別れの街、札幌(1996)

先日の記事で振り返った高田延彦(参照:ツボ面積をけとばせ)の一戦。
力強く勝ち名乗りの高田

天龍源一郎との大一番(参照:すべらないプロレス~前編~同~後編~)の前哨戦に過ぎない、

札幌ならではの序章的な試合でしたが、

実はUインターの歴史上において、

この1996年6.7 札幌中島体育センターは、

かなり重要な意味を持った一日でした。

当時は特に何も思わなかった試合後の高田のコメントですが、

ここに二つのキーワードが隠されています。

高田
「コンディションは良かったんで、あとは…もう少し身体を絞ろうかなと思ってるけど。えー少しづつ、また変えていきたいなと思ってますよ」

今後の展望を語った高田

これから控える天龍戦を前に『身体を絞ろう』って???

何を『少しづつ、また変えていきたい』の???

当時はただの疑問、

少しあとに考えて「ああヒクソン戦を見越してか」と。

ところがこの一冊を読んで、

「あ!! そういうことだったんだ!!!」と腑に落ちました。
証言UWF最終章表紙

その最重要人物は田村潔司です。

more...

tag : 高田延彦 前田日明 田村潔司 山本喧一 鈴木健 木下雄一

イスラエルの国民的英雄(1995)

久々にUインターの発掘作業が出来ました。

それは1995年3.2(現地時間)

イスラエル・テルアビブ
ヤデリアフ・スポーツパレス大会(参照:幻の映像…遂に目撃!!~其の弐~同~其の参~「if,“U”…」)の、
Uインター、イスラエル大会

前後に行なわれたであろう、

Uインター選手勢のイスラエル観光映像です。
Uインターinイスラエル1

イスラエルにおけるUインターの歓迎ぶりは、

過去記事でも綴らせてもらいましたが、

この映像を観る限りでは実に信憑性がありますよ。

しかも映像の発信元が、

AP通信だっていうんですから驚きます。

世界的なニュース映像に、

高田延彦をはじめとしたBUSHIDOの猛者たちが登場しているのです。

まずはその動画をどうぞ!

more...

tag : 高田延彦 安生洋二 ゲーリー・オブライト 高山善廣 金原弘光

ツボ面積をけとばせ(1996)

これまで長年にわたって、

Uインター愛を確認し合ってきた存在のFさん(from 【U】の魂 東京支部)から、

これまた長年リクエスト頂いてきた試合の動画を、

コメントで教えて頂きましたので、

遂にこの一戦を振り返りたいと思います。

当時、もちろん私も特リンに陣取って観戦していましたが、

試合前、珍しくリングで高田が練習する姿が見られて、

大興奮したのを思い出しました。

高田
(札幌は)久し振りだね。そうですね、あのー、普段は僕あんまり、お客さん入ったらリングのとこで練習っていうかあんまり出ないんだけど、今日は何か自然とそういう気持ちになって、まぁ少しでもこう、その風景というかね、そういうものを欲しがってたのかも知れないね、その札幌の体育館の風景とか、お客さんの雰囲気とかっていうのも…」
試合前の高田

奇しくもこの試合が高田延彦にとって、

札幌中島体育センターでの最後の試合でした。

高田には色々な記憶が残るこの会場、

嫌な思い出もありました(参照:札幌中島史上最大の危機~前編~同~後編~)が、

何か思うところあって大会開始の直前まで、

リングに残って汗を流したのでしょう。

対戦相手は初遭遇となる、

“WARからの刺客”です。
嵐の入場

高田はスパンコール煌くロングガウンでリングイン、

いつも通り対戦相手を一瞥します。
高田はいつもの一瞥

1996年6.7 札幌中島体育センター

高田延彦vs嵐

高田延彦vs嵐

選手紹介時、

やや表情が硬い嵐に対して、
やや表情が硬い嵐

高田はいつも通りのポーズで応えました。
高田お得意のポーズ

試合開始です。

more...

tag : 高田延彦 WAR F 訃報 木暮祐二

2018.6.9『DOMINION』をテレビで観戦したのだ

今日も仕事を終えて、

帰宅後、夕食を摂りながらテレビで、

『保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』

6.9 大阪城ホールを観ました。
20180609大阪城ホール

既に時間はセミファイナル(ダブルメインⅠ)の、

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

内藤哲也vsクリス・ジェリコ
の終盤も終盤。
20180609内藤vsジェリコ

これ途中から観たのが原因でしょうかね?

二人の試合の割に何だか雑な印象でした。

噛み合っていなかった様に感じました。

フルで観ると全然違うのかも知れませんが…。

という事でメインです。

more...

tag : オカダ・カズチカ ケニー・オメガ 内藤哲也 クリス・ジェリコ

未知の領域か? 或いは伝説となるのか?

いよいよ明日ですね。

『保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』

6.9 大阪城ホールでの、

IWGPヘビー級選手権試合

オカダ・カズチカvsケニー・オメガ
の完全決着戦。

今回一番のテーマは“時間無制限三本勝負”という、

近年にない試合形式ですが、

闘う当事者である両者は、

この予測出来ない試合の戦術を、

どの様に描いているのか?

コメントから紐解いてみましょうか。
一年前の60分フルタイム2

more...

tag : オカダ・カズチカ ケニー・オメガ IWGP

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード