FC2ブログ

ボマイェ返し返し

中邑、防衛のようですね。

予告通りPPVは観ませんでしたので、

試合のことをとやかく言うのは1ヶ月後(?)の、

『ワープロ完全版』を観てからにしましょう。

実際に観戦した方、カクトウログさんの記事、

『<速報終了>新日本プロレス2・14両国国技館大会~中邑×中西、棚橋×矢野、永田×TAJIRI』に大会の詳細は載っています。

ぜひそちらをご覧下さい。

そして、

中邑のコメント…今回もいいですね。
中邑V5

more...

tag : 中邑真輔 中西学 IWGP

佐野さん最強!!(1995)

週プロをナナメ読みしてみれば、

ノアでタッグリーグ戦が開催されていた模様です。

その優勝チームが、

何と高山善廣佐野巧真じゃないですか!!
高山と佐野
 スポーツナビ より
プロレスリング・ノア「The First Navig.'10」第6試合

▼グローバル・タッグリーグ戦 優勝決定戦
高山善廣、○佐野巧真(24分5秒・顔面へのローリングソバット→片エビ固め)杉浦貴、●谷口周平

高山
「一言だけ。佐野さん最強、かっけーっす!」


この二人、Uインター出身同志。

ノアのファンや、今のファンの方たちの記憶には無いでしょうけど、

私のようなUインター者には、

忘れられない凄絶な死闘が記憶にあります。

それは高山が、

まさに若手から中堅への階段を昇り始めた頃。
高山入場

迎え撃つ佐野も、

脂が乗り切っていた時代です。
佐野入場

1995年8.18 東京ベイNKホール

佐野直喜(当時)vs高山善廣

佐野直喜vs高山善廣

そう、それは、

田村潔司「真剣勝負」発言があった日の第3試合です。

2ヶ月前に山崎を破って勢いに乗る高山は、

ゴングと同時に攻め立てます。

長い脚から繰り出されるローキック。
先手は高山のロー

長いリーチからの掌打。
さらに掌打から、

しかしこれは、

衝撃のフィニッシュへの序章に過ぎませんでした。

more...

tag : 佐野直喜 高山善廣 プロレスリング・ノア

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード