FC2ブログ

面倒な二人~後編~(2018)

水と油の様な関係の二人が見せる、

濃密なレスリング…前編からの続きです。
再びレスリングが再開

ややロックアップ気味に、

カラーへ右手を掛けて行った竹田誠志に対し、

鈴木秀樹は右に回り込みながら回避し、
鈴木のテクニック1

竹田の左腕を巻き込んで行くと、

右腕で外側から上腕を固定しつつ、

左手でリストを折り曲げて動きを止めます。
鈴木のテクニック2

そして機を見るや、

サッと身を沈めて足を取りに行きテイクダウン!
鈴木のテクニック3

この細かい連携…観ていてゾクゾクしますね!!

しかし前編にも書いた通り、

寝技の技術が長けている竹田は、

読んでいたかの様に速攻の三角締め狙い。
下から三角にいく竹田

ならば関節技での返しよりも、

そのまま体重を預けてフォールを取りに行く鈴木!
鈴木はピンを狙いながら脱出

思わずカウント2で脱出していくのは竹田の方です。

これも前編に書いた様に、

鈴木の最終ゴールはギブアップよりピンフォールなのでしょう。

それでいて上になると、

左膝で頭部を踏みつけながら、

小指を捻じり上げていく反則技です。
頭部を踏みつけながら小指を極めに行く

相手コーナーに控える塚本拓海を一瞥してから、

more...

tag : 鈴木秀樹 竹田誠志 菊田一美 塚本拓海

面倒な二人~前編~(2018)

今月の第一日曜日、スカパーの無料開放日に観れた(参照:いいもん観れたのだ!!)、

2018年10.25 後楽園ホール

鈴木秀樹、菊田一美vs竹田誠志、塚本拓海
が面白かったです。
鈴木、菊田vs竹田、塚本

菊田一美をパートナーに従えて、

先に入場してきたBJW認定世界ストロングヘビー級王者、鈴木秀樹は、
ストロングヘビー王者、鈴木と菊田

対戦チームの入場を前に一旦リングを降り、

エプロン下にあるイスを二つ取り出します。
リング下から2つイスを取り出す

BJW認定デスマッチヘビー級王者、竹田誠志が、

塚本拓海とのクレイジーラバーズで登場すると、

悠然と鈴木はイスを手渡しました。
BJW20181025~4

「お前らにはこれが必要だろ?」という挑発でしょうか?

選手紹介時には二人揃って腰掛けていましたが、
デスマッチヘビー王者、竹田と塚本

ゴングの直前にイスを放り捨てて、

臨戦態勢に入ると、
イスを捨てた竹田は、

先発を買って出た竹田は両手を大きく広げた後に、

more...

tag : 鈴木秀樹 竹田誠志 菊田一美 塚本拓海

いいもん観れたのだ!!

先日のスカパー無料開放で録画しておいた、

大日本プロレス『最侠タッグ決定リーグ戦』

2018年10.25 後楽園ホール大会を観ました。

サプライズあり!
BJW20181025~3

水と油の融合あり!!
BJW20181025~4

やる側と観る側の緊張感あり!!
BJW20181025~8

生の感情あり!!!
BJW20181025~12

NEXTもあり!!!
BJW20181025~17

面白さ文句なし!!!

more...

tag : 鈴木秀樹 竹田誠志

蘇るフィジカルチェス伝説~後編~(2018)

大変お待たせ致しました。

鈴木秀樹関本大介という、

対極のプロレスラーが織りなす、

緻密な主導権争いの一部始終。

仕切り直しのロックアップで終わった前編の続きです。
仕切り直しのロックアップ

バックに回った関本がフルネルソンで絞り上げます。
関本がフルネルソンの仕掛け、

まるで関本の太い上腕が、

鈴木の肩から僧帽筋、首にかけて引き裂く様です。

対する鈴木、ここは力で応戦せず、

師ロビンソン仕込みの切り方(参照:C.A.C.C.唯我独尊~前編~)で脱出、
鈴木はロビンソン仕込みの脱出で、

同じ技で返していきます。
逆にフルネルソン

ならば関本も切り離していくのですが、

当然、鈴木と違う力ずくでの外し方です。
関本はパワーで切り離しにかかる

この局面も鈴木は力で対抗せず、

グリップを持ち変えてサーフボードホールドに移行。
鈴木はサーフボードホールドに変化、

ならば関本は三角筋から大胸筋をフルに駆使して、

あくまでもパワーで返していきます。
関本はあくまでも力で返す、

ここら辺りはやや使い古びた表現ですが、

“力と技”、“剛と柔”そのものですね。

more...

tag : 鈴木秀樹 関本大介 BJW世界ストロングヘビー

蘇るフィジカルチェス伝説~前編~(2018)

気がつけば既に今年も、

上半期を終えてしまいました。

歳を重ねる毎に一年が早いなぁ、という。

今回は私の上半期ベストバウトである、

この試合を振り返りましょう(参照:2018.5.5大日本横浜大会を録画観戦したのだ)。

2018年5.5 横浜文化体育館

BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合

鈴木秀樹vs関本大介

鈴木秀樹vs関本大介

鈴木秀樹の試合記事は実に3年ぶり(参照:勝ち負けが全てではない、強さが全てだ。)、
鈴木秀樹

関本大介に関しては初となります。
関本大介

今では見かけなくなった試合前のセレモニーでは、

グレート小鹿会長の選手権宣言です。
今では珍しい選手権宣言

試合内容も2018年とは思えない、

重厚な主導権争いに終始しました。

more...

tag : 鈴木秀樹 関本大介 BJW世界ストロングヘビー

2018.5.5大日本横浜大会を録画観戦したのだ

先日のスカパー開放デーに録画しておいた、

大日本プロレス『~Endless Survivor~2018』

2018年5.5 横浜文化体育館を観ました。
大日本2018.5.5横浜文体ポスター

お目当ては先日の生観戦(参照:4000円のVIP席で初大日本、初鈴木秀樹)の続きである、

セミのBJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合

鈴木秀樹vs関本大介
だけでしたが、

オープニング映像でいきなり心持っていかれちゃいましたね。

more...

tag : 鈴木秀樹 関本大介 竹田誠志 アブドーラ・小林 BJW世界ストロングヘビー BJW世界デスマッチヘビー

つぶやきピロートーク20180414Ⅱ

鈴木秀樹勝った!

反対側は橋本大地!

最高のメインで大日初観戦を迎える。

あとはどのタイミングで仕事を切り上げられるか!

それだけだ!!

野村卓矢も観たいが…

つぶやきピロートーク20180414

昨日、鈴木秀樹は新札幌にいたんだ…。

同じ時間に我が家も厚別の焼肉屋にいた。

ニアミスか。

今日、絶対勝って明日はメインで初の生秀樹!

楽しみにしてます!

頑張れー!!

プロテインよりエクレア

近頃、SNSにおいて一部のプロレスファンをザワつかせた鈴木秀樹
鈴木秀樹@東スポプロレス大賞2017技能賞受賞

今日はTwitterでやり取りしていた秋山準の古巣である、

プロレスリング・ノアへの初参戦でした。

これで新日以外のメジャー団体(っていう概念はもう古いか…)のリングは全制覇ですよね(?)。

ビル・ロビンソン直伝”本物のCACCを実践する、

今のプロレス界にあって異例の硬派なイメージ(参照:蝦夷っ子同士のCACC談義)なのですが、

そんな鈴木のもう一つの顔を覗くと、

実に親近感湧くものがあります。

more...

tag : 鈴木秀樹 エクレア

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード