地上最強最美の頑固者(2005)

現状においてはこの興行が、

“日本でUの名を掲げたリング”における田村潔司最後の試合でした。

川田利明の参戦で話題を呼んだ(参照:デンジャラスK-STYLE Axis)、

2005年11.23 有明コロシアム

U-STYLE Axis

U-STYLE Axis

ジョシュ・バーネットにとっては少年時代からの憧れ、

念願叶ってのU初参戦です…って、このマニアックなTシャツっ!
憧れのUに見参、ジョシュ・バーネット

田村潔司vsジョシュ・バーネット
田村潔司vsジョシュ・バーネット

あぁ…田村のショートタイツもこの日が最後でしたね。

握手から始まった一戦、

先手を取ったのはジョシュの片足タックルでした。
ジョシュはこの日タックルを多用

そのままアキレス腱固めに入ります。
まずはアキレス腱固め

卓越したグラウンド技術に体重差も加味されて、

ジョシュは上のポジションを取り続けます。
常に上をキープするジョシュ

more...

スポンサーサイト

tag : 田村潔司 ジョシュ・バーネット

上山龍紀の記憶~後編~

上山龍紀についてのレガ論、

もう一丁行かせて頂きます!!
上山龍紀10

上山を知らないファンの方にも、

彼が持つポテンシャルと、

彼が持っていた“華”を知って頂けたなら、と。

私が知る限りの上山の記憶を綴りましょう。



最初はやっぱり高田延彦の付き人であり、

ヒクソン戦までのトレーニングパートナーとして、

常に高田に添い遂げていた時代ですね。
キングダム旗揚げ戦の高田公開スパー1

Uインターでのプロデビューと、その直後の解散、

上山はマイクを渡されると迷う事なく言いました。

上山
「自分は高田さんに一生ついて行きます」

上山龍紀11

結果的にその言葉が守られる事はなかったのですが、

今に至るまで上山のコスチュームカラーが紫という部分では、

あぁ高田について行ってるんだなぁ、と…これ強引ですか?(笑)

more...

tag : 上山龍紀 高田延彦 DEEP PRIDE HERO'S

デンジャラスK-STYLE Axis(2005)

田村潔司がメインを締める形でのU-STYLEが、

最後に打った興行は2005年11.23 有明コロシアムでの、

U-STYLE Axisでした。
U-STYLE Axis

それは回を重ねた通常のU-STYLEが、

観客動員面で苦戦して、

どうにも立ち行かなくなってしまった事で、

PRIDEハッスルを手掛けるDSEが“第三のブランド”として、

田村に助け舟を出す、いわゆるバーターの大会でした。

そこには前述したDSE系のファイターが集結。

話題性重視のこの大会のセミファイナルに登場したのが、

ハッスルで活躍中の“ハッスルK”…もとい、

“デンジャラスK”スタイルでの川田利明です。
川田参戦

同じ日本のトップレスラーである佐々木健介(参照:Uにて健介らしさ全開)とは打って変わり、

川田に用意された対戦相手は…、
川田入場

元リングスロシアのイリューヒン・ミーシャ!!
ミーシャ入場

まさかまさかの超異次元カード、川田利明vsイリューヒン・ミーシャを振り返りましょう。
川田利明vsイリューヒン・ミーシャ

more...

tag : 川田利明 イリューヒン・ミーシャ 田村潔司

Uにて健介らしさ全開(2004)

今年引退した大物選手、

言わずもがな佐々木健介ですね。
佐々木健介U-STYLE見参

輝かしい現役生活の最後の方に、

スキャンダルが起こってしまった(参照:人間力と指導力)というのも、

彼が持って生まれた宿命だったのでしょうか。

健介は数々の名勝負を残して来ましたが、

その辺は他の媒体がやってくれているはずですから、

当ブログでは趣向を変えて、

健介がその高すぎたプライドをかなぐり捨てて、

幾多のインディ団体に出場していた時代に、

21世紀型Uスタイルと邂逅した奇跡の一戦を振り返りましょう。

対戦相手は余程のファンしか知らないであろう佐々木恭介
“SASA十字”佐々木恭介

2004年8.18 U-STYLE 後楽園ホールの、

佐々木恭介vs佐々木健介です。
佐々木恭介vs佐々木健介

more...

tag : 佐々木健介 佐々木恭介 健介ファミリー

KAMINOGEの独走が止まんねえ!!

KAMINOGE最新号の内容が、

Upされていますね。

 KAMINOGE公式 より
『KAMINOGE』vol.20は7月下旬発売!

またこれ良い表紙だなぁ。
KAMINOGE 20

今回もプロレス界内外問わず、

読み応えありそうな人選。

そして長州と山本くんの因縁に、

新たな展開が…!?

私の興味はもちろんこっちです。

more...

tag : 田村潔司

The Show Must Go On

KAMINOGE最新号の情報が出てますね。

 KAMINOGE公式 より
『KAMINOGE』vol.19は6月下旬発売!

まず何と言っても、

この表紙が素晴らしい。
KAMINOGE 19

レスラーがカバー飾るの久々じゃないですか?

[INTERVIEW]
武藤敬司×小橋建太
“傷だらけの天使たち”
攻めと守り/闘魂三銃士と四天王/馬場と猪木/引退と続行。

「じつはさ…俺、さっき全日本を辞めてきたんだよ」
「ええっ!? いや、あの、どういうことですか…?」


興味を惹くのはこの二人の対談ですが、

私にとっては買わずにいられない名前がありました。

more...

tag : 田村潔司 武藤敬司 小橋建太

STYLEの中のSPIRITS(2003)

遂に今週末に迫ってきました、

3.9 後楽園ホールでの『U-SPIRITS again』(参照:U-SPIRITS 再び)。

前回の大会(参照:5ヶ月遅れの同窓会やっぱりUインターが好き)では、

当ブログにおいて連日“煽り記事”を書きまくったのですが、

今回は大会プロデューサーでありメインも締め括る立場の金原弘光が、

連日、自身のブログで見所を書き綴ってくれていますので、

私は黙っておく事にします。

 金ちゃんのドンとやってみようGT 

例によって“大物三選手”参戦の噂もありましたが、

山本喧一が出ると知った時点で、

真っ先に名前が消えたであろう男。

それが田村潔司です。
田村余裕のコメント

金原が自身プロデュースの主題をSPIRITS(魂)としたのに対し、

元々、田村はSTYLE(型)をお題目としていました。

U-STYLEにおいて田村以外の出場選手は、

型を気にするあまり、闘う魂を感じる事が少なかった。

そのU-STYLEの短い歴史の中で、

私が最も魂を感じた試合が、

2003年12.9 後楽園ホール

田村潔司vs藤井克久
です。
田村潔司vs藤井克久

more...

tag : 田村潔司 藤井克久 UFO

新生UWFを通過したということ(2003)

先日の船木復帰戦(参照:闘いを持ってきてくれた船木)を観て、

なぜか思い出した試合があります。

現在、活動停止中(?)のU-STYLEに、

鈴木みのるも所属するパンクラス・ミッションから、

冨宅飛駈が初参戦。
冨宅がU-STYLE初参戦

迎え撃つのはU-STYLEの大黒柱である、

田村潔司です。
迎え撃つ田村

2003年6.29 梅田ステラホール

田村潔司vs冨宅飛駈

田村潔司vs冨宅飛駈

入場から気合満点の表情の冨宅に、
気合満点の冨宅

田村の表情は自然体です。
自然体の田村

軽い睨み合いの後にゴングが鳴ると、

more...

tag : 田村潔司 冨宅飛駈 船木誠勝

叶わなかった未来形(2004)

田村潔司垣原賢人

Uインターにおける最後のシングルバウトは1995年7.22 博多スターレーンでした。

この映像は所有しておりませんので、

YouTubeを頼りたいと思います。

タイトルにはShoot Matchの文字が躍っていますが、

内容自体は宮戸流に言えば、いわゆるコンテストです。


1995年の時点での二人のUWFだったのでしょう。

この頃、すでに秋からの新日との対抗戦は決定事項だったと聞きます。

高田のいない西の聖地で、

試合後に二人は何を語り合っていたのでしょう?

かくして二人は別れ、

新日との対抗戦から全く別々の道へ進んでいきました。

more...

tag : 田村潔司 垣原賢人 UWFインターナショナル 佐々木恭介 石川雄規 アレクサンダー大塚

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード