FC2ブログ

金曜7時半の伝説

昭和における金曜の夜、

お茶の間にはもう一つの伝説がありました。

♪こっれかっらはっじまっるカックラキンの大放送
カックラキン1

そうです、私はこのコント番組と共に、

『ワールドプロレスリング』が始まるまでの時間を、

笑いながら過ごしていたのです。
カックラキン4

まず最初に『お笑いお茶の間劇場』。
カックラキン2

内容は全く覚えていませんが、

この当時、聴いていた出演者たちの歌は覚えています。
カックラキン3

more...

tag : 野口五郎 研ナオコ 高田みづえ

やりとげた事もないのにヒーローにあこがれてた

いやはや連日の猛雪で、

ブログの更新が滞ってしまいました。

ここは景気づけに一発、

HOUND DOGの名曲いきましょう。
HOUNDDOG0007

今回は自分自身を奮い立たせてもらった、

“あの時代”のパワーソングたちです。
HOUNDDOG0003

more...

tag : HOUNDDOG

すべてを捨てて僕は生きてる

気が付けば年末ですね。

年の瀬の慌ただしい時期になると、

自然に頭の中に流れてくる声がありまして、

それがUNICORN時代の奥田民生なのです。
ユニコーン2

私はJ(S)W(参照:ロンTジェネレーション)が好きでしたので、

その全盛期にそれ程聴いていた訳ではありませんが、

この2組は仲が良かった印象も強く(参照:ONE MORE RAIN)、
J(S)Wとユニコーン

自然と耳には入って来ました。

その中で私が好きだった作品が、

今年最後の名曲もう一丁♪です。

more...

tag : ユニコーン 奥田民生

小さなじゅもん

いやはや、

冬将軍飛来で一気に真冬です。

例年雪が積もると、お散歩の時間は、

超ハイテンションだった我が家の愛犬も、

今年は轍の上をテクテク歩きます。

御年14歳、さすがに寄る年波には勝てませんか…。


そんな冬の散歩道には、

こんな冬の歌が頭の中に流れてきます。
JAM1

more...

tag : JUDYANDMARY YUKI

1985年のカセットテープ(邦面)

1985年のカセットテープを入れ替えましょう。

洋楽と出会った私(参照:1985年のカセットテープ(洋面))でしたが、

やっぱり聴くのは、

テレビやラジオから流れる邦楽でした。

あの頃、ブラウン管の中にはキラキラ輝く、

スターがたくさんいたものです。
アーーイッ!

今夜の一曲目はこちらです。

more...

tag : 西城秀樹 風見慎吾 中森明菜 菊池桃子

1985年のカセットテープ(洋面)

今から33年前の1985年、

日本のプロレス界は、

大いなる変革期に差し掛かっていた記憶があります。
カウント2で返すと猪木この表情

私は当時13歳、中学1年でした。

この頃、私はラジオから聴こえてくる初めての音、

洋楽に出会いました。
スティービー・ワンダー1

きっかけはUWFを離れたばかりの佐山聡が出演する、

日曜深夜のNHK-FMの番組からでした。
前田vsS・タイガー2

more...

tag : スティービー・ワンダー ワム! スターシップ ロッキーⅣ 高田延彦

気楽に生きようぜ 長い旅のひとこま

お久しぶりの名曲もう一丁です!

そうなりゃここはもう、

HOUND DOGですよね~。
HOUNDDOG0008

いや、別に深い意味はないのですが、

ただ…聴きたいだけなので、

行きま~すよ~!

more...

tag : HOUNDDOG

ウッハッ!!

暑い夏はいつの間にか過ぎ去り、

芸術の秋到来です。

こんな季節は名曲のシャワーに打たれて、

秋の夜長を楽しんでみるのも良いでしょう。

プロレスの入場テーマ曲の中には、

決して忘れられない、

“歌入り”の名曲がいくつかあります。
藤波入場

そこにはまた、

たくさんのロマンが詰め込まれているのです。

more...

tag : 藤波辰巳 ジャンボ鶴田 ザ・グレート・サスケ 将軍KYワカマツ

46歳の懐うた

今年の夏ももうじき終わりを告げます。

年々全国の平均気温が上がり、

日本の夏の風景も変わりつつありますが、

今年、皆さんはどんな思い出が出来たでしょうか?


8月の終わり…思い出の“なつうた”で締め括りましょうか。

懐かしい、夏のうたです。

more...

tag : FLYINGKIDS JITTERIN'JINN class 真心ブラザーズ

忘れるなよ いつまでもGLOWING UP

日本列島猛暑ですね!

北海道は案外、朝晩が涼しくて、

まだ猛暑日は数える程であります。

夏が来るとJ-POPの名曲が聴きたくなりますね。

今宵はガールズバンドの大御所行きましょう!

PRINCESS PRINCESSです。
プリプリ2

以前も2つの名曲を取り上げました(参照:FATHER'S DAYUの節目に流れていた曲)が、

心情が伝わる歌詞が良いんですよね。

まずは超有名な夏のうたから。

more...

tag : PRINCESSPRINCESS

もしあなたこのまま帰したら愛は流星

もうすぐ7月に突入ですね。

夏本番…というか今年の北海道は、

やや寒い日が続いております。

夏になると聴きたくなるのは、

もちろんサザン? TUBE? それとも???

昭和のプロレスファンなら、

まずは“あのCM”でかかっていた曲を、

思い出しますよね?
ダイドージョニアンコーヒー1

『ワールドプロレスリング』のスポンサーとして、

番組のエンディング頃に毎週流れていた、

ダイドードリンコのCM。
ダイドードリンコCM

歌うはもちろん杉山清貴

画像は向かって左に古舘伊知郎アナ

向かって右はドン・中矢・ニールセン…じゃないですよ!
杉山清貴@夜ヒット

俳優の柴俊夫なのです。

more...

tag : 杉山清貴 オメガトライブ アントニオ猪木 ダイドードリンコ

Uの節目に流れていた曲

読んでいます。

読み入っていますよ。

銀色に輝くタイトル文字の、

『証言UWF 最終章 3派分裂後の真実』です。


という事で、現在熟読中につき、

UWFの歴史と名曲振り返りを、

重ねてみますか。

まずは1984年の春、

私が小学6年の4月。

第一次UWFことユニバーサル・プロレスリング旗揚げ当時の、

ヒット曲から行きましょう!
旧UWF旗揚げ

more...

tag : UWF 旧UWF 新生UWF UWFインターナショナル ジャッキー・チェン 中山美穂 PRINCESSPRINCESS

一生歌っていきます

金曜の夜、いかがお過ごしでしょうか?

今宵はちょっと硬派に、

ARB聴きましょうか。
ARB

石橋凌がボーカルのロックンロール・バンドでしたが、

結成当初は事務所の方針で、

アイドル路線を敷かれていたそうです。

ビジュアル的にも申し分ないですもんね。
ARB石橋凌2

しかし、それを蹴って本格的なロックバンドとしての歩みは、

皆さんご承知の通りです。

まずは代表曲と言ったら、

もちろん、これでしょうね。

more...

tag : ARB 石橋凌 原田美枝子 橋本真也 ZERO-ONE

今夜ハートで 抱きしめてくれ くたびれた魂を

あの日から4か月が経ち、

私のプライベートもやや余裕が戻ってきました。

久々に“あの声”が聴きたくなってきたなぁ、と。
HOUND DOG002

そうです、HOUND DOGの歌声です。

季節も春真っ只中、

こんな時季には春らしい曲調でスカッと行きましょうか。
HOUND DOG003

まずは『ff』でブレイクする2年前の名曲から、

若き日の大友康平の声が心地良いです。

more...

tag : HOUNDDOG

はかないだけの恋歌

節分が終わっても、

結局、豆を食べている私(笑)。


向かい側に座る子レガと競う様に、

歳の数の何倍も豆を食べつつ、

缶チューハイがすすむ夜は、

久々に演歌に酔いしれましょうか。

前川清の名曲いきます。
前川清2

more...

tag : 前川清

夢しかなかった

今宵の名曲は、

道民限定(?)の懐かしさ。

いやいや、皆さんに聴いて頂きたい、

みのや雅彦です。
みのや雅彦1

この方、

長年北海道のラジオパーソナリティーとして、

活躍されたのですが、

実は最初のブレイクが全国区。

月曜ドラマランド『どっきり天馬先生』シリーズの、

主題歌だったんです。
石立鉄男

このドラマ好きだったなぁ、

石立鉄男と鹿賀丈の共演でしたね。
月曜ドラマランド1

その一曲からどうぞ。

more...

tag : みのや雅彦 新生UWF FMW

風のように生まれてきた俺たちには別れはない

今年最後の名曲紹介です。

2年前に始めたこのシリーズ、

意外な程にご好評頂きまして、

何とか積み重ねてくる事が出来ました。

ひょっとしたら…今回が一つの区切りになるかも知れません。

という事で、またしてもHOUND DOGであります。
HOUNDDOG0001

「またかよぉー! もぉーー!(金切り声)」という、

どこかで聞いた事がある様な声も聞こえてきますが(笑)、

好きなんだからしょうがない。

無理を承知でやらせて頂きます!!

more...

tag : HOUNDDOG

答えは傷だらけでも 転がり続けて行くだけさ

さてさて『名曲もう一丁♪』ですが、

今回はお馴染みHOUND DOGです。
HOUNDDOG001

北海道は既に冬本番でして、

我が街は早くも積雪1メートル越え(泣)。

こんな雪景色の中では、

演歌が聴こえてくる(参照:雪が降れば演歌が聞こえる)のですが、

私の持論としては、

“ハウンドドッグのバラード=演歌”というのがありまして、

今回もバラードの名曲をお送りしたいと思います。

more...

tag : HOUNDDOG

秋に枯葉が 冬に風花

寒くなりましたね。

こんな夜は温かい鍋と、

美味い酒と、

抱きしめる人…かな? と(笑)。

人肌恋しいこんな夜は、

こういう曲に抱かれてみるのは、

いかがでしょうか?
森高千里001

more...

tag : ビートたけし 沢田研二 松田聖子 森高千里

だから泣いてもいいか いまは

今月の当ブログ、

PRIDE.1振り返り月間みたいになっていますが、

20年経っても私にとってあの一戦は、

決して忘れる事の出来ない、

ターニングポイントだったという事なのです。
高田ヒクソン初戦

そのPRIDEの初期には、

様々な有名アーティストがリングサイドに集結して、

闘いを盛り上げていっていました。

その中で私が好きだったHOUND DOGも、

PRIDEのエンディングテーマとして、

実は名曲を提供していました。
ハウンドドッグ3

今宵はバラードでしっとりと。

more...

tag : HOUNDDOG サトウヨンペイ

風が頬で雨に変われば

何度か書いてきましたけどね、

河合その子が好きでした(参照:永遠の少女)。

手元にシングル盤は4枚しか残っていませんけど。
河合その子シングルコレクション

あくまでも私の基準ですが、

いまだに彼女を超えるアイドルって出ていないと思います。

それで秋になると、

『落葉のクレッシェンド』(参照:女子の秋)と同様に、

この歌が聴きたくなってきます。
河合その子5

more...

tag : 河合その子

九月の雨は少し冷たくて

ついこないだ9月に入ったかと思えば、

もう既に中旬、

そして急激に朝と夜が涼しくなってきました。

もちろんまだまだ暑い場所もあると思いますが、

こちらは完全に秋へ突入している様です。

9月にまつわる曲って、

実は名曲揃いなんですよね。

まずはアース・ウィンド&ファイアーです。
アース・ウィンド&ファイアー

これは世代を問わず、

誰もが一度は耳にした事があろう、

定番の一曲です。

more...

tag : アース・ウィンド&ファイアー 竹内まりや HOUNDDOG B'z

にがかった夏の汗 唇に思い出す

暑いっすね。

前回、名曲記事のときに、

「暑くない」って書いた途端に暑さが甦ったという(笑)。

こうなりゃとことん暑く、熱く、暑苦しく!!

一年以上ぶりにHOUND DOG行きますよーーー!!
HOUNDDOG4

前回はしっとりとバラードで固めました(参照:壁にもたれて口ずさむ 憧れのバラード)が、

今回は…王道のロッケンロ~~~ル!!

ウィア、ハ~ア~ウンド・ドッグ!! きゅぃ~ん! ドカドカドカドカドカ…ジャン!!
HOUNDDOG5

特にプロレステーマ曲にも使用された名曲!!

ウィア、ハ~ア~ア~ア~ウンド・ドッグ!! きゅぃ~ん! ドカドカドカドカドカ…ジャン!!
HOUNDDOG6

more...

tag : HOUNDDOG

雨はこわれたピアノ

今日も雨、

今年の北海道は7月が猛暑でしたが、

8月に入って気持ちよく暑い日が少ないのです。

そして盆が過ぎればそろそろ夏も終わりで、

除雪機やらストーブのCMが始まります(涙)。

夏の終わりに聴きたくなるアーティスト、

今回は稲垣潤一です。
稲垣潤一1

懐かしいけど、

名曲揃いですね。

more...

tag : 稲垣潤一

青い水平線を 今駆け抜けてく

連日暑いっすねぇ~。

まぁ夏なんでそれでいいんですけどね。

だってこっちは本当に暑い夏なんて、

すぐに駆け抜けていってしまう訳ですから。

…という事で、暑い夏に聴きたいのは、

山下達郎です。
山下達郎2

20代…いや30代前半くらいまで、

全く興味なかったんですけどね。

この歳になると、この季節の運転中、

一番聴きたいのが、この人の声なんですよねぇ。

more...

tag : 山下達郎

新しい季節

暑い~、うぅう~~。

連日の猛暑、

私は太陽に向かってこう叫びます。

「ここは北海道だぜ!」と。

こんな季節、今まであったかな?

まさに“新しい季節”ですな。

という事で今宵は森高千里の、

『NEW SEASON』…デビュー曲ですね。
森高@ポカリ2

この一曲に絞って歴史を追ってみましょう。

more...

tag : 森高千里

終るものなら そっとシュールに消えて

6月が終わりますね。

いよいよ夏本番。

今回は一曲にのみスポットを当てて、

様々なバージョンを聴いてみましょうか。

作品は『FUNNY-BOY』、

BOØWY初期の名曲ですね。

インスタントラブ
 INSTANT LOVE

まずね…この歌詞、

そして超絶かっこいい曲調!

これら氷室京介が19歳で創り上げた、と。

天才…どの世界にも存在する訳ですね。
氷室と布袋

ちなみにこの曲はそれ程「好き」って訳でもなかったのですが、

近年、違った形のカヴァーを聴いてから、

今更ながら「これ…かっこいいな!」と気付いたのです。

きっかけは、

more...

tag : BOØWY アン・ルイス KaySuzuki

FATHER'S DAY

本日、父の日でしたね。

母の日に比べると、

さほど記念日感のないアレですけど(笑)。

自分が父という立場になって、

早くも7年以上の月日が経ち、

今年初めてプレゼントというものを頂きました。

少ないお小遣いから買ってくれた訳ですけど、

…心から嬉しかったです。
2017父の日、子レガからのプレゼント

という事で、

父の日の今日はお父さんに関する名曲です。

まずはFUNKY MONKEY BABYS
ファンモン

既に解散したユニットなのですが、

この曲、歌詞が浸みてですね…。

近年のJ-POPで唯一と言っていい、

涙腺に来る一曲なのであります。

more...

tag : 父の日 FUNKYMONKEYBABYS PRINCESSPRINCESS 鳥羽一郎 浜田省吾

1984年のUTA

旧UWFが旗揚げした1984年4月、

私は12歳になる直前…小6になった頃でしたね。
旧UWF旗揚げ

友人の買った週プロを穴が開く位に読みました。

そして思春期に入っていくこの季節、

ちょうどラジオを聴く様にもなりました。

当時流行っていたUTA(うた)は今でも口ずさむ事が出来ますね。

more...

tag : チェッカーズ わらべ 安全地帯 中森明菜

KING SIZEのベットで月夜にウインク

はいっ、久々の名曲行きます。

今宵はですね、

RED WARRIORSです。
レッドウォーリアーズ2

暴走戦士じゃないですよ、殺刀軍団でもないです。

レッドウォーリアーズ

プロレスファンならウォリアーズと呼びたいところですけど、

ここはウォーリアーズなんですね。

言わずと知れたボーカリストのダイアモンド✡ユカイと、
レッドウォーリアーズ4

ギタリストの木暮“shake”武彦が中心となった、
レッドウォーリアーズ3

日本のロックバンドなのであります。

これも姉がよく聴いてた記憶があるのですが、

最初に出会ったのはこの曲からでした。

more...

tag : レッドウォーリアーズ

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード