極限のうどんの味(1995)

田村潔司の現役生活の中で我々ファンは、

いくつもの修羅場を観てきましたが、

最も選手生命を左右するターニングポイントとなったのは、

誰が何と言おうとこの試合以外ないでしょう。

1995年12.9 名古屋レインボーホール

K-1ヘラクレス
でのアルティメット戦、

田村潔司vsパトリック・スミスです。
田村潔司vsパトリック・スミス

この試合の背景には様々なものがありますが、

簡単に言うならば、

会社の方針(参照:歴史は10月に作られる~平成編~ 、 封じられた“伝家の宝刀”~前編~~後編~)に従わなかった田村が、

干されて飼い殺されかけた中、

四面楚歌の中で決断し、

一か八かの一発勝負に出た…という事で、

 赤いパンツの頑固者―Uの魂 より

田村
そのときの僕はといえば、試合に出ていなかったので3ヶ月間もノーギャラだった。正直なところノドから手が出るほどお金は欲しかったし、立場的にも追い詰められていた。(略)K-1での対戦相手はパトリック・スミス。アルティメットルールで闘った。そのとき僕は「K-1でも何でも出てやる」みたいなことをマスコミ向けにいっていたけど、本心はアルティメット
(現UFC)にもK-1ルールにも興味はなかった。


まさに背に腹は変えられない状態での出陣でした。

しかも相手は当時の格闘技界において、

ジェラルド・ゴルドーと双璧の喧嘩屋、

“狂犬”パトリック・スミスです。
狂犬パトスミ…この眼

さらにルールは正真正銘のバーリ・トゥード。

“素手による顔面パンチあり”のアルティメット戦です。

一世一代の大勝負に、

田村がセコンドにお願いしたのは、

打撃コーチのゴーン・ユタチャイさんと、
ゴーンさんのミットを蹴ってウォーミングアップ

元スタンディングバウトのエース・大江慎

さらに宮戸優光という三人でした。
セコンドには宮戸と大江

この時点で既にUインター所属ではなくなっていた三人が、

お揃いのUインタージャージを着て、

田村のバックアップに回った事が、

Uインター内での田村の孤独感を最も表しています。

もう一つすがったのは“小太刀”です。
小太刀に祈りリングイン

リングに上がった田村は静かに眼を閉じて、

天命に身を任せました。
ゴング直前の田村の表情

more...

tag : 田村潔司 パトリック・スミス UWFインターナショナル

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード