早熟かっ!

いや予想以上に面白いですよ。

今月のkamipro
kamipro No.146(エンターブレインムック)

帰って来てからパラパラと流し読みしようと、

トイレで○○○の途中に読み始めてから、

一気に『甦れUインター外伝』(相変わらずUインター最高!!)と、『北斗のインタビュー』(改めて…この人は凄いですよ)を読みきってしまいました。

さらに先程、

井上小鉄氏の記事『UWFインターで何が起こっていたのか?』も。

雑誌買って、こんなペースで読み出したのは久しぶりです。

プロレス界って、こんなにいろんな能力が潜在してるのに、

なぜ低迷してるのか???

不思議になってきましたよ。

そんな事考えながら入浴。

more...

スポンサーサイト

tag : 親バカ UWFインターナショナル 北斗晶

いつかまた…

本当に何度も何度も、

読み返しています桜庭本。

冒頭の桜庭インタビュー、

以前も書いた様に、

聞き手の井上小鉄氏が良い仕事すぎて、

これまで明かされなかった“本音”が、

次々と語られています。

特に高田道場について…

高田との訣別ですね。

オブラートに包まれながらも、

そこには確かに桜庭の本心が透かし出されています。
高田vsハシミコフ戦にて

高田にとって世界に誇れる弟子であった桜庭

桜庭にとって最高に信頼出来る師であった高田
スパー3

なぜ二人は突然、

別々の道を歩き出してしまったのでしょう。

more...

tag : 高田延彦 桜庭和志 井上崇宏

デンジャラス・クイーン

実に今月は内容が良さそうです!!

kamipro No.146(エンターブレインムック)
 kamipro No.146 より

表紙は……すべてを語ったデンジャラス・クイーン、北斗晶!

■プロレスから格闘技へ、UWF系は過渡期のダイナミズムだった
☆あの大好評企画が帰ってきた!
最強最狂のプロレス団体UWFインター外伝
金原弘光×高山善廣×エンセン井上

☆90年代、なぜプロレスラーはシューターだったのか?
田村潔司 インタビュー
「UWFバカ一代」

☆関係者がいまだから明かす最強団体の実体
UWFインターで何が起こっていたのか?


ここへ来て、

何度目かのUインターブーム到来でしょうか?

今号のUインター記事は、

かなり濃そうです。

それと90年代特集、

表紙は現・鬼嫁の北斗晶ですか。

私自身、

女子プロへの思い入れは無に等しいのですが、

あの時代のプロレスファンなら、

女子の対抗戦ブームを忘れられないでしょう。

そのハイライトは北斗vs神取しのぶですよね。

more...

tag : 北斗晶 UWFインターナショナル kamipro

夢の空間と現実の闘い

凄い!!

…の一言でしょう。

立嶋頑張る!!田村も続け!!
 GBR より
【タイタンズ】レジェンド対決は立嶋篤史がヒジで勝利!小暮智はタイトル防衛

▼第10試合 フェザー級 3分5R
○立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元・全日本フェザー級王者)(TKO 3R26秒 ※ヒジによるカット)●深津飛成(伊原道場/元・日本フライ&バンタム級王者)

元・日本バンタム級チャンピオンの深津が2007年10月以来、約2年半ぶりに復帰し、昨年9月20日に6年3カ月ぶりの再起戦を行った立嶋と激突する。

立嶋のセコンドには田村潔司(一昨年の大晦日『Dynamite!!』での桜庭和志戦で立嶋がセコンドに就いた)と、かつてこの後楽園ホールで立嶋と激闘を繰り広げた中島貴志が就く。

一方、深津のセコンドには武田幸三の姿が。コール時、立嶋が恒例の居合い切りパフォーマンスをやると、深津はその前に仁王立ち。


キックを長いスパンで見続けてきた人には夢の空間だったでしょうね。

さて田村、

間違いなく刺激を受けたでしょう。

UWFのプロレスリングを長いスパンで見続けてきた人々に、

まだまだ夢を与えて欲しいものです。

tag : 田村潔司 立嶋篤史

追悼・愛すべきUインター常連ガイジン

先日、ROSESさんから頂いたコメントで、

Uインターの常連ガイジンであったトム・バートン(トーマス・バートン)の訃報を知り、

いろんなサイトを回ってみましたが、公式的な発表はなく…

結局、見つけたのは金原弘光blogのみでした。

 金ちゃんのドンとやってみようGT より
2010年04月10日 訃報

トム・バートンの突然の訃報に驚いています。

Uインターの頃、何回も試合をしたし、一ヶ月くらい日本に滞在したこともあるから、いろんな思い出があるんだよね。

とりあえず、今安らかに眠って下さい。

ご冥福をお祈りします。


文中にもありますが、バートンといえば、

何度も何度も金原や高山と、

前座で当たっていた印象が強く残っています。

しかし、日本デビューは何と、
高田のローに悶絶

more...

tag : 訃報 トム・バートン トーマス・バートン 200%マシン

NO THEME MUSIC, NO LIFE

新年度に入ってから、

何だか冴えない毎日で、

色々あって仕事も不振。

そんな中で、

外回りの車が変わって、

上司のお下がりに…。

でもそれにはMDコンポが付いていて、

早速、書棚の奥から、

“UIMD”(参照:UIMDへの道~その①~~その②~~その③~~その④~)を引っ張り出して、

今朝の出勤からかけ倒しましたよ。

一気にアガリまして、

契約1件決まりました。

平凡な日常に、

行き詰った時に、

プロレス・テーマ曲をどうぞ。
高田の入場

(参照:高田延彦入場曲イッキ!! 、 Uインターテーマ曲リスト(若手編)(中堅編)(ガイジン編))

tag : テーマ曲

Yoji Anjo Is Alive vol.12~ラッパ先生の功績~

何度も読み返す価値ある一冊。

それが、

 MMA Legend No.3(エンターブレインムック)
MMA Legend No.3
です。

これを読んで、

ボーウィーとの練習で打撃の間合いを身に付け、

エンセンとの練習で柔術のポジショニングを学び、

安達さんとの練習でレスリング技術に磨きをかけた。

これらによって、

後年、花咲いたUインター勢の強さへの求道ぶりを、

改めて知った次第ですが、

それらの基礎…根っ子の部分ですね、

これはやっぱり安生とのスパーリングだと思うんですね。

久々の『Yoji Anjo Is Alive』…行ってみましょう!!
安生シリアスモード

more...

tag : 安生洋二 宮戸優光 金原弘光 桜庭和志

Uインター最強の功労者

面白い!!

実に面白い。
MMA Legend No.3(エンターブレインムック)
MMA Legend No.3

何度も読み返しています。

私の独断ですが、

桜庭インタビューは近年一番の内容です。

田村戦直前の時にも思ったんですが(参照:桜庭の本音)、

井上小鉄氏はサクのインタビュアーとして、

現時点、ナンバーワンですね。

これは藤本氏や前kamipro鬼畜編集長を超えてますね。

やんわりとアンタッチャブルな質問をぶつけて、

サクも遠回しにアンサーを出す…

この絶妙の間。

素晴らしい。

他にも田村関連の記事。

ここはやっぱりクマクマンボの右に出る者がいませんね。

近年稀に見る桜庭本だと思います。

more...

tag : ボーウィー・チョーワイクン

エンセン井上が語ってたUインター道場

昨日、やっと購入出来ました。

MMA Legend No.3(エンターブレインムック)
MMA Legend No.3

今夜は熟読中につき、

手を抜かせていただきます。

本書にも、

エンセン井上のインタビューがありますが、

数年前に別なMOOKで、

Uインターを語った記事がありましたので、

かつて紫レガインターにUPしたものを、

コピペで再掲します。

興味のある方だけどうぞ。

more...

tag : エンセン井上

男が惚れる男(1993)

私が少年時代に一目ぼれしたのが、

河合その子なら(参照:永遠の少女)

亀井先生じゃないけど(参照:さらば、無我よ)、

男として男に惚れたのは高田延彦です。

前回記事でのaliveさんのコメントから、

YouTubeで、その高田が最も輝いてた時代の動画を観ることが出来ました。


Uインターの唯一にして看板タイトルだったプロレスリング世界ヘビー級選手権(参照:チャンピオンベルト・ワールド(番外編)~プロレスリング世界ヘビー級)の初防衛戦。

そのハイライトはもちろん当時の現役世界王者同士の一戦となったスーパー・ベイダー戦(参照:真冬の奇跡~前編~~後編~)ですが、

その前に行われた初防衛戦です。

とにかくこの試合、

当時の高田のカッコ良さが凝縮されてるんですよ。
アップ中の高田

相手はUインター初参戦の元IWGPヘビー級王者、
柔軟するハシミコフ

迎え撃つ高田は体調不十分ながら、
桜庭相手にキックの最終確認

この強豪を余裕を持って料理します。
ハシミコフのシャドータックル

テーズ、ホッジ、ロビンソンが並ぶリング。
Uインターの世界選手権独特の緊張感

このタイトルマッチの重厚感は、

Uインターが平成マット随一でした。

ハシミコフの意表を突いたリアクションを前振りに、
突然ベルトにキス

1993年7.18 両国国技館

プロレスリング世界ヘビー級選手権試合

高田延彦vsサルマン・ハシミコフ

高田延彦vsサルマン・ハシミコフ

ゴングです。

more...

tag : 高田延彦 サルマン・ハシミコフ プロレスリング世界ヘビー

秀彦っ!?

引っ張って引っ張って、結局…

 kamipro.com より
吉田秀彦、引退試合の相手は中村カズに決定!!

4月1日正午より、都内ホテルで4・25「吉田秀彦引退興行 ASTRA」日本武道館大会の記者会見が行なわれた。発表されたカードはメインの吉田秀彦引退試合、吉田vs中村和裕、長南亮vsチャ・ジョンファン、小谷直之vsホルヘ・マスヴィダル、中村大介vs天突頑丈の4試合。これで既報4カードと合わせ、全8カードが決定した


う~ん…そうですかそうですか、はい。

ま、散々煽った私ですがね(参照:うっすらと闘いたい相手草食系キヨシ(?)40歳、二つの道。難しい交渉を強いられる選手それでも僕はやって欲しい)、

田村を選ぶ事は260%ないと思っていましたよ。
ガッチリ握手

しかし普通にカズになるとはね…

言っときますが、

これ高田vs田村(参照:UWFインターの最終話)とは全く性格の違うものですからね!!

これもPPVはパスしますわ。

それより楽しみが一つ。

more...

tag : 田村潔司 桜庭和志 吉田秀彦 安達巧

永遠の少女

「帰って来たぜーーーーーーっ!!」(鈴木みのる風シャウト)

いや、驚きましたよ。

もう2度と会えないと思っていた、

“永遠の少女”が目の前に現れたんですから。

 資生堂ホームページ より
IN&ONのTVCM集。


more...

tag : 河合その子

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード