FC2ブログ

完封勝利~後編~(1990)

前編からの続きです。

一切の打撃技も出ない異質な試合展開は、

まるで道場でのスパーリングの様相を呈してきました。

最初にロープエスケープしたのは鈴木みのる
鈴木にロストポイント1

スタンドから再開したところで初めて、

高田延彦は得意のローキックを放ちましたが、

鈴木がバックステップで回避。
高田が初めてローキック

結果的にはこれが唯一の打撃技となりました。

組めば差し合いから、

お互いに組手を奪い合いますが、
何度も差し合い

どうにも次の展開まで持って行けず、

一度離れて見合います。
一度離れては、

また組むと今度は首を取り合い、
首の取り合いから、

いい体勢を取った鈴木が、

高田をコーナーまで押し込みました。
コーナーに押し込んだ鈴木

もちろんブレイクがかかります。

more...

tag : 高田延彦 鈴木みのる

完封勝利~前編~(1990)

田村潔司のYoutubeチャンネルの中で、

新生UWFにおける“セメント最強説”が飛び出したのは、

当時の高田延彦でした。
高田延彦@新生U

 Kiyoshi Tamura田村潔司【一人UWF放送室】 / セメント最強のレスラーは誰なのか…を発表します【新生UWF編】「田村潔司」20191215 より


他にも新生UWF時代に、

道場で練習を共にした後輩たちが口を揃えて、

高田の強さを語った本(参照:いよいよ一週間後)も記憶に新しいです。

現在“プロレス王”の異名を持つ鈴木みのるもその一人ですね。
鈴木みのる@新生U

当時たった一度だけ実現した、

1990年5.4 日本武道館

高田延彦vs鈴木みのる
は今思うと、

奇跡的な試合形式だったそうです。
高田延彦vs鈴木みのる

試合開始のゴングが鳴ると、

いつものアップライトスタイルに構える高田に対し、

鈴木は組討ち特有のスタンスを取ります。
組討ちの鈴木とストライカー高田

まずは手繰り合いから、

自然と首の取り合い…いわゆるカラーアンドエルボーの形へ。
首の取り合いから、

幾度かの組み合いから、

先にタックルを放ったのは高田の方でしたが、

レスリング技術が持ち味の鈴木は難なく切ると、
先に高田がタックル、

more...

tag : 高田延彦 鈴木みのる

U-tuber

突然ですが、

かつてU系に籍を置いていた3人の格闘家が、

“Youtuber”として活躍中であります。

まずMasakatsu Funaki船木誠勝
YouTuber船木

菊田早苗TV菊田早苗
YouTuber菊田

そしてKiyoshi Tamura田村潔司【一人UWF放送室】の、

田村潔司です。
YouTuber田村

時代なのか多くの有名芸能人も、

今では規制が多いテレビ出演とは別に、

自ら動画チャンネルを設けて、

本当に伝えたいことを発信する風潮にあります。

そんな中でなぜかアラフィフのU系3者が、

チャンネルを開設して頻繁に更新しているという。

大体が20年以上前の回想が売りですが、

40~50代のファンにはタマラナイ内容なのです。

そんな中で田村と菊田が互いにコラボして、

対談した動画が面白かったです。
U-tuber1

more...

tag : 田村潔司 船木誠勝 菊田早苗

テレ朝ch2で『WK14』と『NYD!!』を観た

2020年は新春から早くもハイスパート。

1.41.5というプロレス史上初の、

東京ドーム2連戦に始まり、

さらに翌日は例年の後楽園ではなく、

いきなり1.6 大田区総合体育館へ続くという、

超過密なスタート。
WK14ロゴマーク

私は例年通り連日のテレビ観戦でしたが、

この冬は雪が降らずに穏やかだった日々から、

急に1月3日を境に降雪し、

4日~5日は大雪となって、

久々のアクシデントに見舞われた次第です。

more...

tag : オカダ・カズチカ 内藤哲也 飯伏幸太 ジェイ・ホワイト 棚橋弘至 クリス・ジェリコ IWGPヘビー IWGPインタコンチ 獣神サンダー・ライガー KENTA

俺の獣神ベスト5~番外編~(1987)

獣神サンダー・ライガーの誕生前夜、

山田恵一として忘れられないタッグマッチがあります。
遠慮なしに咬みつく山田

それはプロレス史的には、

特筆される様な名勝負でも何でもなく、

数あるテレビマッチの一つに過ぎない試合。

1986年2.5 大阪城ホールでの、

猪木とUWF軍の初遭遇(参照:本家と元祖の闘い)に続き、
遠慮する事ぁねえぞ

総帥であるアントニオ猪木から抜擢を受けた、

1987年10.19 富士市吉原体育館

アントニオ猪木、山田恵一vs藤波辰巳、長州力
です。
アントニオ猪木、□vs藤波辰巳、長州力

当時の新日は新旧世代闘争が、

巌流島の決闘によってぼやけてしまい、

迷走に向かって行きかねない状況。
巌流島待ったなし

ファンの関心も世代闘争より、

長州力vs藤波辰巳や、vs前田日明といった、

ニューリーダー同士の対決に向いていました。
「藤波っ!」

more...

tag : 山田恵一 獣神サンダー・ライガー アントニオ猪木 藤波辰巳 長州力 ドラディション

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード