさせて頂いてる2大ブログにも、

感想が書かれておりますが、

 見たくない奴は見に来るな! より
中邑が猪木発言を一部暴露!「時間が経たないと本当の事は言えない・・・」

 躓いて転んでも、また、立ち上がればいい より
真輔ファンはもちろん!この時代を知らない人にも!


近年稀に見る、

読みどころ満載なんですよ。

more...

tag : アントニオ猪木 有田哲平

月寒大会雑感…7年ぶりの“帰郷”

行って参りました、

月寒大会。
会場到着

詳しい内容と試合結果は公式をご覧頂くとして、

 新日公式 より
7/19(月・祝)15:00 北海道・北翔クロテック月寒ドーム


ここでは会場に居た、

私なりの観戦記。

…というより雑感ですな。

だらだらと思い出すままに書き綴りますんで、

あまり期待せずにお付き合い下さい(笑)。

more...

tag : 新日本プロレス2000~

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 7~(2010)

いよいよ、このシリーズ最終回となります。

なかなかコメントを頂く事が出来なかったんですけど、

この中邑防衛戦シリーズは、

自分なりに睡魔と闘いつつ、

頑張りました(笑)。

結局、

このモチベーションはどこから来たかと言いますと、

とにもかくにも明日…7年ぶりの生観戦(参照:二枚でどうだ!)をするところまで、

自分自身のプロレスファン度を戻せた事を、

再確認する為と、

これまでプロレスを見捨ててしまっていた自分としての、

せめてもの“罪滅ぼし”、

…とまで言ったら大袈裟ですね。

ま、試合に行きましょう。

2010年5.3 福岡国際センター

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs真壁刀義

中邑真輔vs真壁刀義

前年秋の王座決定戦(参照:中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 0~)の再戦です。

入場して来た挑戦者の真壁は、

いつもに増していい表情。
気合満点の真壁

一方、王者の中邑は、

何かオーラがない感じです。
中邑は…

more...

tag : 中邑真輔 真壁刀義 IWGP

足寄にて

透き通るような青空。

現在、

松山千春の故郷に来ております。
足寄!

more...

tag : 松山千春 足寄

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 6~(2010)

中邑真輔の防衛ロードを振り返るシリーズ、

いよいよ佳境に入って参りました。

その6度目の防衛戦の相手は、

同い年であり、同期であり、前パートナーだった、

後藤洋央紀です。

ファンの方には申し訳ないのですが、

この後藤という選手、

私としてみれば棚橋以上に思い入れのないレスラーといえます。

一昨年のG1なんかを見てると、

勢いに乗ると、

アベレージ以上のものを発揮する選手というのは分かるのですが、

現在のランクについて言うならば、

いかんせん柴田勝頼(同級生)が抜けた事による“繰上げ当選”じゃないかと。

そんな選手との試合。

2010年4.4 後楽園ホール

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs後藤洋央紀

中邑真輔vs後藤洋央紀

青学と国士舘。

大学が同期のアマレス出身の二人、

スタートは後藤の片足タックルからです。
後藤一発目の片足タックルは、

more...

tag : 中邑真輔 後藤洋央紀 IWGP 真壁刀義

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 5~(2010)

1.4ドーム、中邑真輔の激闘の直後、

彼以外には到底思いつかないタイミングで、

挑戦者に名乗り出た中西学
中西らしさ全開の挑戦表明

これまでの中西のプロレス人生では、

その生まれ持ったポテンシャルとは真逆に、

プロレスに対する考え方がズレまくっていました。

中西がそのポテンシャルを本当に発揮したのは、

私の独断ですが、

唯一ボブ・サップ戦だけだったと思います。

あの試合はサップ自身においても、

(A・ホースト戦の何倍も)持ち味を発揮出来たベストバウトだったと思います。

それ以外、例えば第三世代で最初にG1を制した事も、

所詮フロックに過ぎず、

何を思って焚き付けに乗っかったのか分からない、

藤田とのアルティメット・クラッシュやK-1への挑戦に至っては、

中西自身どれだけプライドがないかの表れでしょう。

そんな中西史上において、

屈指の名(迷)勝負がバレンタインデーに展開されました。

2010年2.14 両国国技館

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs中西学

中邑真輔vs中西学

何度かのロックアップから始まった試合は、

エルボーの打ち合いを経て中西が、

そのファイトスタイルからは想像もつかない、

高い打点のドロップキックを放ってから動き出しました。
打点の高い中西のドロップキック

手四つから差し合いになると、

中西はすぐにクラッチを結び、

左足をフックしてこらえる中邑を、
クラッチを結ぶと、

フロント・スープレックスで一気にぶっこ抜きました。
一気に引っこ抜く

さらに奇天烈な持ち技の一つ、マッケンロー。
マッケンロー

ここから中西の“ボマイェ封じ”の足殺しが始まります。

more...

tag : 中邑真輔 中西学 IWGP

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 4・後編~(2010)

中邑真輔のIWGP防衛戦を振り返るシリーズ、

やはり高山戦だけは、

長くなってしまいました。

前編からの続きです。
さぁ反撃だ!!

中邑は反撃に転じると、

高山の巨体を一気にジャーマンで投げ切って、

そのまま綺麗な人間橋。
高山の巨体をきれいに投げきる

しかしこれはカウント2。

矢継ぎ早に飛びつき逆十字を決めて、
飛びつき十字成功

高山の右腕を伸ばして行きます。

脱出されると、

右腕を狙ってのミドルキック連打。
右腕へのミドルキック、

高山の表情も苦痛に歪みますが、

何とかキャッチして膝蹴り。
蹴りを受け止めて膝蹴り

この一発で、また主導権が移ります。

今度は返されまいと、

高速式のバックドロップで、

中邑を真っ逆さまに落とします。
高速バックドロップ

すかさず対角線コーナーに振って、

串刺しジャンピングニーパット。
串刺しニーパットから、

おとなしくお客様役を全うする様な、

高山善廣ではありません。

more...

tag : 中邑真輔 高山善廣 IWGP 中西学

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 4・前編~(2010)

IWGP奪取後、3度の防衛戦で、

王者としての基盤を築いた中邑真輔

新日本プロレス年間最大の興行である、

“1.4ドーム”のメインも当然任される事となった訳ですが、

通常のシリーズ最終戦とは異なる特別な相手が必要でした。

武藤、小川、ジョシュ、秋山準、健介…

名だたるレスラーが候補や噂に上りましたが、

自ら名乗り出たのが、

“帝王”高山善廣でした(参照:帝王からの宣戦布告)。

中邑のデビュー当時から濃い関係を築いてきた高山は、

最初のIWGP戴冠時の初防衛戦(参照:闘魂の重圧~前編~~後編~)で、

ボロボロに潰された過去を持つ因縁深い挑戦者でした。

その時の膝蹴りが、

ボマイェのルーツに他なりません(参照:ボマイェ考)。
さらに膝!!

2010年1.4 東京ドーム

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs高山善廣

中邑真輔vs高山善廣

more...

tag : 中邑真輔 高山善廣 IWGP

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 3~(2009)

前王者の棚橋を退けた中邑真輔(参照:中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 2~)が、

自ら逆指名した挑戦者は、

IWGP連続防衛記録を持つ永田裕志でした。

既に青義軍の大将…泣き虫先生として(参照:遅れて来たカマンベイベ! vol.2)、
青義軍劇場29

メインストーリーから外れつつあった永田を、

敢えて選んだ理由は、

防衛記録という数字ではなく、

実は最も厳しい時代に勝ち続けた“揺るぎない強さ”にありました。

その辺は最後に書くとして、

2009年12.5 愛知県体育館

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs永田裕志
です。
中邑真輔vs永田裕志

青義軍を随えて入場の永田と、

矢野を帯同した中邑。
対峙する二人と両軍

黒と青の対角線上です。

試合は永田が先に仕掛けます。

インロー一発から、

差し合いに行くと、
差し合いになると、

すぐにクラッチを結びます。
断然永田は強い、

中邑はロープへ。
中邑はすぐにロープへ

この辺はさすが89年グレコ全日本大学王者ですね。

中邑はブレイクの際に前蹴りを放ってきた永田に、

強烈な張り手をお返しすると、
強烈な張り手

徐々に永田の顔色は変わってきます。

more...

tag : 中邑真輔 永田裕志 IWGP

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 2~(2009)

中邑真輔の、

2度目の防衛戦に即座に名乗りを上げたのは、

前王者の棚橋弘至でした。
名乗り出た棚橋をあしらう

棚橋がベルトを手放した直接の原因は、

中邑のハイキックでした(参照:)が、

あくまでアクシデント~怪我による不可抗力。

その後にベルトを持った中邑はあくまでも、

「暫定王者」にすぎないと。

中邑も当然、避けて通るつもりはなかったでしょう。

何より二人には団体内でのイデオロギー闘争がありました。

名勝負…と言って違いないでしょう。

2009年11.8 両国国技館

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs棚橋弘至

中邑真輔vs棚橋弘至

ゴング早々、激しい打撃戦を仕掛けて行ったのは、

棚橋の方でした。
試合は激しい打撃戦から

掌打とエルボーの打ち合い。

意外に思えるかも知れませんが、

実は棚橋って、

パンチの当て勘とパンチ力に優れてるんですよね。

私自身忘れられないのが、

2003年10.13東京ドームのイリミネーションマッチで、

鈴木みのるを張り手一発で止めてしまった場面なんですよね。

舐めてた部分もあったと思いますが、

何気なく打った棚橋のフック(オープンハンド)を、

モロに食った鈴木は足に来てましたからね。

さらに中邑の鋭いタックルには、
中邑のタックルには、

しっかり反応しています。
しっかり反応する棚橋

基本中の基本、

サイドヘッドロックも完璧です。
教科書通りのヘッドロック

以前も書きましたが、

私は棚橋がメインエベンターでいる事について、

何ら疑問はありません。

ただ“トップの器ではない”というだけなんです。

more...

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 IWGP

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 1~(2009)

中邑真輔が突如放った、

“猪木発言”(参照:それぞれの復興への道)の影響で、

わざわざ外敵を迎えてのIWGP初防衛戦が、

ほとんど話題に上ることなく、

当日となりました。

2009年10.12 両国国技館

この日は蝶野正洋のデビュー25周年記念興行(参照:「何がアントニオ猪木じゃ!!」AGAIN)。

挑戦者は闘魂三銃士つながりから、

橋本が興したZERO-ONE(現ZERO1)のエース、

大谷晋二郎です。

私個人としては、

ZERO-ONEという団体に最後の夢を見て(参照:戦略ある団体~前編~~後編~)、

大きく裏切られてプロレスに対する愛情を失う決定打を受けたのですが、

その辺はまた別の機会に記します。

両者にとってのIWGPとは、
IWGPとは?

表現方法は違えど、
中邑にとっては…

最強=最高の証なのでしょう。
大谷にとっては…

大谷にとっては、

蝶野の記念大会に華を添える、

橋本真也の代役という意味合いも兼ねています。
忘れられぬアクシデント

IWGPといえば橋本。

橋本といえばZERO1。

その場に出てくるのは、

必然だった訳です。
破壊王を背負って…

IWGPヘビー級選手権試合

中邑真輔vs大谷晋二郎

中邑真輔vs大谷晋二郎

more...

tag : 中邑真輔 大谷晋二郎 IWGP ZERO1

中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 0~(2009)

昨年、中邑真輔がIWGPを奪回し、
IWGP王者、中邑

その防衛戦を重ねて行く事で、

私は再び新日本プロレスを見ていくきっかけをもらいました。

具体的に言うと、

くすぶっていた思いが、

中邑のお陰で帰る決心がつき、

早速スカパーの『テレ朝ch』を契約。

『ワールドプロレスリング完全版』にて、

その防衛ロードを追って行く事が出来た訳です。

そして現在、IWGPのベルトは真壁刀義の腰にあります。

その二人が、

今月19日の月寒大会において闘います。

昨年9月、この二人から始まったIWGP…中邑の流れを、
グラウンドの攻防で、

私なりに振り返ってみようと思います。

more...

tag : 中邑真輔 真壁刀義 IWGP G1クライマックス

二枚でどうだ!

午後の仕事、

一軒目のお客様を終えたその足で、

中央区へ。

目指すは2つのプレイガイド。

結局、座席表を見て、

大○プレイガイドでリングサイドを2枚購入。
チケットと、当日私が着てるTシャツ

それにしても…大会まであと3週間弱ですが、

more...

tag : 真壁刀義 チケット

プロレス界のCMキング、その原点(1990)

7月に突入しましたね。

まさに夏本番!!…というか、

北海道に住んでるはずなのに、

6月の時点で気温30度超えって!!

これ以上暑くなったら死ぬだろ!!

…そんな事ぁねーか、ダーハッハッ。

夏といえば、

露出も増えますが、

20年前は6パックから8パックに、

パキパキ割れていた私の腹筋も、

今じゃ見る影もなく、

嫁からは「年々、腕細くなってくね」とダメ出し。

なんとかせにゃ…と。

とりあえずこちらをどうぞ。

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
昭和のヒーローとコラボ企画!!“流星仮面”マスクド・スーパースター(プロレスラー名鑑・番外編)


(リンク先で)見てみぃ!! この分厚い胸板!!

(リンク先で)見てみぃ!! このぶっとい首!!

(リンク先で)見てみぃ!! この隆起した僧坊筋!!

よ~し!! もう一度鍛え直すかぁ!!

これでも買おう!!
「パワートレーナーをお勧めします」

more...

tag : 蝶野正洋 パワートレーナー

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード