10月最後の夜に…カタルシスを(1992)

昨日の 宮戸語録 vol.1 での一節。

U.W.F.最強の真実 (講談社+アルファ文庫 G 164-1)U.W.F.最強の真実 (講談社+アルファ文庫 G 164-1)
(2007/12)
宮戸 優光

商品詳細を見る

U.W.F. 最強の真実 より

たとえばファンのアンケートを読んで、そこから思いつくようなマッチメークなんかは、本当は面白いわけがない。それは想像がつくマッチメークということだからだ。みんな一瞬『えっ?』と引くような、そして一瞬遅れて『でも見たいね、それ!』というものでなければ、本当の意味でみんなが驚くようなマッチメークにはならない。

これこそが“Uインターの頭脳”宮戸優光の真骨頂なのですが、その宮戸が最高にして最大の仕掛けをしたといえば、この一戦を置いて他にないでしょう。

高田vs北尾調印式

1992年10.23 日本武道館 格闘技世界一決定戦

高田延彦vs北尾光司

more...

スポンサーサイト

tag : 高田延彦 北尾光司 宮戸優光 UWFインターナショナル 格闘技世界一決定戦

宮戸語録 vol.1

昨日のIGF会見

宮戸イズムの詰まった出陣式となったようですが、そもそも宮戸イズムの原点は猪木イズムであり、今回やっと二つが融合したという形なのであります。

宮戸優光①

Uインターを観てきた人間は、プロレスが低迷した原因として、『プロレス界には宮戸優光が足りない!!』と声高に叫んできた過去があります(?)。

この数年間、完全に外からプロレスを見守りつつ、来るべき日に向けて高円寺でキャッチ・アズ・キャッチ・キャンを培養してきた宮戸。

彼のプロレス哲学は私のプロレス観のベースであり、今後のプロレス界の行き先を左右する重要な意味を持っています。

UWFに限定せずに、宮戸が考えるプロレスとは、団体とは何か…

これを考えていきたいと思います。

世界最高峰のソバット

more...

tag : 宮戸優光 UWFインターナショナル

猪木イズムの体現

IGF、動き始めてきましたね。

kamipro.com より

11.24 IGF 名古屋大会に“帝王”高山参戦決定、金原は宮戸の弟子と対戦!!

IGF10.29会見

IGFとUWFスネークピットの提携によってUインター勢が集結する大会となったが、宮戸は「猪木さんの命を受けた中で、現役選手の中から選んだら彼らしかいなかった。Uインターとか懐かしさとかじゃなく、猪木社長のプロレスリングをやるためにどうしたらいいかを考えて選んだ結果と選手起用について説明した。


この流れはあくまでもUインターの復活祭ではなく、宮戸が選んだ“猪木イズム体現者たち”ということです。

more...

tag : アントニオ猪木 宮戸優光 金原弘光 高山善廣 松井大二郎 UWFインターナショナル

父子獅子

123daさん のお陰で、昨日は912人もの訪問者数をカウントしました。

いやはやありがとうございます。

その中での猪木と前田の記事(追記:見たくない奴は見に来るな! さん 闘った者だけに感じ合う藤波と前田の友情 )ですが、興味深い記事を読ませていただきました。

やっぱり猪木と前田は他の師弟とは違った濃い関係性なんだなぁと。

猪木と前田①

more...

tag : アントニオ猪木 前田日明

真の目的達成とは!?(2002)

今日はゆっくりとコーヒーすすりながらKamiを読みました。

kamipro No.128 (エンターブレインムック)kamipro No.128 (エンターブレインムック)
(2008/10/22)
不明

商品詳細を見る


サクと青木の対談、高山インタビュー、永田インタビュー…とくに高山の発言でちょっと気になった部分を抜粋します。

視殺戦

more...

tag : 高山善廣 ドン・フライ PRIDE

猪木流格闘技術vs前田流プロレス~後編(1986)

さっそく前回のつづきです。

サードコンタクト

藤原vs前田、藤原vs木戸の攻防も面白いのですが、ここでは猪木と前田の絡みだけ追います。

さて、サードコンタクト…試合も終盤です。

結末はなんとも奇々怪々な展開となります。

more...

tag : アントニオ猪木 藤原喜明 前田日明 木戸修

猪木流格闘技術vs前田流プロレス~前編(1986)

記憶に新しい 123daさん のコメント。

猪木さんの場合は致命傷はくわないという見極めができるのでしょうね。大阪城での猪木さんが前田さんの差し歯を吹っ飛ばした試合はタッグでありながら格闘技戦のような緊迫感でした。


気になって気になって…探し出しました。

猪木、藤原vs前田、木戸

1986年12.10大阪城ホール

ジャパンカップ争奪タッグリーグ公式戦

アントニオ猪木、藤原喜明vs前田日明、木戸修

前田、木戸組

猪木、藤原組

more...

tag : アントニオ猪木 藤原喜明 前田日明 木戸修

発売ラッシュ

帰宅時、久しぶりに書店に寄ってみると一気に雑誌が出ていた。

 日刊H.Tさん の記事で気になっていた Gスピリッツ の最新号を手に取ってみる。

Gスピリッツ Vol.9 (DVD付き) (タツミムック)Gスピリッツ Vol.9 (DVD付き) (タツミムック)
(2008/10/22)
不明

商品詳細を見る


一番読みたかった岩釣兼旺氏のインタビューを読んで、購入を考えたが…、

いったん棚に戻す。

そしてkamipro…

kamipro No.128 (エンターブレインムック)kamipro No.128 (エンターブレインムック)
(2008/10/22)
不明

商品詳細を見る


PRIDE特集という事で、リニューアル後初めて購入。

more...

tag : アントニオ猪木 Gスピリッツ kamipro “show”大谷泰顕

これまたベストバウト・オブ・破壊王(1989)

前回の 我が、ベストバウト・オブ・破壊王 で書いたベイダー戦と同じくらいに好きな橋本の試合。

プロレス界初の東京ドーム大会の目玉。IWGP王座決定トーナメント出場の為に闘魂三銃士から橋本、蝶野が一時帰国。

蝶野は一回戦でベイダーに玉砕。

橋本はクイックながらも一回戦で長州を破るという大番狂わせ。

長州vs橋本初戦

サソリ返しのスモールパッケージ

大金星に長州呆然

つづく準決勝、この大会が本格デビューのソ連“レッドブル軍団”の副将格との一戦を迎えました。

more...

tag : 橋本真也 ビクトル・ザンギエフ レッドブル軍団 IWGP

我が、ベストバウト・オブ・破壊王(1989)

近頃、中邑に「破壊王となれ」発言を繰り返しておりますが、

私が一際、その破壊王に思い入れを持つキッカケとなった試合。

橋本入場

ベイダー入場

1989年11.3 後楽園ホール 

橋本真也vsビッグバン・ベイダー

橋本真也vsビッグバン・ベイダー

more...

tag : 橋本真也 ビッグバン・ベイダー

中間経過

私こと紫レガが、プロレスファンに戻りかけて早2ヵ月半が経過いたしました。

皆さんのおかげで日々楽しみながらブログを更新しております。

私が思うファンの定義と言うのは、 とにかくプロレスの試合を見ること と、 団体に何らかの形でお金を落とすこと 。

前者は基本中の基本ですよね。

見方はどんなんだっていいと思います。

評論家気取りもよし、単純に勝ち負けだけ見るのもよし、演劇論で語るもよし。

要は試合自体をきちんと見ること。

後者は会場で生観戦するのが一番ですが、事情によっては無理な方もいます。

その場合はCSの有料チャンネルでもいいでしょうし、グッズ購入なんかも大いにも有りでしょう。

数少なくなった雑誌や新聞を購入する事も広い目で見りゃそうでしょう。

百歩譲って地上波だけの観戦だって視聴率=スポンサーからの評価に貢献してる訳ですからギリギリOK。

問題なのは、

more...

tag : 紫レガ

猪木vs石澤スパー続編

先日の 続・ちょっと足を、やっちゃいました… での猪木vs石澤のスパーが好評でしたので、同じビデオに収録されてる続きをUPします。

映像は猪木が亀の体勢からスタート。

猪木vs石澤①

猪木vs石澤②

猪木は下から難なくダブルリストロックで返します。

猪木vs石澤③

more...

tag : アントニオ猪木 石澤常光 スパーリング 技トーーク

そうだ、その意気。

スポナビより

 中邑、1・4武藤戦に名乗り

 G1タッグ開幕戦

試合後は1・4東京ドーム大会を見据えた。「是が非でも優勝してIWGPを取り返す。社長が『挑戦者がいない』だって?オレは(13日の武藤戦が)終わった瞬間に声上げてんのと、IWGPヘビー級王者・武藤との再戦を訴えた。
後藤も再挑戦に意欲を示し、中邑は「その緊張感を(リーグ戦に)生かしたい」と歓迎。新日本幹部によると、1・4でのIWGP戦実施はほぼ確定。一時は出場ボイコットを示唆した武藤だが、出場要請を了承したという。これまで挑戦失敗した中西、真壁も含め立候補者が乱立しそうだ。


こちらから言うまでもなく中邑は橋本になるつもりでしょう。

more...

tag : 中邑真輔 G1タッグリーグ

旧・畠山みどり邸

昨日の記事で猪木と石澤、永田のスパーを掲載させて頂きました。

あの場所…

新日とU系の団体にだけ存在したもの。

それは“道場幻想”です。

新日道場訓

現在の新日道場はいざ知らず、かつてあの場所には神と鬼が存在しました。

猪木が目を光らす

more...

tag : アントニオ猪木 カール・ゴッチ 藤波辰巳 山本小鉄 道場 野毛

続・ちょっと足を、やっちゃいました…

ネタに困った時、いつも助けられます。

今日の123daさんのコメントで、


あと驚いたのは2.6の藤原戦でアキレス腱固めを仕掛けられた時の瞬間、足を入れて防いだ時がありましたよね。

の部分。

以前、 猪木なら何をやっても…いいんです。 で紹介した1986年の試合での場面です。

アキレス腱の返し

足関節技についてよく言われるように、単に猪木の足首が柔かいから極まらないという事よりも防御の技術に長けてるから極まらないんですね。

more...

tag : アントニオ猪木 石澤常光 永田裕志 スパーリング 技トーーク

オイ、飛べんのかい?

10.13両国の中邑戦でフィニッシュとなった武藤の“奥の手”フランケンシュタイナー。

実は猪木が元祖という 123daさん のご指摘に私はプロレスの奥深さとを改めて思い知りました。

猪木のフランケンシュタイナー連続写真by123daさん

と同時に、猪木の空中殺法=飛び技をいくつか思い返してみました。

ベストショット延髄

more...

tag : アントニオ猪木 技トーーク

この方向で行くのか…

帰宅した20:15から新日両国大会のPPVを追っかけ観戦しました。

G1最終戦に続いてちゃんと第一試合から見ましたよ。

腕十字極めきれず

more...

tag : 中邑真輔 武藤敬司 IWGP

飯塚という男(1989)

私がプロレスを見なくなっていた間に最も変貌を遂げていたレスラー…

それは誰あろう飯塚高史です。

風格あるな…

と言っても現在の姿に変身したのは今年になってから。

それまでは要所要所では出てきてましたが、地味な中堅として特に主張する事もないサラリーマンレスラーの象徴の様な人間でした。

北海道出身なのに異常に中島体育センターで不人気だった飯塚。

凱旋帰国時、パーマ頭にピンクのショートタイツで吠えまくってた時代。

JJジャックスとして変な髪形の野上のノリに明らかについていけてない時代。

橋本vs小川の代理戦争として村上と殺伐とした試合をするがスリーパーホールド以外に見せ場のない時代。

長州政権時代の新日で、飯塚は練習熱心と言う理由だけで(?)たくさんのチャンスを与えられました。

何度かのブレイク未遂を経て、今やっとヒールとしてのプチブレイク。

more...

第一歩(1997)

今日10月11日。

かつてのプロレスファンにとっても、現在のMMAファンにも忘れられない日です。

そう11年前、東京ドームで行われた PRIDE.1 のメイン。

プロレスラーを代表して、かつて“最強”の名を欲しいままにした高田延彦が、初めてメインエベンターとして“なんでもあり”の戦いに臨みました。

結果は第1R、4分47秒。腕ひしぎ十字固めにて惨敗。

当時、私もこのドームの35000円の席で、声を枯らせて高田に声援を送りました。

試合終了後は抜け殻のようになりました。

そうです。私のハンドルネームの由来は高田のUインター時代の試合コスチュームです。

私が最も愛したプロレスラーはUWFインターの高田延彦なのです。

高田の左ハイ!!

more...

tag : 高田延彦 ヒクソン・グレイシー 前田日明 UWFインターナショナル グレイシー柔術 PRIDE

旅姿六人衆+1(1987)

いやぁ秋が深まりましたね。

秋にはふらっとどこかへ旅してみたいです。

私は一人よりも二人旅、二人よりも大勢でガヤガヤってのもいいですね。

例えば、男6人でどこかの島にでも…

第三世代in式根島

more...

tag : 武藤敬司 越中詩郎 後藤達俊 山田恵一 船木優治 野上彰 保坂正紀 式根島 合宿 新日本プロレスオモロ~

与えられる側からの期待

今日、両国大会メインのIWGP戦調印式が行われた模様です。

結構コメントの随所にシュートな部分が見え隠れします。

それにしても、この二人絵になりますなぁ…

新日公式より 新日LOVE! 中邑真輔が時代の変換を誓う!/10月13日両国IWGPヘビー戦調印式 

IWGP調印式

more...

tag : 中邑真輔 武藤敬司 IWGP

中邑vs石井…早くも消滅(?)

速い!!

実に速かった!!

今朝の各スポーツ紙一面を飾った“石井慧、プロ格闘家転向”の話題。

今日の午前中に全日本柔道・斉藤監督と、国士舘大柔道部・山内監督に挟まれた記者会見で、プロ転向のコメントを求めて集まったマスコミを前に、

「まずは卒業してから」と、完全否定!!(汗)

そりゃ柔道の特待生として入学したんだから、卒業前にプロの興行に出るのはまずかったでしょう。

ひとまず中邑真輔とのIWGP対金メダル対決は消滅しました。

いや初めからここ以外で話題にもなってないんですけど…

石井慧記者会見

more...

時事ネタ書いてもいいですか?

どこを覗いてもこの話題ばかりでしょうが、私もスポナビから 


柔道の石井、プロ格闘家転身へ=強化委員長に意志を伝える 。

北京五輪柔道金メダリスト、石井慧

柔道の北京五輪男子100キロ超級金メダリストの石井慧(国士大)がプロ格闘家に転身することが6日、確実になった。全日本柔道連盟(全柔連)の吉村和郎強化委員長が同日、石井から「総合(格闘技)に行きたい」と伝えられていたことを明らかにした。

まず、今朝の時点で各ワイドショーなんかでも取り上げられてんですが、石井自身がまだ学生ということもあって「それはまだないだろ」と、タカをくくってました。

しかし昼に『どうやら本当らしい』というニュースが入ってきて、「もしかして、全柔連が石井にだけ特例認めたのか?」と思いました。

理由は【以前からはっきりと総合への強い興味を口にしていた】ことと、【不振だった北京五輪で、しっかり結果を出して日本柔道の威信を死守した“ごほうび”】という単純なことで。

石井自身も「柔道は続けたい」みたいなこと言ってましたし。

実際に今の全柔連の上の方々は吉田以降、総合に悪い印象は持っていないでしょうし、各方面が許すなら、現時点で頂点に立つ石井を挑戦させてみたいんじゃないかな、と思います。

しかし結果は強化選手登録を抹消してのプロ格闘技への転向。

こうなると当然、大晦日のデビューに向けてのスタートとなります。

more...

tag : 中邑真輔 石井慧 柔道 金メダリスト DREAM Dynamite!!

歴史は10月に作られる~平成編~(1995)

昨日( 歴史は10月に作られる~昭和編~(1986) )の後編です。

10月のビッグマッチと歴史的な事件をまとめてみました。


週プロスペシャル 新日本プロレス スーパー30年史 より

●1972年 10月4日 蔵前で猪木がゴッチを破り実力世界一のベルトを奪取。試合は東京12チャンネルで放送

●1973年 10月14日 蔵前の「世界最強タッグ決定戦」で猪木&坂口が、ゴッチ&テーズを破る。

●1974年 10月10日 猪木、蔵前で大木金太郎に勝利しNWF王座防衛。

●1981年 10月8日 後楽園で、メキシコから凱旋帰国した長州力がタッグパートナーの藤波に「俺はお前の噛ませ犬じゃない」と叫び反逆。

●1983年 10月5日 京王プラザホテルで長州、谷津、浜口、K・カーンが維新軍団結成、新日本への辞表提出を発表。

●1986年 10月9日 両国で2大異種格闘技戦。猪木が元プロボクシング世界ヘビー級王者、レオン・スピンクスに、前田がマーシャルアーツのドン・ナカヤ・ニールセンに勝利。試合内容で上回った前田の人気が爆発

●1987年 10月4日 下関の巌流島で猪木とマサ斎藤がノーピープルマッチ。2時間5分14秒の死闘の末、猪木がTKO勝ち

●1995年 10月9日 東京ドームで新日本vsUインター全面対抗戦。武藤が高田を足4の字で、長州が安生をラリアットで下す
ラリアット→サソリ固め

…その後も新日vs全日対抗戦、ノア秋山の参戦などの出来事はありますが、我々にとっての最大のインパクトはこれでしょう。

国家吹奏

more...

tag : 武藤敬司 高田延彦 UWFインターナショナル IWGP 全面戦争

歴史は10月に作られる~昭和編~(1986)

いよいよ1週間後になりました10.13新日両国決戦

メインのIWGPヘビー級選手権試合、武藤vs中邑は大きな節目となるべきカードだと思います。

もしもこの試合が『単なる1.4ドームへのつなぎ』とか『星を返してもらう番』とかという意味付けならば、この大会自体が無意味なものとなってしまうでしょう。

10月のビッグマッチ…新日本にはこの季節の変わり目に常に時代を動かしてきた過去があります。

下克上という名の下に、猪木がゴッチから初勝利したのも、猪木、坂口組がテーズ、ゴッチ組を降したのも、長州が咬ませ犬発言したのも10月

巌流島の決闘ってのもありました。

巌流島①

巌流島②

これも時代を動かした一つだったのかも知れません。

巌流島③

しかし昭和の新日本でこの試合ほど明確に主役交代を印象付けたものはなかってでしょう。

出た!!ゴンタ顔

more...

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 前田日明 ドン・ナカヤ・ニールセン 異種格闘技戦

猪木vs清原(2001)

昨日、感動的な引退試合を終えた清原。

清原と格闘技といえば真っ先にヌルヌルさんが浮かびますが、

彼の格闘技の原点はやはり猪木なんですね。

1987年のギブUPまで待てない時代、

ギブUPまで待ってな~い♪

急遽、猪木特集が組まれて、当時西武ライオンズの清原がメッセージを送ってました。

若い!!

more...

tag : アントニオ猪木 清原和博 PRIDE

カナダのデブ(1985)

昨日の記事 特殊な団体 は結構頑張って書きました。

魔裟斗清原に感動した今夜も頑張ってみたいと思います。

しかしながら、密林王G・アントニオも所詮は書籍とビデオで後から知ったレスラー。

バスを引っ張る怪力といえば、私の世代がリアルタイムで目撃したのは1985年の秋に突如出現し、ブロディとの抗争を続ける猪木に挑戦状を叩きつけた挙句、猪木とやる前に何もなかったかのように去って行ったこの大男。

ぱっ!! 出ました!!

出た!!

more...

tag : ジャイアント・グスタブ ブッチャー・バション オモロー

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード