FC2ブログ

なまらむかしばなしに酔いしれた夜。

一気に肌寒くなった11.4

それはそれは楽しい夜でした。

集合場所はサッポロビール園、

私が足を運んだのは4年ぶりでした(参照:世界に一つだけの縁~雨の金曜サミットという名の後編~)。
fc2blog_20191105002434c60.jpg

生ラムやマトンを生ビールで流し込みながら、

いろいろなお話を聞かせて頂きました。

more...

tag : 高田延彦 堀江ガンツ

本当に。

千葉県の停電が全戸解消されたとのことです。

暗い中、暑い中、不便な中、苦しい中、切ない中、

いろいろな局面で闘っていた皆様、

本当に本当にお疲れ様でした。

千葉県民の方、

全力で復旧にあたっていた方、

各方面の対応に追われていた方、

闘病中の方、

幼い命を預かる方、

受験生の方、

他にも様々なシーンで闘って来られた方、

本当に本当にお疲れ様でした。

皆さんのご苦労、ただただ敬服致します。

そしてプロレスファンの方、

本当に、本当に、お帰りなさい。

また一緒にプロレスを楽しみましょう。
最後はダーー!!

でも、まだ復旧作業は続くと思います。

どうか、一日一日お気をつけて。

何があと少しだと

無責任な記事を書いてしまって、

本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

とてもとても『あと少し』どころか、

「最大で2週間」!!??

2週間も電気のない生活って、

令和元年の現代では命にかかわる問題です。

「あと少し」とか「頑張って」なんて、

本当に無責任なことを書いた自分を恥じたいです。

工事をしている方々も、支援にまわってる方々も、

本当にお疲れ様です。

何よりもここまで不便な生活を耐えてきている方々、

無責任で能天気なことを書き、

申し訳ございませんでした。

本当に一日も早い復旧を願っております。

tag : 大規模停電

あと少しです

先日の大型台風によって、

未だ千葉県など300,000軒近くの世帯で、

停電が続いているとのことです。

ちょうど一年前(参照:備忘録代わりの記事)、

こちらも胆振東部地震の影響で、

停電や断水の事態となり、

コンビニやスーパーでは品不足、

ガソリンスタンドには長蛇の列という、

数日間だけ不便な思いをしたものですが、

関東の場合は北海道とは異なり、

冷房も使用出来ぬまま猛暑が続き、

生命の危険さえも関係してくると思います。

気楽なことは決して言うことが出来ませんが、

あともう少しです。

もう少しで全面復旧だそうです。

それまで私もブログの更新はしません。

また元に戻ったら、

一緒にプロレスを楽しみましょう。

tag : 大規模停電

初秋の嗜み

めっきり朝晩涼しくなりましたねぇ。

こちらはすっかり季節がわりの時期で、

これから夜がどんどん長くなっていくのに備え、

数冊、本を買ってきました。

私が好きな“読書の秋”到来です!

その中の代表が、この2冊です。


more...

tag : アントニオ猪木 モハメド・アリ 宮戸優光 高山善廣 村松友視 KaySuzuki

平成の最後、昭和への旅Ⅳ~四十路半ば過ぎの青春紀行~

お待たせしました。

の続き、

旅は佳境に入って参ります。
20190426ドラディション45

夢の空間だった後楽園ホールを出ると、

流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)、独断小僧さん(from 昭和のヒーロー)と、

紫レガこと私の三人は『デニーズ東京ドームシティ店』へ移動。

ここからは“同学年トーク”のスタートです。

more...

tag : アントニオ猪木 飯塚さん 流星仮面二世 独断小僧 グレーテスト1972

端午の大巨人

インスタ映えするなぁ。


独断さん、ありがとうございました!

平成の最後、昭和への旅Ⅲ~僕らはあの頃の金曜8時にタイムスリップした~

からの続きです。

DRADITION『2019 NEVER ENDING DREAM TOUR』

2019年4.26 後楽園ホールの観戦記であります。
ドラディション2019.4.26ポスター

『銀蔵』を出て後楽園ホールへの階段を下りる途中、

ふと振り返ると東京ドームの姿がありました。
平成最後の金曜日の東京ドームと後楽園ホール

平成の時代に高田延彦の敗北を3度目撃した、

私にとっては切ない思い出の地であります。
高田も入場

そしてこの後楽園ホールの方は、

まず地方のプロレスファンにとって、

ビルの5階にあるということが新鮮です。
20190426ドラディション1

「エレベーターで上がって扉が開けば、そこが入り口です」という、

流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)のガイドの通り、

そこに正面玄関、

お怪我なのか左腕を吊った藤波伽織夫人が、

来場する関係者に忙しく応対しています。

その横からサイン入りの等身大パネルが並んでいて、
20190426ドラディション4

どうやら入り口はここではないですね。

more...

tag : アントニオ猪木 坂口征二 藤波辰爾 越中詩郎 獣神サンダーライガー 飯塚さん 流星仮面二世 独断小僧

平成の最後、昭和への旅Ⅰ~旅立ちのきっかけ~

それは、突然決まった旅でした。

しかし後から考えると、

それは必然的に決まっていた旅でした。

そもそも1988年8月8日

31年前、真夏の夜に運命づけられた旅だったのです。
8.8の序盤戦1

ことの始まりは今年初頭、

テレ朝チャンネル2『ワールドプロレスリング オレの激闘!ベスト5』で観た、

アントニオ猪木の姿(参照:この冬、密やかな解禁)でした。
オレの激闘!ベスト5猪木編14

ここはハッキリと書いておきます。

これまで私がプロレスを観始めてから、

何十年も元気を与えられてきた存在、

私にとって唯一無二のヒーローである猪木が、

枯れかかって見えてしまったんです!!

これ…実に由々しき問題ですよ!!
オレの激闘!ベスト5猪木編15

幸い番組MCである蝶野正洋と昔話に花が咲くにつれ、

笑顔が戻り、声にも張りが出てきて、

私はホッとしたのですが、

その日から常に日々、

番組冒頭の猪木の姿が思い浮かび、

言葉にならない煮え切らなさを感じていました。

そこから約1か月後、

ビッグニュースがプロレス界を揺るがします。

more...

tag : アントニオ猪木 藤波辰爾 流星仮面二世 独断小僧 グレーテスト1972

平成最後に昭和と再会する旅~終章~

また逢う日まで!!


桜の木の下でフラれても梅の木の下があるさっ!!

平成のリングよ、ありがとう

あと半月で平成が終わります。
新元号『平成』

平成のリングは私たちに、

いろいろな闘い模様を魅せてくれました。

フラッシュバック気味に振り返ってみましょう。

more...

金曜7時半の伝説

昭和における金曜の夜、

お茶の間にはもう一つの伝説がありました。

♪こっれかっらはっじまっるカックラキンの大放送
カックラキン1

そうです、私はこのコント番組と共に、

『ワールドプロレスリング』が始まるまでの時間を、

笑いながら過ごしていたのです。
カックラキン4

まず最初に『お笑いお茶の間劇場』。
カックラキン2

内容は全く覚えていませんが、

この当時、聴いていた出演者たちの歌は覚えています。
カックラキン3

more...

tag : 野口五郎 研ナオコ 高田みづえ

赤ちゃん金ちゃん観てきたべや

こんばんわ、紫レガです。

『THE NEW BEGINNING in SAPPORO~雪の札幌2連戦~』初日、

2019年2.2 北海きたえーる大会へ行ってきました。

6か月半ぶりの生観戦記(参照:2018.7.16『G1 CLIMAX 28』を生観戦したのだ)、

ご一読下さると幸いです。
20190202&0203札幌ポスター

今回も地下鉄に乗って会場へ向かいましたが、

北海道の冬は重ね着なしに外出は出来ませんので、

夏の様にプロレスTee姿が見られないんです。

それでも車内のあちらこちらで、

「内藤が…」とか「ロスインゴの…」とか聞こえてくるんですよ。

これから観るテンションを上げるのに最適です。

そして、L・I・Jの人気は北海道でも本物なんですねぇ…。

さあ、会場に着いたPM5:00過ぎ、


既に開場しています。

物販も、これまた夏とは違って会場ロビーに並んでいます。


これがまたごった返して長蛇の列。

とりあえずパンフだけ買って、

プロレスファンとしての任務を経てから、

今回も2階スタンド席に向かいました。


やはりリングが観易いのはこの席なんですよねぇ。

今回は最後列を取りました。

自分なりの今回のテーマは、

現状のNJPWと現在のファン層を『おとなしく見守ること』。

第一試合が始まります!


more...

tag : オカダ・カズチカ 棚橋弘至 ジェイ・ホワイト 鈴木みのる SANADA 内藤哲也 タイチ 飯塚高史 天山広吉 成田蓮

帰宅中の車中にて

面白かったです。

前哨戦として、

最高の試合内容でした。


オカダと棚橋の連係技コンボの、

次の一手が観たかった…。

やりとげた事もないのにヒーローにあこがれてた

いやはや連日の猛雪で、

ブログの更新が滞ってしまいました。

ここは景気づけに一発、

HOUND DOGの名曲いきましょう。
HOUNDDOG0007

今回は自分自身を奮い立たせてもらった、

“あの時代”のパワーソングたちです。
HOUNDDOG0003

more...

tag : HOUNDDOG

【煌け!!レガ大賞2018~追記~】

2019年に突入しておりますが、

昨年末の記事(参照:【煌け!!レガ大賞2018】)についての、

追記をさせて頂きます。

それは“該当なし”とした☆新人賞☆です。

早速、発表致します。

more...

tag : 加藤拓歩

猪という字の年

皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年中も【腕ひしぎ逆ブログ】をご愛読頂き、

ありがとうございました。

本年も変わらずお付き合い頂ければ、

嬉しい限りです。



今年の干支は『猪』。
ウリ坊の寝んね

私がこれまでの人生で、

間違いなく最も目にしてきた、

“動物名の漢字”であります。
アントニオ猪木vsマサ斎藤

プロレスファンにとって思い入れ深いこの一字、

既に新年は迎えておりますが、

皆さんは颯爽とリングイン出来ましたか?
若獅子・アントニオ猪木

日々、生きて行く中での出来事といえば、

面倒な事と、苦しい事と、悲しい事と、

大半が忍耐を要するものばかりですけど、
耐える猪木2

そんな中でもいくつかの出会いや、

嬉しい再会が待っていたなら、

それだけで忍耐の甲斐があるというものです。
猪木とアリ2

今年も当ブログは継続します。

2019年、平成最後のお正月。

猪突猛進とまでいかなくとも、

ところどころでブラインドを衝いて、

インサイドワークも駆使しながら、

最後は勝利をもぎ取りましょう。
猪木完勝

tag : アントニオ猪木 ご挨拶

【煌け!!レガ大賞2018】

…なんて感傷に浸る間もなく、

私はPCの前にいる訳です(笑)。

今年も残すところ、あと24時間!

『光陰矢の如し』といいますが、

本当に過ぎていく時間は、

あっという間です。

嬉しかった事、怒りが込み上げた事、

苦しかった事、楽しかった事、

いろいろあったと思いますが、

ここいらで一発振り返って、

気持ち良く新年を迎えましょうか!!

今年も数える事16回目、

恒例の【レガ大賞】スタートですっ!! アシャッ!!
最初はロックアップ、

more...

tag : オカダ・カズチカ 鈴木秀樹 菊田一美 竹田誠志 塚本拓海 亀熊 棚橋弘至 ジェイ・ホワイト 那須川天心

つぶやきピロートーク20181230

あと一日、

私にとって激動の一年が、

やっと終わる。


すべてを捨てて僕は生きてる

気が付けば年末ですね。

年の瀬の慌ただしい時期になると、

自然に頭の中に流れてくる声がありまして、

それがUNICORN時代の奥田民生なのです。
ユニコーン2

私はJ(S)W(参照:ロンTジェネレーション)が好きでしたので、

その全盛期にそれ程聴いていた訳ではありませんが、

この2組は仲が良かった印象も強く(参照:ONE MORE RAIN)、
J(S)Wとユニコーン

自然と耳には入って来ました。

その中で私が好きだった作品が、

今年最後の名曲もう一丁♪です。

more...

tag : ユニコーン 奥田民生

ファイアーバードサミットRETURNS 2018冬

今年も残すところ、

あと2週間となってしまいました。

忘年会シーズン真っ只中の今日この頃、

私もささやかながら先だっての12.15

プロレスファン同士の忘年会をやらせて頂きました。

舞台は三年連続でこのお店。
ファイアーバードサミット2018~1

ジョッキを交わしたお相手は、

今年も“KING OF KINDS”亀熊さんです!!
ファイアーバードサミット2018~2

more...

tag : 亀熊 流星仮面二世 グレーテスト1972

ミポリン再び

明日、12月5日放送の『2018 FNS歌謡祭』に、

中山美穂が再降臨だそうです!!
ミポリン再降臨

“23年ぶりの名曲”??

『WAKU WAKUさせて』との事です!!

3年前のFNSでも2曲歌いましたが(参照:天龍とミポリン)、
ミポリン再び

今回も2曲歌う模様です。

やはり歌ってる時が最も輝いてると思うんですよ。

女優としてももちろん素晴らしいんでしょうけどね。

で、今回はこの曲ですからね、

輝かない方がおかしいでしょう。

more...

tag : 中山美穂

小さなじゅもん

いやはや、

冬将軍飛来で一気に真冬です。

例年雪が積もると、お散歩の時間は、

超ハイテンションだった我が家の愛犬も、

今年は轍の上をテクテク歩きます。

御年14歳、さすがに寄る年波には勝てませんか…。


そんな冬の散歩道には、

こんな冬の歌が頭の中に流れてきます。
JAM1

more...

tag : JUDYANDMARY YUKI

1985年のカセットテープ(邦面)

1985年のカセットテープを入れ替えましょう。

洋楽と出会った私(参照:1985年のカセットテープ(洋面))でしたが、

やっぱり聴くのは、

テレビやラジオから流れる邦楽でした。

あの頃、ブラウン管の中にはキラキラ輝く、

スターがたくさんいたものです。
アーーイッ!

今夜の一曲目はこちらです。

more...

tag : 西城秀樹 風見慎吾 中森明菜 菊池桃子

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード