39+48>87(2007)

桜庭和志柴田勝頼

人は彼らを“エイティーナイナーズ(89ズ)”

…とは誰も呼ばないんですが、

彼らの主張ではサク(39)シバ(48)=で、

87…でなぜか89(エイティーナイン)らしいです。

89…と聞いて連想するのは、

“華”“現在の華やかな新日本プロレス”ですよね?

…ちょっと強引でしたか(笑)。

この二人が初めてリングで肌を合わせたのが、

今は無きHERO'Sのリングでした。
「若い奴とか関係なく負けたくない」

当時の柴田は、

前田日明船木誠勝を後見人として、

HERO'Sに彗星の如く秒殺デビューを飾り、

まさに怖いもの知らず。

柴田
「尊敬していても人は殴れます、はい(ニヤリ)」

「尊敬していても人は殴れます」

一方の桜庭はHERO'S参戦後、

再三、下り坂にある事を指摘されながら、

色々なものと闘ってた時期です(参照:屈辱の日)。

桜庭
「ぼくは殴られたら殴り返しますよ…絶対」

「殴られたら殴り返しますよ、絶対」

2007年9.17 横浜アリーナでの、

桜庭和志vs柴田勝頼の唯一の一騎打ちを振り返る事で、

桜庭の怖さ(参照:桜庭和志は本当は怖いんです)をもう一度確認しておきましょう。
桜庭和志vs柴田勝頼

more...

スポンサーサイト

tag : 桜庭和志 柴田勝頼 船木誠勝 ヒクソン・グレイシー

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード