FC2ブログ

いいよなぁ…

今年のプロレス大賞が発表された様だが、

more...

tag : 高田延彦 田村潔司

追悼・カミソリファイター

一体、今年は何度“追悼記事”を書いたのでしょう。

師走に入って、また大きな悲報が飛び込んできました。

 東スポWeb より
ダイナマイト・キッドさん死去 初代タイガー「悲しみに暮れています」

“爆弾小僧”の異名を取ったレジェンドプロレスラーのダイナマイト・キッドさん(本名トーマス・ビリントン)が5日、死去したことが分かった。60歳だった。

(略)日本では79年に国際プロレスに初来日し、81年4月の新日本プロレス・蔵前国技館大会では初代タイガーマスク(61)のデビュー戦の相手を務めた。

スピード感あふれるファイトスタイルで、初代タイガーや藤波辰爾(64)のライバルとして活躍し、84年には全日本プロレスに移籍。91年12月に体力の限界を理由に引退を表明したが、93年に日本と英国で同時にカムバックを果たした。

だが、近年は体調悪化のため施設で過ごしていた。

初代タイガーマスク(佐山聡)の話「現状は知っていたので覚悟はしていましたが、私にとって偉大なライバルであるトミーが亡くなって悲しみに暮れています。今はただ、安らかに眠っていただきたいです」


遂に“爆弾小僧”ダイナマイト・キッドが壮絶な生涯を終え、

天国へと旅立って行ったのです。
ダイナマイト・キッド

1980年代の前半、私ら世代のプロレスファン、

さらに現在プロレスから離れた同世代のほとんども、

金曜8時、タイガーマスクの雄姿に胸躍らせた事と思います。
タイガー!!

“あの試合(参照:世界を変えた569秒)”でハートを鷲掴みにされて、

プロレスにのめり込んで行った方は、

決して少なくないはずです。
初代タイガーマスクデビュー戦40

当然、私もその中の一人。

今夜は私の記憶の中のキッドを追悼させて下さい。

more...

tag : 訃報 ダイナマイト・キッド

延髄斬りの極意

久々の技トーークです。

今回は卍固め、コブラツイストに続き(参照:アントニオ・スペシャルの神秘コブラツイストの奥義)、

アントニオ猪木の代名詞である、

延髄斬りをやらせて頂きます。
延髄斬り!!

当ブログでは比較的初期の方で、

猪木の空中技の一つとして、

サラリと触れました(参照:オイ、飛べんのかい?)が、

今回は延髄斬り一本に絞って、

徹底的に追求したいと思います。
そして延髄斬りクリーンヒット!!

ちょっと変わったアプローチとして、

まずは「そもそも“延髄”って何ぞや?」という部分から、

入ってみましょうか。

 コトバンク より
延髄(えんずい)とは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
延髄 えんずい

脊椎動物の脳の最下部で,脊髄のすぐ上の部分。脊髄より太いので脳球とも呼ばれる。延髄には生命を維持するうえできわめて重要な中枢がいくつかある。なかでも,呼吸運動を自律的に調節する呼吸中枢は重要で,この部位に障害が起ると呼吸が停止し,生命が失われる。このほか,血液の性状の変化に応じて血管を収縮,拡張させる血管運動の中枢,咀しゃく,嚥下(えんげ),嘔吐に関する中枢,唾液分泌の中枢,涙液の分泌などの中枢も延髄にある。


技の解析に入る前の段階で、

“延髄”という部位に打撃を加える事が、

どのくらい危険であるのかが理解出来ますね。

『障害が起ると呼吸が停止』し、

『生命が失われる』急所なのです。
延髄斬り!!

1998年4.4 東京ドームにおける、

引退試合のvsドン・フライ(参照:神と信者たちへの劣等感)まで、

猪木が長きに亘って必殺技に用いたこの技。
ラスト・オブ・延髄斬り!!

初公開はその22年前、“世紀の一戦”を直前に控えた、

1976年6.20 後楽園ホールでの公開練習のリング上でした。
初公開(?)はアリ戦公開スパーにて

実際にはまだ未完成で、

スパーリング相手の木村健吾(健悟)の背中から肩口にかけてヒット。

この一発が相手陣営を一気にカタくしてしまいました(参照:最高の試合、最高の闘い)。

新日本プロレス技BOOK表紙
 新日本プロレス技BOOK より

猪木
「アリ戦の公開練習の時、これを見せてやったら、アリ・サイドが『あんなの冗談じゃねぇ』って話になって、結局、あの時はルールで禁止技にされちゃったんだけどね」


アリ戦では苦肉の策として本能で放った、

スライディングのローキックがクローズアップ(参照:神が仕組んでくれた闘い~前編~)され、

これがすぐに猪木の代名詞となりましたが、

そこで満足しないのが猪木というレスラーです。

more...

tag : アントニオ猪木

ミポリン再び

明日、12月5日放送の『2018 FNS歌謡祭』に、

中山美穂が再降臨だそうです!!
ミポリン再降臨

“23年ぶりの名曲”??

『WAKU WAKUさせて』との事です!!

3年前のFNSでも2曲歌いましたが(参照:天龍とミポリン)、
ミポリン再び

今回も2曲歌う模様です。

やはり歌ってる時が最も輝いてると思うんですよ。

女優としてももちろん素晴らしいんでしょうけどね。

で、今回はこの曲ですからね、

輝かない方がおかしいでしょう。

more...

tag : 中山美穂

小さなじゅもん

いやはや、

冬将軍飛来で一気に真冬です。

例年雪が積もると、お散歩の時間は、

超ハイテンションだった我が家の愛犬も、

今年は轍の上をテクテク歩きます。

御年14歳、さすがに寄る年波には勝てませんか…。


そんな冬の散歩道には、

こんな冬の歌が頭の中に流れてきます。
JAM1

more...

tag : JUDYANDMARY YUKI

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
46歳のプロレス話


「紫レガのブログは少し滑る感じになってるんです。ですから今、スライディングしながらね。下ネタも使ってですね、巧く腕極めましたね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード