混沌の中の鉄拳(2004)

アントニオ猪木中邑真輔

二人の関係を考えるにあたって、

最も象徴的な出来事があります。

2004年11.13 大阪ドーム

闘魂祭り


中邑が現在組んでいるユニット名がCHAOS=混沌ですが、

とにかく、この大会ほど混沌としたリングはなかったでしょう。

当初、ファン投票で選出されたメインのカードは中邑vs棚橋のシングルマッチでした。

ところがチケットの売上が伸びずに、

テコ入れの為にカードを一任された猪木が仕掛けたのは、

互いに否定していたはずのハッスルからの選手レンタルという事態でした。
猪木の強権発動で、

かつての暴走王の姿とは打って変わった“キャプテン・ハッスル”小川直也が、“ハッスルK”川田利明を従えて登場。
キャプテンハッスル参戦

彼ら…いや小川の目的は試合ではなくハッスルの布教=ハッスル・ポーズでした。

対戦相手の天山棚橋は心ここにあらず。
天山のモンゴリアン炸裂

特にメインから格下げされた棚橋は見るからにやる気を失っており、

小川が繰り出す「スリー、ツー、ワン…」からの足払いにきれいな受け身をとり続けるだけで、
しょっぱい足払い

最後はハッスル軍の合体技に、ジョバーまで引き受けました。
俺ごと刈れ

そしてこの後が、まさしく“混沌”の始まり。

more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 中邑真輔 小川直也 藤田和之 ケンドー・カシン 中西学

仰天!! 平成二十一年の猪木越え宣言

昨日、IWGPヘビーを奪還した上で、

遂に猪木に挑戦状を叩きつけた中邑真輔(参照:それぞれの復興への道)。

一夜明けて、会見での発言を拾ってみましょう。

改めて前日の発言の真意を語っています。

IWGP王者、中邑

more...

それぞれの復興への道

期せずしてメジャー3団体が、週末にビッグマッチを開催しましたね。

それぞれの団体のカラーがはっきりした内容だったようです。

注目のカードの結果を一個ずつピックアップしてみましょう。

船木vs鈴木

潮崎V1

more...

tag : 中邑真輔 IWGP 船木誠勝 鈴木みのる 潮崎豪 齋藤彰俊 全日本プロレス プロレスリング・ノア

アイアンクロー継承者

本日、愛息“子レガ”の1ヵ月検診に行ってまいりました。

小児科の先生曰く、

「異常なし、きわめて優良です」

と。

さらに、

「ズバリ言って、首の力が凄い。(首が)座るのも早いと思います」

と。

芸術的な人間橋が完成するのも時間の問題ですね。

さらには、

「…それから、握力がありますねぇ。ギュッと握った時の力が凄い」

と。

エリック一家が残せなかった伝家の宝刀が、

こんな北海道の田舎に甦るとはねぇ…

おてて

まさにプロレスリングの申し子だ…

tag : 親バカ

誇り高き赤っ恥。(2003)

ボマイェ(参照:ボマイェ考)を語るためには、この試合を思い返さないと意味がないでしょうね。

2003年の大晦日、未曾有の格闘技ブームに乗って、

前代未聞の地上波3局同時中継で、

PRIDE、K-1、猪木祭が三つ巴の視聴率戦争を繰り広げました。

新日本プロレスとしての立ち位置は当然、猪木祭への協力。

…と思われましたが、

この時点でのIWGP王者=団体の頂点に立つ中邑真輔はたった一人で、

K-1のリングに向かっていきました。
史上最大のアウェーへ乗り込んだ真輔

視聴率戦争においては無条件に一番となるであろうこのイベント。

なぜならメインでは第64代横綱の曙が、当時のスーパースターに最も近い存在のボブ・サップを相手にK-1デビューするという、

とんでもない“見世物”が待っていたからです。

その“見世物”の直前…セミファイナルに、中邑がプロレスという“文化”を背負っての出陣。

K-1の新星と、総合格闘技という名の“21世紀型異種格闘技戦”に臨んだのです。
K-1vsプロレス…って逆だろ!!

IWGPのベルトを肩にかけての入場は悲壮感溢れるものでした。
若くしてこの悲壮な覚悟

その意味のひとつには、

年末に発売されたとある書籍に対する意地でもありました(参照:中邑真輔待望論)。

2003年12.31 名古屋ドーム

K-1 Premium Dynamite!!

中邑真輔vsアレクセイ・イグナショフ
です。
中邑真輔vsアレクセイ・イグナショフ

more...

tag : 中邑真輔 アレクセイ・イグナショフ Dynamite!!

マグロ魂、再び。

明日は戦極ですか。

いよいよ泉浩のデビュー戦(参照:安生洋二先生)ですね。
デビュー前日の泉

 kamipro.com より
本人公認、泉のテーマ曲は長渕剛!! 『戦極~第十陣~』前日会見


「泉です。今回、『戦極』に参戦を決めてから約3ヵ月っていうあいだを一生懸命やってきた証しを明日の試合では出せればいいなと思いますし、自分にとっては今回の『戦極』のテーマである“新たなる幕開け”、ボクの中では初陣なので、なんとしても勝ちを収めていきたいなと思います。精一杯闘ってみたいと思います。よろしくお願いします」

(対戦相手のナンセンの印象は?)これといって何も……」

(ナンセンは打撃勝負を望んでいるが?)どっちがいいですかね? まあ、打撃戦でいくかは試合の様子を見て決めたいと思います。相手の挑発に乗るのではなく、いろいろと考えもあるんで、いまのところはフィフティ・フィフティ。あくまでも勝ちにこだわっていきたいと思ってます」



more...

tag : 泉浩 アンズ・“ノトリアス”・ナンセン

ボマイェ考

久方ぶりに技トーークをお送りいたします。

中邑真輔の一撃必殺となりつつある、

膝蹴り…そう、ボマイェについてです。
後頭部へのボマイェ

私が新日をちょっと見送っている間に、

中邑は矢野通らとヒールユニットを結成し、

ストロングスタイルの復興を掲げました。

その象徴的な必殺技として、ボマイェは誕生した訳です。

 週刊プロレス №1490 より

中邑
「ヒザ蹴りっていったらそれまでは受けるの専門でしたからね。それを逆転の発想で。どうすればいちばん角度的に入るかなんていうのは、自分が受けてきてるんで。それは非常によくわかってるつもりなんで」


確かに中邑はプロレスと総合の試合において、自身の武器である両足タックルを放つ際に、

何度もカウンターの打撃を食うという痛い目に遭ってきました。

プロレスでの必殺技誕生には、

いくつかのパターンがあります。

more...

tag : 中邑真輔 高山善廣 アレクセイ・イグナショフ ジャンボ鶴田 坂口征二 キラー・カーン 武藤敬司 ボマイェ

元祖柔道王の強さ(1986)

いよいよ石井慧のプロデビュー戦が決定しましたね。

 kamipro.com より
石井慧、総合デビュー戦の相手は先輩・吉田秀彦に決定!!

石井
「柔道時代から尊敬していた先輩である吉田先輩と闘えるのは幸せなことだと思います。その先輩のアゴの先端にパンチを打ち込みたいと思います(笑)。エキサイティングな試合をします」

吉田
「この一戦で総合格闘技の難しさを教えたいと思います。パンチを入れると言っていましたが、そう簡単に当たるもんじゃない。精一杯やって勝ちに行きたいと思います」


総合の実力が未知数な石井の緒戦に、

ネームバリューは申し分ない吉田を持ってきたということで、

大晦日(?)の地上波放送は間違いないでしょう。

これで私の希望したカードはいったん消えました(参照:時事ネタ書いてもいいですか?)。

気がつけば総合格闘技の世界において、

現時点で多くの柔道出身者…しかも五輪メダリストや全日本王者がいることに驚かされます(参照:安生洋二先生)。

しかし、その草分けといえば、

“世界の荒鷲”こと坂口征二をおいて他にはいないでしょう。
“世界の荒鷲”坂口征二


more...

tag : 坂口征二 高田伸彦 山崎一夫 UWF軍団

若さの特権(1986)

ちょっと遅くなりましたが、

越中詩郎がデビュー30周年の記念試合を行った模様ですね。

 kamipro.com より
越中詩郎デビュー30周年記念大会永田&ライガーが大ハッスル、継続参戦も!?


越中と言えば当然、高田延彦の名が出てくるわけですが(参照:伸彦とエッチュー)、

二人が闘った日々と同じくらい、

いやそれ以上に心に残る場面があります。

私が初めて大会場で生観戦した試合が、そのスタートでした。

1986年11.24 札幌中島体育センター
高田、越中組

ジャパンカップ争奪タッグリーグ公式戦

藤波辰巳、武藤敬司vs越中詩郎、高田伸彦

藤波、武藤vs越中、高田

この急造チーム、実は出場するはずだったブルーザー・ブロディ、ジミー・スヌーカ組のドタキャンによる員数合わせでした。

当時は今よりもはるかに格というものが重くのしかかっていた時代ですので、

さながらこの二人は白星配給係としての役割を担うと思っていました。

ところが、当の二人はやる気満々。
いきなりの奇襲から、

ゴングが鳴る前から、藤波を集中攻撃します。
藤波に集中攻撃

more...

tag : 藤波辰巳 武藤敬司 高田延彦 越中詩郎 ジャパンカップ争奪タッグ

負けられない

“最後の紫レガース”上山龍紀の次戦が決定致しました。
上山vs長谷川決定

 kamipro.com より
10.10DEEPでメガトン王座戦、上山vs長谷川の崖っぷち対決決定

上山
「レベルの高い試合ができると思うので楽しみです。噛み合えばおもしろい試合になると思います。佐伯さんがメインにしておけばよかったと思うような試合をできればと思います」

「DEEPと並行して上がりたい団体もあるので頑張りたいです。
(上がりたい団体は?)いまは言える状況ではないですね。プロレス団体かもしれないです」


相手の長谷川ですが、

私は『やれんのか!』でのマッハ戦しか記憶にありませんので、

「プロらしくない試合だなぁ…」との印象しかありません。

とにかく前戦(参照:負けるな!!)同様に、

勝ってもらいたいです。

その先に見える「DEEPと並行して上がりたい団体」は果たして!?

tag : 上山龍紀 DEEP

ナメられてたまるか同盟(1987)

今でこそ、プロレスがバラエティ番組で取り上げられること(参照:アメトーーク最高!!)は当たり前になりましたが、

かつてはプロレスファンも、プロレスマスコミも、もちろんプロレスラー自身も、

バラエティやお笑いとしてプロレスが取り上げられることに強烈なアレルギーがありました。

もしも、それが少しでもプロレスを蔑視するものなら、

反射的に、そして徹底的に言葉で、態度で、闘ってきました。

それはプロレスを愛する者として、運命共同体ともいえる我々の防衛本能がそうさせたのでしょう。

ご存知、昭和のプロレスファンに様々な波紋を広げた『ギブUPまで待てない!! ワールドプロレスリング』(参照:1987年のクールビズ)
ギブUPまで待ってな~い♪

当時は斬新過ぎたスタジオ撮りのMCはこの二人。
藤井アナと山田邦子

当時、女芸人のトップに立つ山田邦子の衣装が時代を表していますね。

まず、87IWGPの前夜祭においてのインタビューを受けるのは、

これまた当時を象徴するマッチョ系のペイントレスラー、

コンガ・ザ・バーバリアン
コンガ・ザ・バーバリアンが、

藤井アナの「このメンバーでは優勝は厳しいのでは?」という質問に、

隣りのケロの胸倉を鷲掴み。
キレて、

ワンハンドのネックハンギング・ツリー!!
しまったぁ~

大会を盛り上げるための演出的部分も多分にありますが、

身内のケロを見せしめにして、プロレスをアピールしたわけです。

しかし本題は、この直後に起きました。

more...

tag : 馳浩 コンガ・ザ・バーバリアン 山田邦子 藤井暁 ギブUPまで待てない!!

アメトーーク最高!!

期待以上に素晴らしかったです。

ユリオカのドラゴンがメジャーの舞台に躍り出た感慨も大きいです。

やっぱりプロレスはいいなぁ。

同世代の芸人がプロレスを語ってくれるのは嬉しい限りです。

さっそく来週も録画予約しとこう。

関根は…要るのかな?

tag : アメトーーク

新生UWFを通過したということ(2003)

先日の船木復帰戦(参照:闘いを持ってきてくれた船木)を観て、

なぜか思い出した試合があります。

現在、活動停止中(?)のU-STYLEに、

鈴木みのるも所属するパンクラス・ミッションから、

冨宅飛駈が初参戦。
冨宅がU-STYLE初参戦

迎え撃つのはU-STYLEの大黒柱である、

田村潔司です。
迎え撃つ田村

2003年6.29 梅田ステラホール

田村潔司vs冨宅飛駈

田村潔司vs冨宅飛駈

入場から気合満点の表情の冨宅に、
気合満点の冨宅

田村の表情は自然体です。
自然体の田村

軽い睨み合いの後にゴングが鳴ると、

more...

tag : 田村潔司 冨宅飛駈 船木誠勝

三冠戦にも闘いがあった

視聴中に眠ってしまった、

全日国技館大会の後半三試合を改めて見ました。

小橋の出たタッグマッチはチョップ合戦から早送りで見ました。

感想は「すごい」以外は特にありません。

高山vs諏訪魔の三冠戦。

これは本当に「凄かった」。
高山vs諏訪魔

最後の数分間は特にMAXでした。

アクシデントと言ってしまえばそれまでですが、

あれこそが、高山にしか出来ないプロレスの形でしょう。

その前の試合も小橋にしか出来ない形なんですけど…、

私個人の考えですが、

「ああ、いい試合だった」よりも、

「ひどい終わり方だけど、とにかく凄かったなぁ」というのが、

プロだと思います。

tag : 高山善廣 諏訪魔 三冠ヘビー

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード